東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.5.6 鷹の巣山(宮城・二口山塊)

<<   作成日時 : 2012/05/08 21:35   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

朝6時に起きる予定が二度寝してしまった。この日は午後から雷雨になる予報で、午前中勝負だと思っていたが、午前9時過ぎ大幅に遅れて自宅を出発した。目指すは二口山塊の玄関口に当たる鷹の巣山である。
GW後半は天気に恵まれず高い山を目指す気力は一切なかったが、結局3日連続で近場の里山に登る結果となった。

【 5/6 鷹の巣山(705m) 宮城・二口山塊 】
荒れた林道入口〜登山口〜トラバース道〜窪の登り〜鷹の巣山(往復)

秋保大滝のすぐ南側に位置する、二口山塊の玄関口に当たる山が鷹の巣山だ。
大分前は登山道がなく、秋保大滝の駐車場から急な北尾根を登って山頂に達したことがあるが、最近は踏み跡程度の登山道が出来あがり、しかも西尾根を辿って野尻地区まで周回できる様になっている。
この西尾根は大東岳の展望が良く、新緑のこの時期に歩いてみたくなってこの山を選んだ。

白沢峠を越えて馬場の西側に出ると目指す鷹の巣山が見える。右手の山は糸岳。
画像


この日も渋滞に合わずに野尻集落手前の荒れた林道入口に着く。
他に駐車車両はなく、またまた静かな山旅ができそうな予感。
画像


車両の通行が不可能なほど荒れた林道を奥に歩いていく。
右手の小沢に沿った湿地には一面にニリンソウが咲き誇っている。

以前、野尻集落の近くでニホンザルの群れに出遭い、写真を撮ろうとしたら、身体の大きなボス猿に追いかけられた話をマスさんにしながら歩いていたら登山口に到着。
動画を撮ろうとデジカメをセットして撮影を始めたら、登山道の上部で猿の群れを見る。

それからは何とか猿を写真に撮ろうとチャレンジするが、一定の距離より近づくと逃げてしまう。
野尻地区は猿による農作物の被害が甚大で、猟銃を使って猿を威嚇しているらしいが、人間を恐れて近づいてこないものと思われる。唯一撮ったのがこの写真。動き回る猿にピントが合わず(トホホ・・・)
画像


登山道は左の尾根に移り、猿の群れから離れてしまう。
林床にはあちらこちらにシラネアオイが咲き、5月の山の雰囲気満点だ。
画像


小さな尾根を乗り越す地点。ブナの新緑が清々しいところだった。
画像


この地点から足場の悪いトラバース道がしばらく続く。
画像


足元に咲くスミレサイシン。色が濃くて綺麗だ。
画像


登山道は突然右折して急な窪状の斜面を登る
画像


ここで猿の群れの一部が下部に移動してきた。
今度は動画撮影を試みるが、木々が邪魔をしてなかなか上手く撮影できない。
それでも少しだけ猿が写っていたシーンが撮れた。(動画を参照してください。)

鷹の巣山の一番の難所は、この急な窪の登りである。
雨でぬかるんだ斜面は滑り易く、一歩一歩足場を確認しながら登った。

しかし窪の中はニリンソウの群生地となっていて、何度も足を止めてニリンソウの花を眺めてしまった。
画像


画像


上部まで登るとニリンソウの他に、カタクリ(終盤)とシラネアオイ、そしてキクザキイチリンソウが点々と咲いてお花畑を思わせる光景が広がる。
画像


そして山頂到着。回りは樹林に囲まれ展望はない。
以前は小屋みたいなものがあったが、現在は倒壊して残骸だけが残っている。
周りにオオヤマザクラの木が三本。ピンクの満開の花を咲かせていて、お花見だね、と言いながらおにぎりを食べた。
画像


山頂で休んでいると、急に空が真っ暗になり、遠くで雷鳴が轟いた。
こりゃやばいな! と思い、急いで帰り仕度を整え、野尻まで周回するのを止めて往路を戻る。
雷雲がどんどん近づいているので山頂での記念写真も撮らずに、急いで下山を開始した。

足場が滑る窪を下りきると、次はトラバース道。
ここまで降りると深い樹林帯の中なので落雷の心配はほとんど無くなる。
途中でまたまた猿を見かけるが、観察する暇はなく下山を急ぐ。

車に戻ったときポツポツと雨が降り始めた。逃げ足速く、セーフ
その後は国道48号まで走行した時点で、バケツをひっくり返したみたいな雷雨となる。

大東岳を眺めながらの尾根歩きは出来なかったが、『何だか猿見物に行ったみたいだね』と二人で笑った。
この3日間は展望がほとんど無い里山歩きに終始したが、山菜も少し採れたし、花も沢山見れたので結構満足できる連休であった。

GPS軌跡です。

画像



動画です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
間一髪!
花がいっぱい、猿もいっぱいの短いながらも良い山歩きをされましたね。
BGMのReturn to Foreverもgoodです。
morino
2012/05/09 12:39
鷹の巣山頂から東に辿りたいといつも思っています。
雪の時にしか登っていませんから見事なニリンソウの群生地に目を見張ります。
来春はこの彩りを見に行かないとね。
オボコンベ入り口から南斜面を登ってる方もおりましたよ。
マロ7
2012/05/09 19:31
morinoさん今晩は。
上手く雷雨を避けました(笑)逃げ足が速かったですよ。
花に関しては期待しなかったので、窪に咲く花々の多さに見入ってしまいました。
SONE
2012/05/09 23:01
マロ7さん今晩は。
東側は以前登ったときには結構な薮でしたよ。
ニリンソウはかなりな量が群生しておりました。GWでも渋滞なしで登れる貴重な山ですね。
SONE
2012/05/09 23:05
お猿の動画すごいですね!
私も二口へ行く途中、お猿を目撃したことがあります。
追いかけられたら怖いだろうな〜(>_<)
ナカシィ
2012/05/09 23:14
ナカシィさん今晩は。
小さな液晶画面なので猿が写っているのか半信半疑でしたが、何とか写っていて自分でも驚きました(笑)
今回はボス猿は見掛けませんでしたが、普通の猿より倍くらいの大きさでした。
牙むき出して襲っていたので、その時は全力疾走で逃げましたよ(苦笑)
SONE
2012/05/09 23:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.5.6 鷹の巣山(宮城・二口山塊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる