東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.8.19 禿岳(宮城・神室連峰)

<<   作成日時 : 2012/08/20 19:46   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

禿岳と書いて「かむろだけ」と読む。宮城・山形県境には「かむろ」と名前が付いた山が非常に多く、西側には神室連峰の主峰:神室山、二口山塊には神室岳(仙台神室)と山形神室という山がある。
「かむろ」の由来には諸説いろいろあるが、禿岳が何故「かむろ」と呼ぶのか不思議だ。
日曜日に禿岳にマスさんと一緒に登ってきた。確か10数年前に中峰コースから登ったはずだが、地味な山なので記憶が曖昧である。

【 8/19 禿岳(1261m) 宮城・神室連峰 】
花立峠〜5合目〜南峰〜禿岳(往復)

前日レイトショーで映画を観てしまったので、早起きできずに高い山は諦めた。
そこでマスさんが登りたいと言っていた禿岳に登ることにする。
距離が短く人気の花立峠口から山頂往復である。
画像


禿岳と小柴山との鞍部で県境に当たる花立峠は、風の通り道になっているため高木が育たずに草原となっている。
思いもかけず盛夏の花が沢山咲いていて、先ずは花見となってしまった。
ツリガネニンジンの薄紫の花が多い。
画像


山形側はよく晴れている。
もっと早い時間であったら河岸を変えて別な山に行くのだが、登り始めが9時半を過ぎていて無理なお話であった。
画像


峠の上部はコキンレイカが花盛り。
画像


1合目の標識を過ぎるとブナの森に入る。
しばらくは緩やかな登り。
画像


4合目かた5合目の間は急登となる。
風がなく蒸し暑い登りで苦しい。

急登が終わると稜線に出る。ノリウツギが沢山咲いていた。
画像


道端のブナの木にヒメオオクワガタであろうか? 気をつけてみないと見過ごしそうな存在だ。
画像


やがて右側が切れ落ちたヤセ尾根にでる。
ここでやっと禿岳の山頂方面が見えてきた。
画像


灌木帯の変わった地点でヤマルリトラノオが咲いていた。
画像


再び急登になる。展望も開けてきて、振り返ると先ほど通過したヤセ尾根が眼下に見えていた。
画像


登りきると左手に方向が変わる。
右手は火ノ沢の源頭部で、ここから花が多くなってくる。タテヤマウツボグサの花は終盤。
画像


9合目の南峰には不動明王の石仏がある。
画像


盛夏の低山を代表する花:ヨツバヒヨドリ
画像


山頂直下は遅くまで残雪が残る草原を歩く。
ここには湿性植物が多い。イワイチョウはちょうど見ごろ。
画像


ここのオトギリソウは貧弱な株しかなかった。
画像


湿原の植物でも花期が遅いイワショウブは咲き始め。
画像


お馴染のアキノキリンソウ
画像


モウセンゴケの花は見ごろであったが、本当に小さな花なので撮影は難しかった。
画像


もう山頂は目と鼻の先
画像


南北に長い稜線の一高点的な感じの禿岳山頂に着く。
画像


予想に反して誰もいない静かな山頂であった。
お昼近いので昼食にする。
今日はマスさんお手製のパン。左がホイゲル。弓なりと言う意味で中にケーキが入っていて美味しい。
右がカイゼルオートブレッド。ハムとクリームチーズを挟んで食べた。
画像


西側に延々と連なる神室連峰の大観を期待して登ったが、大鏑山と軍沢岳までしか見えず。
禿岳北峰とも言えそうな1259m峰(中ノ沢の頭)はかろうじて見えていたのみ。
積雪期に中ノ沢の頭から眺めた禿岳は懐かしい思い出となっている。
画像


やがて途中で追い抜いたご夫婦のパーティが山頂に着いた。
いくら待っても景色が見えないので下ることにする。
しかし山頂一帯を飛び回るウエツキブナハムシは凄まじい数だ。
この山域のブナが現時点で茶色く変色していたが、今年はほとんど壊滅的にブナの葉っぱがやられていた。
(動画にウエツキブナハムシの飛翔シーンを収録しています。)

下り始めると登りの時より展望が開けている。
山形県の最上町と熊ノ返山が見えていた。
画像


神室連峰の火打岳や八森山も見えてきたが、写真では靄ってはっきり見えない。
鬼首の中央火口丘と言われる荒雄岳もやっと見えた。
画像


しかし花立峠に戻ると山頂は再び積雲の中に隠れてしまった
画像


ところで花立峠にはパラグライダーの愛好家たちが大挙して訪れていた。
いい風がなかなか来なくてテイクオフ失敗が続き、面白く見学させていただいた。
風をとことん待つ気の長さが要求されるスポーツで、自分には合わないと感じた。
(単に地に足が付かないので怖いと言うのが本音だけどね・・・笑)



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も以前、花立峠口から山頂往復したことがありました。
朝5時半に家を出て登山口到着が10時半でしたから、やはり距離の短いこのコースでしたが、鬼首山塊の景色が楽しめました。
時期は9月でブナにはツキヨタケの幼菌が出始めていました。
みどぽん
2012/08/20 23:04
みどぽんさんこんにちは。
禿岳は車2台で周回するのがベストでしょうが、景色が良く距離の短い花立コースが人気のようですね。
今回はドクベニタケがちらほら見られるだけで、夏キノコは不作といった感じでしたよ。
SONE
2012/08/21 12:35
ヤマルリトラノオは和賀岳にありましたよね。
まだまだ残暑厳しいいですが、お山選びに難儀しますねぇ〜。
前森高原の牛乳は美味いですよ。
マロ7
2012/08/21 19:32
マロ7さん今晩は。
今回のヤマユリトラノオはたった1株だけ咲いていました。杢蔵山には群生地があります。
天気が不安定で山選びが難しいですね。この日の蔵王は雲海の上だったようですね。
前森高原には行ったことないので、機会があったら立ち寄ってみたいです。
SONE
2012/08/21 19:37
禿岳は手軽に行けて高度感が味わえる良い山です。花も結構楽しめましたね。
ここでもブナハムシでしたか。木は涸れないとはいえ嫌ですねー。
しかし、冬はちょっと怖い山です。(^^;)
morino
2012/08/21 20:58
morinoさん今晩は。
禿岳は山頂が稜線の一高点という感じで、山頂っぽくないですね。
この山は周回して初めて良さが分かる山だと感じました。
花は望めないかと思っていましたが、結構咲いていて良かったです。
ブナハムシが宮城の山まで押し寄せてきましたねぇ。この界隈では秋のブナの黄葉は望み薄ですね。
SONE
2012/08/21 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.8.19 禿岳(宮城・神室連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる