東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.5.9 文珠岳から千畳ヶ原(山形・鳥海山)

<<   作成日時 : 2012/05/11 00:14   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

この冬のシーズンは昨年12月に母の死去もあり山滑りのモチベーションが全く上がらず、ほとんどBCをやらないシーズンであった。しかし未だ残雪が残る鳥海山が気になっていたので、晴れが期待できる9日に急遽板納めに出かけてみた。目標は文珠岳から千畳ヶ原へ滑り込むルートである。

【 5/9 文珠岳(2005m)から千畳ヶ原 山形・鳥海山 】
吹浦口駐車場〜河原宿〜御浜〜扇子森北側〜御田ヶ原〜七五三掛〜文珠岳〜千畳ヶ原〜鳥海湖〜岩峰手前稜線〜河原宿〜吹浦口駐車場

平日なので通勤の車が多く、週末より時間がかかって遊佐町に着く。
途中の休耕田で一面に菜の花が植えられていて、鳥海山をバックに素敵な写真が撮れた。
画像


この時期の鳥海ブルーラインは夜間通行禁止となる。厳密には午後5時から翌日の午前8時までゲートにより閉鎖される。山形側のゲートにはオープン10分後の8時10分に通過できた。
例年GW期間中に吹浦口駐車場に乗り入れるが、その時より残雪量が激減している感じ。
今年は残雪が多いと思っていたが、このところの暑さと豪雨の影響で一気に雪が融けてしまったらしい。

そして平日なので駐車場にはSONE車を入れて2台しか駐車していない。
画像


車道から足場が切られた雪の壁を登り、雪の上に立つとかなり薮っぽくなっている。
雪面の下からは沢音がしていて、ここ数日で流れが見えそうな雰囲気。
向かって左手の上部に伸びる雪渓を黙々と登っていく。
先行しているスキーヤーはスキーをトラーゲンしてツボ足で登っていた。
画像


少し登ると広い急斜面の登りとなる。下部に大平山荘。奥に三角形の観音森が見える。
画像


急斜面が終わると広い雪原の登り。ここから赤布の付いた竹竿がルートを明確にしている。
正面右手には笙ヶ岳三峰が見える。
画像


河原宿のところで休憩しているスキーヤーに追いついた。
ここから御浜へ一番距離の短い蔦石坂を登る。途中で2カ所スキーを担いで通過する場所があった。
御浜北側の雪原の彼方に稲倉岳が見える。
画像


地面の出ている御浜で少し長めの休憩。
眼下の鳥海湖の湖面は少し雪割れが見えている。その奥に見える山は月山森。
画像


扇子森の北斜面も雪が切れて笹の上を一部歩いた。
扇子森を越し、御田ヶ原に下る手前から見た新山と外輪山が素晴らしい。
画像


七五三掛へのトラバース路は雪がなく、スキーを肩に担いで通過。そんなに長い距離ではない。
その後は夏道を外れて残雪を拾って右手から回り込んだ。
西側には笙ヶ岳が魅惑的な山容で見えている。
画像


少し疲労を感じた頃、外輪山に到着。ここで先行していたツボ足の登山者と出会う。
彼はここから引き返すと言っていて、直ぐに別れた。

またスキーを担いで少し登ると指導標の杭が出ていて、そこに文珠岳の文字が・・・
あれれ〜、今まで文珠岳は滑りだす斜面の上の岩峰と思っていたが、この平坦な外輪山の一角を指すんだぁ。
これは思い違いをしておりましたぁ(笑)
画像


このピークから新山と千蛇谷を見下ろす。何故かこの日はトビが何羽も山中を飛翔していて、千蛇谷にも数羽のトビが飛んでいた。
画像


ドロップポイントの手前で昼食をとる。見る限り誰もいない本当に静かなひと時であった。
この時から晴れていた空が曇り始め、雲が湧きだしてきた。

そして滑る斜面を俯瞰する。千畳ヶ原まで高差約400m。中斜面が延々と続く雄大な斜面だ。
画像


滑りだすと、最近積もった新雪と固いバーンが混在して滑り難い。
思い切りよく大パラで滑る予定だったが、騙し騙しの滑りになってしまった。
途中で上部の斜面を振り返る。今回は下に向かって右手の斜面を滑った。
画像


途中から笙ヶ岳に向かって滑っていく感じになる。
画像


やがて雪質が安定して切れのある滑りが可能となる。谷足を強く踏み込んでカービングを楽しんだ。
しかし少し急な斜面に出ると下部に何カ所も雪割れが出ていて、連続性のある滑りができない。
しかも縦溝が出来始めていた。
GWを過ぎた時期には滑り出しから左手の斜面を選択したほうが良いみたいだ。

最後は大きくえぐれた沢を越して千畳ヶ原に入る。ここで大休止。
見渡す限り笙ヶ岳に3名見える意外に山中に人の姿は見えない。
寂しさを感じるほどの静寂感が逆に気持ち良い。
ここで滑ってきた斜面をバックに記念写真。
画像


再びシールを貼って御浜南側までの登りを始める。
笙ヶ岳、鍋森、扇子森のパノラマを眺めながら黙々と歩く。(写真クリックで拡大。)
画像


急斜面を登ると鳥海湖の南岸に出る。湖岸には雪割れが何か所も出来ている。
振り返ると雪で覆われた鳥海湖の奥に新山と外輪山が見えていた。
画像


御浜南側の分岐に抜ける斜高ルートは少し登ってから左斜高すると、斜度がそれほどでもなく滑落の危険を感じず登れる。そこから笙ヶ岳を見る。雪庇が崩壊を初めている。
画像


岩峰手前の鞍部まで来ると、河原宿方面へ雪は繋がっておらず、少し登山道を歩いて雪の上に立った。
ここからしばらくは超緩斜面の滑りが続き面白くない。
笙ヶ岳で遊んだBCスキーヤーのシュプールは概ね県境口に下っているみたいだ。

大平(吹浦)口の駐車場手前の急斜面で最後の滑りを楽しみ、車道に下った。
駐車場には朝と同じ二台の車しか駐車していなかった。

帰り仕度を終えてからしばらくぶりに鉾立まで車で行ってみる。
大平口から少し北側の県境口は、素直な雪面が上部まで繋がっていて、こちらの方が遅くまでスキーでと登降ができそうである。

鉾立上部の展望台は雪がありスニーカーでは行けないので、手前の展望台で写真を撮った。
奈曽渓谷を挟んで見る稲倉岳は迫力がある。
画像


蟻の戸渡りの奥に鳥海山(新山)が見える風景は鳥海ブルーライン随一の眺めであろう。
画像


比較的穏やかな天気に恵まれ、残雪期の山岳風景を堪能できた一日であった。

GPS軌跡です。(クリックで拡大。)
画像



動画です。
今回は三脚なしで撮影したので、少し手ブレで見難いところがあります。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
水曜日いい天気でした〜
ご一緒したかった〜
同じくあの標柱を見て、文殊が手前ピークと知りました〜
なんど
2012/05/11 05:30
なんどさん、お久しぶりです。
千畳ヶ原に滑りこむ最後のチャンスかな、と思い出かけてみました。
本当にご一緒したかったです。
しかし思いこみとは恐ろしいもので、今まで奥のピークが文珠とばかり思っていました(笑)
SONE
2012/05/11 07:55
素晴らしいですね。あんなに大きな山独り占めなんて信じられません。
何でもできてしまうSONEさん、スーパーマンですね。
koyo
2012/05/11 21:25
koyoさん今晩は。
登りはシールが濡れて重くなって結構疲れました。とてもスーパーマンとは言えませんね(笑)
こんなに空いている鳥海山は初めてです。とても贅沢な時間でしたよ。
SONE
2012/05/11 22:28
さすが鳥海山、雄大ですね。
滑り難いところもあったようですが、こんなに素晴らしいところを、ほぼ独り占めで満足でしょう。
遠出された甲斐がありましたね。
morino
2012/05/11 22:58
morinoさん今晩は。
花咲く鳥海山も素晴らしいですが、残雪期の鳥海山も迫力があって魅了されます。
寒気が入って一部新雪が降ったらしく、上部は滑りにくかったです。
私的には鳥海山は完全に日帰り圏内で遠出をした感覚はないんですよ。
下道でも登山口まで3時間半で着きますよ。
SONE
2012/05/11 23:13
SONEさんはやはり縦横無尽ですごいですね(^_^)
鳥海山の様子が拝見できて嬉しいです。
ありがとうございます。

雪の鳥海山(千蛇谷)は神聖で特別な感じがして、
もっと技術を向上させてから行きたいと思い・・・
なかなか行けません(^_^;)
ナカシィ
2012/05/12 10:04
ナカシィさんこんにちは。今日の午前中は仕事でしたぁ。
月山と鳥海山は残雪が多いのでGW過ぎても充分滑れますね。
でも残雪は例年と同じ程度に減ってしまいましたよ。
今回のバーンは技術的には丸山沢より簡単ですよ。でも体力はいるかな・・・
SONE
2012/05/12 12:18
 おぉぉ!、鳥海山へ来られたんですね。
5月の鳥海山へは祓川からたった一度だけ登ったことが
あるだけなので、とても興味深く写真を拝見いたしました。
地元なんだから何とか行きたいと思いますが、超多忙期
なので無理っぽいです。今日もトラクターを運転しながら
眺めていました。
ファーマー佐藤
2012/05/14 21:10
ファーマー佐藤さん今晩は。
天気に誘われて行ってしまいましたぁ
今の時期はお忙しいので目の前に見えていても登れないでしょうね。
この日は結構暑くて、登りはTシャツで充分でしたよ。
5月になっても山滑りできる鳥海山は素晴らしい山ですね。
SONE
2012/05/14 22:12
SONEさんこんにちわ〜。鳥海山の白黒の山肌って、怖ささえも有るような・・・気がします。GWにその雄姿を真近できてきましたが・・・迫力すごかったです。
さてこちら昨日、泉ヶ岳水神コース制覇して来ました〜。すっごくイイ山でした〜★ご推薦に改めて感謝しております。感想として、、も少し登れそうかなって気がしたのですが、お次はどこを狙うのが良いでしょうか?できれば東北の山百選にある面白山、雁戸山、大東岳、神室山の中から・・・と考えリサーチしてましたが、泉ヶ岳と比較しかなり難易度は高いですよね?如何でしょうか。アドバイスお願いしたく、よろしくお願いします。
とむかの
2012/05/20 17:29
とむかのさん今晩は。
鳥海山は夏山でも中級クラスですし、雪渓が多く残る山なので、いろいろな山を登ってから挑戦すべき山ですね。
泉ヶ岳は仙台市民憩いの山ですが、表コースは難易度がより高く面白いですね。
但し標高差650mしかないので、体力的には初級クラスの山なんです。
次は笹谷峠から山形神室往復がベストでしょうね。景色が良く花が多いですよ。
SONE
2012/05/20 18:25
SONEさん今晩は。
泉ヶ岳の表コースは登山禁止になってました。次回は北泉ヶ岳にも挑戦したいです。健脚向きコースと案内がありましたので、一寸不安ですが(笑)
山形神室ですね、本格リサーチ始めました。いつもSONEさんの助言を頂いてばかりでごめんなさい。感謝してます・・・・
とむかの
2012/05/21 21:39
今日は金環日食でしたが撮影されましたか?
私はNDフィルターが無いので目視観察だけを楽しみました。
さて先日は泉ヶ岳を有難うございます、来週はツツジの状況にも寄りますが徳仙丈山か、或いは山形神室岳、時間があれば仙台神室岳を考えていますが286号線沿いの登山口の駐車場の場所が今一つわかりません。
何か目印があれば教えてください、お願いします。
cafetom
2012/05/21 23:52
とむかのさんおはようございます。
そう言えば途中の車道が崩落して登山口まで行けない状況でしたね。
北泉ヶ岳は泉ヶ岳とセットで登るのがいいですよ。ブナ林が綺麗なところです。
仙台神室まで往復するとかなりハードになってしまいますので、山形神室の北側の分岐まで行くのがベストですね。
SONE
2012/05/22 07:26
cafetomさんおはようございます。
金環日食撮影できましたよ。と言ってもコンデジで撮ったので手ブレ&ピントが甘い画像ですが・・・
泉ヶ岳は好天のめぐり逢い楽しまれたみたいですね。
ツツジに関しては徳仙丈山が早い状況なら田束山に車で行くのもいいですよ。開花が早いです。
来週なら山形神室の花は少し早そうですね。仙台神室までは累積標高差1000mありかなり厳しいです。
笹谷峠の県境より少し山形県に入った北側に大きな駐車場がありますよ。
SONE
2012/05/22 07:33
田束山、徳仙丈山程の派手さは無いですがこちらもつつじが多いですが少し早く咲くとは知りませんでした。
しかし共に昨年の地震で大きな影響を受けた地域、例年とは違った山なのでしょうね。
駐車場の状況情報有難うございます。
県境から少し入った所なのですね、それから仙台神室については其の道のりの厳しさから今回は諦めて山形神室岳の先展望石でしょうか、そこで引き返す計画に変更しようと思いはじめました。
神室岳の花の状況から見て未だ早すぎるとのアドバイス有難うございます。
天気、仕事の都合、花や雪等ベストな条件とは色々大変ですね。
色々と有難うございました、又よろしくお願いします。
cafetom
2012/05/22 22:02
cafetomさん今晩は。
田束山のほうが標高が200m近く低いのですよ。
駐車場は大きいのですぐに分かると思いますよ。トイレもあります。
仙台神室はダンゴ平に標高差150m下って、再び標高差150m登り返すのがきついのです。
しかも超急斜面なので慣れないと危険でもあります。
今の時期は花の端境期的な感じで6月初旬から再び爆発的に花が咲くようになります。
SONE
2012/05/22 22:54
そうですか、田束山の方が200mも低かったのですね、気が付きませんでした。
カシミールを現在勉強中で今度調べてみますね。
カシミール印刷の設定やら何やらと色々と面倒で、しかしスマフォもGPSナビも持たない私達は地図とコンパス、それに登山道の道しるべが頼りなので一生懸命と苦戦しながらも必ず印刷してルートを頭に入れるようにして、其の他たくさんの事を書き込んで準備をしています。
明日は健康診断です、お休みなさい。
cafetom
2012/05/22 23:35
cafetomさんおはようございます。
最初からGPSに頼ると地図読みがまったく出来なくなるので、今のように地図とコンパス、そしてルートの予習が一番重要なポイントですよ。特に国土地理院発行の2万5千分の1地形図は、読み慣れてくると平面な地図なのに立体的に地形が浮かびあがって見えてくるようになります。
健康診断、結果がよければいいですね。
SONE
2012/05/23 06:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.5.9 文珠岳から千畳ヶ原(山形・鳥海山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる