東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.7.22 和賀岳(秋田県・和賀山塊)

<<   作成日時 : 2012/07/25 18:20   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 14

昨年同期に山頂に咲くニッコウキスゲを見たくて和賀岳を目指したが、天気が悪くて真木渓谷の入口から踵を返して、森吉山の河岸を変えた事があった。今年も天気と花期が合致するタイミングを見計らっていたが、日曜日に秋田県の天気が良さそうなので出かけてみた。

【 7/22 和賀岳(1440m) 秋田県・和賀山塊 】
小路又〜甘露水〜ブナ平〜滝倉沢〜倉方〜薬師岳〜薬師平〜小杉山〜小鷲倉〜和賀岳(往復)

今回で4回目の和賀岳登山。
初回は7月初旬でガスの山頂で何も見えず、誰にも会わない静かな山であった。
2回目は5月下旬。残雪模様が綺麗な稜線漫歩を楽しみ、大甲まで周回した思い出に残る山行。
3回目は8月中旬。晩夏の花が残る時期だったが、花の最盛期の山頂を見たくなったものである。

ニッコウキスゲが咲き誇る時期は、東北地方はちょうど梅雨の時期に当たり、標高が低い和賀山塊はヤマセの影響で東側からの雲に覆われやすい。
ゆえに晴れのタイミングに登るのは難しい山域とも言える。

横手市から眺めた脊稜山脈はヤマセ特有の滝雲が稜線を越えていた。
滝雲が越える標高は概ね1100m程度と判断して、和賀岳は晴れていると信じて真木渓谷のダート道に入る。
昔は酷い悪路だったが、近年は整備されて普通乗用車でも走行可能となっている。
渓谷の岩壁には点々とヤマスカシユリが咲いていた。

小路又の駐車場は満杯で、少し下がった路肩に車を止める。
今までほとんど人に会わない山だったが、流石にニッコウキスゲが満開の時期には多くの登山者が訪れるみたいだ。

甘露水〜ブナ平〜滝倉沢〜倉方と快調なペースで進む。
倉方から少し登ると展望が一気に開ける。薬師岳前衛のピークが見えてきた。
画像


この付近から花が多くなる。
南側の岩場にはミヤママンネングサ、キバナノカワラマツバ、イワキンバイ、ベンケイソウなどが沢山咲いているが、脆い岩場に咲いているので、登山道から眺めるだけであった。

杢蔵山以来ひさしぶりで見たヤマルリトラノオ。ルリ色の綺麗な花が印象的である。
画像


薬師岳の肩にでると、目指す和賀岳が見えてくる。
画像


薬師岳の山頂は立ち寄っただけで休まず先に進む。
ここから薬師平にかけては広大な草原が広がり、色とりどりの花が咲き乱れていた。

まだ蕾のヨツバヒヨドリ。ピンク色が濃くて綺麗だ。
画像


こちらはクガイソウ。ヤマルリトラノオとの違いは、花の色と葉っぱである。
クガイソウは四つの葉が輪生していて、葉の周辺にギザギザがない。
画像


そしてニッコウキスゲがほぼ終わった薬師岳の花の主役はイブキトラノオ
画像


画像


このお花畑の中間地点に裸地があり、お花に囲まれて休憩できるので、ここで休んでマスさんお手製の『紅茶のチーズケーキ』をいただく。
アールグレイ紅茶の風味が満点で、見た目はベイクドチーズケーキだが、レアっぽくとても美味しかった。
画像


ゆっくり休んだあとで、薬師平を経て小杉山に向かう。
小鷲倉のピークがまるで和賀岳のように見える。
画像


小杉山から進路は東に変わり、展望の良い稜線を景色を見ながら進む。
薬師岳がかなり遠くなってきた。
画像


薮っぽい小鷲倉の登りが厭らしい。最初に登った時は猛烈な薮漕ぎで登ったが、これでもかなり整備された方だ。
この日は日差しは強いが、心地よい微風が吹いていて楽に登れた。
この前、同じ秋田県の丁岳に登ったときは、猛烈な蒸し暑さで大変だったが、暑さに身体が慣れてきたみたいである。

稜線上から田沢湖を眺める。だいぶ遠くまで来たなぁと感じる。
画像


たった一カ所に咲いていたクルマユリ。帰路で観察したところ、他の株は蕾だった。
画像


羽後朝日岳の右手奥に岩手山が見える。
画像


小さなピークを越えると、いよいよ和賀岳が近づいてきた。
画像


山頂がニッコウキスゲで黄色く色づいているのが分かる。
急き立てられるように山頂に着くと、沢山の登山者が休んでいた。
この山頂でこんなに多くの人に会うのは初めて・・・
先ずは記念写真
画像


腹がへったので食事にする。
ニッコウキスゲの群落を目の前に見ながら贅沢なランチとなった。

その後に周辺の写真を撮影。この頃からガスがかかり始めてきた。
山頂の花の主役はニッコウキスゲに尽きる。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


その他に咲いていたのはハクサンフウロ
画像


トウゲブキもかなりな群落を作っている。
画像


ミネウスユキソウは咲き始め。
画像


帰路は往路を戻る。
山頂直下の草原にはチングルマの穂が風に揺れていた。
画像


次の小ピークを越えたところで、登ってくる登山者が『お〜〜い』と手を振ってきた。
その写真を撮った下の辺りかな?
画像


誰だぁ? と思って見ていたらmoninoさんじゃあ〜りませんか。
後方には汗だくで登ってくるmaronnさんとマロ7さんの姿が。
このところ連続してほぼ同じ山域を歩いている偶然に驚く。
って言うか、晴れと花が合致した山域をチョイスすると、必然的に同じ山になってしまうのだが・・・
途中でマロ7さんがメールを入れていたそうだが、携帯の電源を切っていたので分からなかった。

下りは動画をあまり撮影しないので、かなり早いペースで飛ばして下る。
午前中に脊稜の稜線にかかっていた滝雲を消えて、薬師岳から南に続く大甲と甲山が顔を出してくれた。
画像


滝倉沢の湧水を飲んで一息つき、その後は一気に下って甘露水で再び喉を潤した。
帰り道に十文字町の三角そばやで名物の中華そばを食べて、その後は鬼首経由で午後7時半に自宅に戻った。
太平洋側に入ると肌寒いほどの気温であった。


動画です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
偶然が続きましたね。
花と晴れを考えてみなさん集中ですか。良い山歩きをしていますね。
風景とニッコウキスゲが素晴らしいです。
yuji
2012/07/25 20:21
大甲山まで周回しましたか。
随分と遠い山でしたがいいお山があったんですね。
秋もさぞかしいいだろうね。(^o^)
十文字町の三角そばやはこの次に挑みます。
マロ7
2012/07/25 20:46
yujiさん今晩は。
ここまで偶然に同じ山を登っているなんて珍しい事ですね。
それだけ天気が安定しないで、晴れの山域を求めての結果なんでしょうか。
この山域は人の手が加わっていない原始的な景観が持ち味です。花も素晴らしかったです。
SONE
2012/07/25 21:44
マロ7さん今晩は。
最初に登った時は往復5時間弱で駆け抜けましたが、今は無理でしょうね。
大甲の5月はオサバグサが咲いて見事でしたよ。ユキワリコザクラも見ました。
秋は薬師岳周辺の紅葉が素晴らしいそうです。
三角そばやの中華そばは蕎麦が好きな方なら絶対お口に合うと思いますよ。
SONE
2012/07/25 21:47
素晴らしい稜線と満開の花を楽しめた山でした。
朝にSONEさんの車を見つけた時にはビックリ。遠くても同じ山を狙うとはね。これも山歩きの楽しさなのでしょう。
次はどこで会えるやら・・・。あっ明日ね。(笑)
morino
2012/07/25 21:58
morinoさん今晩は。
しかしmorinoさんが前方でエールを送ってきたときには驚きましたよ。
何度登っても飽きない素晴らしいコースでしたね。
帰りの運転はお疲れになったでしょう。目一杯一日遊べた山でしたね。
明日は山以外の談義で盛り上がりそうですね。
SONE
2012/07/25 22:16
3枚目の写真、空気感が伝わってきて堪りません。見てるとむずむずしてきます。
それにしても、マスさんのケーキがいっつもんまそうだ。(^o^)
みいら
2012/07/26 18:14
みいらさん今晩は。
雲がかかっているので立体感のある写真になりましたね。
マスさんのケーキ、今回もとても美味しかったですよ。
SONE
2012/07/26 22:59
エアコンのリモコンですがホームセンターに行けば売っていますよ。
対応するメーカーがずらりと書かれているのでエアコンのメーカーだけ覚えていけばよいです。
色々なリモコンを生産していたCafe Tom より

PS 今日は北泉ヶ岳に挑戦、暑いので水を沢山持っていきます、そうすると今度は荷物が重くなりそうです。
Cafe Tom
2012/07/29 06:06
Cafe Tomさん今晩は。
>エアコンのリモコンですがホームセンターに行けば売っていますよ。
この情報は有難いです。早速明日にでも探してみます。
エアコンはリモコンないとただの箱状態ですからね(笑)
夏場は山での水の有難味が一番分かります。少し重くても多めに持参すると助かりますよ。
SONE
2012/07/29 19:19
なんとなく、本当になんとなくなんですが、
山は秋の気配がするような気がします。
暑いのに(^_^;)
ナカシィ
2012/07/29 21:15
ナカシィさん今晩は。
紫色の花が咲き始めると秋の気配が出てきますね。
もう立秋も近いので、山は足早に秋になってしまいますよ。
SONE
2012/07/30 18:26
見通しの良い緑なす草原の山稜に見事なニッコウキスゲの群落、本当にいいところです。
和賀岳は気になっていた山です。
日本には知らない魅力的な山がいっぱいありますね。
ミニミニ放送局
2012/08/04 15:44
ミニミニ放送局さん今晩は。
私が思うに和賀岳の山頂は東北で一番自然が残された山頂なんです。
裸地化が進んでおらず、座ったそばからニッコウキスゲが咲いておりました。
ちょっと行程が厳しい山ですが、行った人の期待を裏切らない山です。
機会がございましたら是非登ってみた下さい。
SONE
2012/08/04 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.7.22 和賀岳(秋田県・和賀山塊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる