東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.8.4 安達太良山(福島・安達太良山)

<<   作成日時 : 2012/08/06 12:04   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

会津の恵みの森における沢歩きが快適で、マスさんはとても楽しかったと言う。
そろそろ簡単な沢登りもいいかな、と思っていた矢先にMt.Raccoさんから『○沢へ行きませんか』と言うお誘いが・・・
当初は日曜日の予定であったが、日曜日の天気予報が芳しくないので、日付は土曜日に、場所は安達太良山の烏川左股に変更して登ってきた。

【 8/4 安達太良山(1700m)烏川左股  福島・安達太良山 】
奥岳登山口〜あだたら渓谷自然遊歩道入口〜烏川出合〜魚止滝〜昇龍の滝〜取水管〜二股〜左股大滝〜水枯れ地点〜薮漕ぎにて草原〜薮漕ぎにて登山道〜安達太良山〜ゴンドラ上駅

私自身、10数年前まではイワナ釣りで入渓していたが、沢登りはウン十年ぶりなのである(笑)
当時は地下足袋&ワラジ、服装はジャージ姿で登っていて、懸垂下降はほとんど肩がらみで下っていた。
空中懸垂やると痛いのなんのって・・・
まあ薮漕ぎの山は数知れず登っているし、その途上で岩場の登りは数知れずやっているので、久々に入渓しても大丈夫という変な自信だけはあるのだが・・・

マスさんは今回が沢デビュー。
泳げないという最悪のハンディがあるが、そんな所は連れて行かないのでまあ何とかなるでしょう。
それに腕力がほとんどないので、腕力で攀じる局面では引っ張り上げるしかなさそうな感じ・・・

で、安達太良山の奥岳登山口に朝7時半前に、久々にMt.Raccoさん、Soigaさんご夫婦と、鳥海山のBC以来の再会となるFwixさんの総勢5名のパーティが集合したのである。

烏川への取りつきは実に簡単。
『あだたら渓谷自然遊歩道』の看板を右折して、少し下っていくと滝見橋に出る。
この橋の下を流れるのが烏川。入渓して直ぐに2m程度の滝がある。
画像


その上部には続いて2段の滝。簡単に登れる。
画像


そして深い釜を持つ落差10mの魚止滝
上部に遊歩道の橋がかかっているのが景観を損なっているが、この滝は登らずに右手の遊歩道に逃げた。
Mt.RaccoさんとFwixさんが釜を泳いで右岸に取りつくが、上からの確保がないないと難しかったらしい。
画像


魚止滝の上部には続いて昇龍の滝が出てくる。
滑の斜瀑だが見た目より楽に登れる。
画像


そこからは滑床の遡行。癒し系の沢に変身。
画像


馬車道の橋の下を潜ると沢に沿っていた遊歩道が終わる。
しばらく小滝や滑を行くと右手に取水管の水があふれ出たところに出た。人工物はこの先には一切ない。
画像


4mの斜瀑はコケが付着して滑って注意が必要。でも慎重に登ればロープを出すほどでもない。
画像


この後は滑とゴーロを繰り返す単調な沢になる。
画像


日差しが差し込む岩の上で休憩。
マスさんお手製の和菓子(きみしぐれ&松しぐれ)。甘さ控えめで美味しい!
画像


Mt.Raccoさん家にいただいたトマト
画像


手掛かりが少ないゴーロ滝を越えて・・・
画像


大分水量が減ってきたところで二股に出る。右股は水が涸れている。
二股から少し遡行すると両岸の高さが増してきて大滝が近い事を知る。
そしてこの沢のハイライト『左股大滝』が姿を現した。落差40m。
画像


滝の右側にはキンコウカの花の群落があった。
画像


下から見上げる大滝は階段状ながら上部の勾配がきつくなっている。
危なそうならロープを出すか、と各自フリーで登って行くが、水量が少なく岩が渇いているのでくフリクションが良効いて全然滑らない。結局簡単に短時間で登りきってしまった。
画像


しかし大滝を越えてからがこの沢の核心であった・・・
水量は更に減って、ゴーロの中を進むが、木々が沢に覆いかぶさっていて進路を邪魔する
跨いだり潜ったりして行程は進まない。
画像


そろそろ左手の涸沢に逃げる地点が近づいてきたと判断され、左手に派生する涸沢に注意を払いながら遡行すると、左手に顕著な涸沢を見出した。ここを詰める。
画像


しかしどうも一つ手前に本来の登路があったらしい。
過去の遡行記録を見ると15分の薮漕ぎと標記されているが、薮が深くて左手にトラバースも出来ず、どんどん上部に追い上げられてしまう。途中で突然草原にでて一休み
画像


草原から福島市内が一望であった。
画像


ここでマスさんお手製の羊羹をいただく。薮漕ぎで疲れた身体に甘いものが力になる。
画像


沢靴をアプローチシューズに履き換えて草原を登る
そして再び蜜薮に突入。シャクナゲやイズツゲの繁茂した薮濃きトータル1時間の格闘の末、登山道に飛び出した。
予定より高差にして100mも上に出てしまったので、安達太良山頂を踏むことにした。
多くの登山者が行きかう登山道は、今までの静かな沢筋とは異質の空間である。
この日は稜線には涼しい風が吹き抜け、矢筈ヶ森や鉄山方面の展望も良い。
画像


久しぶりに安達太良山頂に立った。
画像


磐梯山には雲がかかっていたが、飯豊連峰が遠望できる。
画像


山頂では休まず和尚山を眺めながら山頂の岩塔を下る。
画像


後は登山道をゴンドラ駅まで下るだけ。
仙女平の手前で登っていった草原が見えていた。(赤い線を登った、)
画像


そして丁度仙女平のT字分岐と交差して左手から顕著な踏み跡が登ってきていた。
今回登った涸沢の手前に正規の詰めのルートがあるみたいだが、今回は全員気が付かなかった。
こんなミステリーがあるから沢登りは面白い。

下りのゴンドラを片道900円支払って乗車し、下のレストハウスでかき氷を食べてから皆と別れた。
沢デビューのマスさんはとても面白かったと言っていた。
沢の歩行バランスを良く、岩のルートファインディングをなかなか上手かった。
これなら初級の沢は安心かな。


GPS軌跡です。

画像



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
土曜日はお疲れ様でした。
後半、苦戦する箇所盛りだくさんでしたが、無事山頂も踏めてなによりでした。

それにしても、エメラルドグリーンの釜は魅力的出すね。
今後も雪が降るまで、または涼しくなるまでは水遊びをする予定ですので、また機会がありましたら是非お付き合いくださいませ。
Mt.Racco
2012/08/06 20:44
Mt.Raccoさんお疲れ様でした。
久々に性根を据えて薮漕ぎをやって達成感がありましたよ(笑)
山頂を踏めたのは最高のおまけでしたね。
前半の様な連瀑が何か所もあれば最高の沢になるでしょうね。
9月ごろまではまたご一緒したいですよ。
SONE
2012/08/06 21:53
釜あり、ヤブありで楽しい沢あるきでしたね。
谷地平らに行ってたのかと…。
沢に転進するとは思っていませんでしたよ。(笑)
ミステリー沢登りは興味津々です。

マロ7
2012/08/07 06:23
マロ7さんおはようございます。
詰めの薮漕ぎを除いては簡単な沢でしたが、久しぶりに沢の景観を楽しめました。
谷地平はまた別の機会に行く予定ですよ。
沢に転進と言っても相変わらずの広角な山の指向は変わりませんよ(笑)
今回の詰めは正規のルートが誰も気が付きませんでした。本当に謎ですね。
SONE
2012/08/07 06:31
マスさんも本格的に沢デビューですね。
ポテンシャルの高い方ですので、SONEさんの指導であっという間に上達しそうです。
沢は楽しそうだけど、濡れるの嫌なので皆さんの記録を見て楽しみます。
morino
2012/08/07 06:45
土曜日はお疲れ様でした!ってSONEさんは疲れてないんでしたっけ

覚悟していないドッボンは水が冷たいものですね。
それにしてもマスさんの和菓子おいしかったですね〜〜
毎回食べられるSONEさんが羨ましい・・
おかわりの羊羹遠慮したの、後悔しましたよ
soiga
2012/08/07 09:53
morinoさん今晩は。
マスさん沢の中での歩行バランスがよいので安心しました。
腕力が全然ないので、その点が問題ですが、登るルートの読み方が慣れてくるともっと上達するでしょうね。
この暑い時期は沢に入るととても気持ち良かったですよ。
SONE
2012/08/07 22:38
soigaさんお疲れ様でした。
私は沢登りはあまり疲れませんでしたが、鳥海山から続く寝不足で帰宅後に眠かったですよ
昔から水を避けて、無理してでもへつる性質ですので、今回は腰より上は水に入りませんでしたが、ドッポンする皆さんを見て楽しかったです。
マスさんは珍しく和菓子でしたが、お手製のケーキも絶品ですよ。
次回に期待ですね
SONE
2012/08/07 22:42
SONEさん お早うございます。
暑い暑い夏は、沢登りが最適のようですね。私は沢登りはまだ3回しか経験がありませんが、
天然のシャワーを浴びたりして、何れも気持ちよかったです。ただ、沢を登りつめた後の薮漕ぎが大変だった記憶があります。
R.クラブでいくつか沢登りが企画されているので、行きたくなりました。
9月1・2日に、祝瓶山・荒川支流角楢沢下の沢というところの募集があるので、
参加しようと思います。
SONEさんの映像を拝見して、決心がつきました。
マスさんの和菓子も美味しそう!!
momo
2012/08/09 07:05
momoさん今晩は。
沢に関しては昔取った杵づかで登っているだけですが、まだまだ勉強不足ですよ。
沢の詰めの薮漕ぎがなければ沢登りは最高なのですが、そうは問屋が卸さないですねぇ(笑)
荒川支流角楢沢下の沢を検索して見ましたが、結構人気の沢のようですね。
ベテランの方がリードしてくれるなら大丈夫でしょう。
マスさんは最近和菓子を作り始めましたが、どれも美味しいですよ。
SONE
2012/08/09 19:56
momoさんSONEさん、今晩ハー。
教えてください。
9月1・2日の、祝瓶山・荒川支流角楢沢下の沢の募集はどこにありますか。
よろしくお願いいたします。(^o^)
maro7
2012/08/10 20:32
マロ7さん今晩は。
沢登りを公募している山岳会は少ないかもしれませんね。
ガイドツアーに参加するのも手ですよ。
SONE
2012/08/13 19:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.8.4 安達太良山(福島・安達太良山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる