東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.6.30 月山(山形・月山)

<<   作成日時 : 2012/07/02 00:35   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 16

マスさんが少し体調を崩しているのでハードな山には行けない。
それならお気楽に花園を堪能できる姥沢〜月山ルートで、今が盛りのクロユリでも見に行こうという事になった。

【 6/30 月山(1984m) 山形・月山 】
リフト上駅〜姥ヶ岳〜金姥〜柴灯森〜牛首〜鍛冶小屋跡〜月山〜鍛冶小屋跡〜牛首〜リフト上駅

7月1日に山開きが行われる月山であるが、今の時期は正に百花繚乱の花園が堪能できるので、多くの登山者が訪れている。
この日は千円の駐車料金は徴収されずに、環境協力金一人200円であった。
但し、リフトを使用しない姥沢小屋から右折するコースは、急斜面をトラバースする場所に雪渓が残っているので、アイゼン着用者以外は登ってはならないと指導があった。

故に往復千円のリフトを利用して楽なコース採りで月山を目指した。
残雪の量は例年と変わらない感じの月山
画像


最初は姥ヶ岳に立ち寄る。
月山スキー場には未だに多くのスキーヤーが訪れていた。
画像


姥ヶ岳湿原の木道を歩いていると一人の男性に声をかけられた。
初めてお会いしたが、ブログをリンクしているHITOIKIさんであった。

姥ヶ岳の山頂ではヒナウスユキソウが見ごろ。
画像


金姥付近のチングルマはほぼ終わり。
装束場分岐付近のミヤマキンポウゲはちょうど見ごろであった。
画像


品倉尾根を左手に眺めながら柴灯森に登る。
画像


柴灯森は山頂を通らずに南斜面を巻く。
雪渓が消えた場所にはコシジオウレンが咲いていた。
画像


だんだん月山が近づいてくる。雪渓を渡る風が寒く感じる。
画像


牛首を過ぎて雪渓が終わると岩礫帯の登りとなる。
この付近に東北では月山にしか咲いていないエゾノツガザクラが見られる。でも花は終盤。
画像


少し登るとチングルマが盛りの状態。足を止めて撮影ばかりしているので先に進まない。
画像


画像


鍛冶小屋跡の石垣が見えてくる所にはミヤマキンバイが咲き誇る。
画像


画像


鍛冶小屋跡地に咲くミヤマガラシ。ちょっと見ると菜の花にそっくりだ。
画像


山頂台地に乗り上げる。
ハクサンイチゲの花を期待していたが、道沿いのハクサンイチゲはほぼ終盤。(残念)

しかしお目当てのクロユリはほぼ満開。
以前に同時期に来たときはネズミの食害でクロユリが激減していたが、今年は復活したみたいだ。
よく見ると山頂一帯に見渡す限り咲いているのは素晴らしい光景であった。
でも草丈が低い花なので群落を写真に収めるのは難しい。
画像


画像


咲き残りのハクサンイチゲと月山山頂
画像


この付近のハクサンイチゲは健在。
画像


品倉尾根1619m峰を背景にして・・・このアングルが独立峰の月山にあって一番高山的な感じがする。
画像


風が当たらない山頂北西側の地点で休憩する。
そこからは庄内平野が一望できて爽快な気分になる。
画像


帰ろうとしている時に声をかけられた。
何とmorinoさん、マロ7さん、maronnさん、ichikoさんの四人も月山に来ていたのだ。
我々より早い時間に登ってキヌガサソウを見ていたとの事。

岩根沢コースの分岐から左折して岩根沢コース上部の花を見に行く。
こっち側のハクサンイチゲは見事。
画像


ミヤマシオガマは咲き始め。
画像


ミネズオウはピンクの花が多い。イワウメはほぼ終わり。
画像


下山は牛首からカールを下ってリフト上駅を目指す
画像


雪渓上は縦溝が目立って余りスキー向きではない。
しかし所々フラットバーンが残っていて、ウロコで登り下りしているテレマーカーが二人いた。
画像


スキー場に出た頃、今まで見えなかった朝日連峰がようやく全貌を見せてくれた。
画像


たまにゆるゆるした花見目的の山行もいいものだ。


動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
はじめて、お会いできて嬉しかったです。
コシジオウレンを見逃したのが残念です。
柴灯森から品倉尾根への夏道はあるのでしょうか。
藪に隠れて探せませんでした。
それからも、アドバイスよろしくお願いします。
HITOIKI
2012/07/02 06:00
HITOIKIさんおはようございます。
お声掛けしていただいて恐縮です。何時かはお会いできると思っておりました。
コシジオウレンは雪が消えたばかりの場所に生えていますよ。
柴灯森から先の品倉尾根には道はなく、冬場専用の尾根です。
1619m峰から分岐する一本北側の尾根はバックカントリーの有名コースです。
SONE
2012/07/02 06:39
あれぇ、お二人さん、山頂で何でここにと思ってしまいましたよ。
月山はいつ来てもいいですねぇ〜。(ガス山でなければ)
雨告山方面にかすかながら夏道を見てしまいました。(^^;)
そういえばHITOIKIさんと、昨夏に下山でお会いしましたね。
マロ7
2012/07/02 07:27
大きな山でも色んな方と出逢ったりしますね。今回は皆さんクロユリ狙いのタイミングなのでしょうね。
こちらはあと2週間、山はお預けです。クロユリは来年だなあ。
みいら
2012/07/02 13:15
こんにちは(^_^)
同じ日に磐梯山を歩きました。山頂から白い月山見えました。
去年月山にいって登山口で敗退もう一度いっても天気悪かったです。
お花素晴らしいです。
zen
2012/07/02 15:17
マロ7さん今晩は。
月山も磐梯山も花目的で登る山は混雑しますが、混雑する山が苦手な私でも月山は別格の花の山という感じがしますね。まさか山頂でお会いできるとは夢にも思いませんでした。
雨告山は休憩した場所から直下に見えていましたね。皆さんHITOIKIさんとは馴染みになっていますね(笑)
SONE
2012/07/02 20:36
みいらさん今晩は。
やはり月山大きい山ですけど人も沢山登りますね。
今回は皆さんクロユリの写真を撮っておりましたよ。
2週後ですとニッコウキスゲやヨツバシオガマが見ごろになりそうですね。
SONE
2012/07/02 20:38
zenさんコメントをいただき有難うございます。
ブログを拝見しましたが、珍しい花を沢山紹介されている素晴らしい記事が満載ですね。
同じ日に磐梯山に登られておりましたか。
梅雨時の月山は晴れる日が少ないので、我々東北の登山者も天気予報を確認して日帰り勝負で登っております。
今の時期から8月まではいろいろな花が咲き誇りますね。
SONE
2012/07/02 20:48
偶然でしたねー。
この日は遠くの山に雲がありましたが、月山の素晴らしい景色と多くの花々を楽しめて満足の一日でした。
下山後は美味しいもの食べられましたか?
morino
2012/07/02 22:13
morinoさん今晩は。
2週連続とは月山に魅せられてしまいましたね(笑)
しかしたった1週間で花の構成ががらっと変わってしまうものですね。
下山後はお好み焼きとたこ焼きを食べて帰りましたよ。
SONE
2012/07/02 22:18
SONEさんは、その山のタイムリーな時期に、しかも良い天候に、大当たりの山行ができていますね。自分はSONEさんの写真を見ているしかありません。
月山のクロユリ、そのほかの花も、直に見てみたいです。この次はどちらの山でしょうか。期待しております。
yuji
2012/07/02 22:39
yujiさん今晩は。
今年は花の時期と上手く合致できた山行が続いています。梅雨の中休みが比較的多い年なのでしょうね。
月山は人は多いですけど、短時間で沢山の花々を眺められる山ですね。
今年のクロユリの多さには驚きました。こんなに見たのは初めてです。
こうなると蔵王のコマクサも外せなくなっていますね(笑)
SONE
2012/07/02 22:47
素晴らしいですね!クロユリ他、お花の季節で一番良い日だったのではないですか。
行けなかったからますますそう感じます(^_^;)
ナカシィ
2012/07/03 19:37
ナカシィさん今晩は。
月山はいろいろな花が一気に咲き揃うので見応えがありますね。
クロユリがこんなに沢山咲いているのは初めて見ました。
最近はお忙しいようでなかなか山に行けませんね。
SONE
2012/07/03 20:09
皆さんのコメント読むとベテランさんばっかりで、恐縮してしまいますが・・・(恥)
月山記事、楽しめました♫
SONEさんがアドバイスしてくれた☛大東岳より月山の方が難易度低い、を励みに私達もトライしてみますからね。
とむかの
2012/07/03 21:15
とむかのさん今晩は。
今は残雪が多くてある程度山慣れた人向きですが、8月になると全く別の構成種の花々が咲き誇りますよ。
その時期なら残雪はかなり消えているので登り易いですよ。
SONE
2012/07/03 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.6.30 月山(山形・月山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる