東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.8.22 船形山(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2012/08/23 17:02   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 16

山仲間のマロ7さんのレポを拝見して、後追いであるが保野川から升沢小屋を経て船形山に登ってきた。
保野川の遡行は難しい滝も少なく、船形山へのバリェーションルートとしては面白い。

【 8/22 船形山(1500m) 宮城・船形連峰 】
大滝キャンプ場〜三光の宮分岐〜保野川〜F1〜F2〜瓶石沢二俣〜升沢小屋〜千畳敷〜船形山〜ご来光岩〜眺望所〜大滝キャンプ場

小荒沢林道を越えて大滝キャンプ場に入る。
駐車場には他の車はなかった。

三光の宮分岐を左折して保野川に下る。
最初は穏やかな河原歩き。
少し遡行すると保野川唯一の滑滝?に出る。
画像


沢筋には花が多い。クサボタンの花が咲いていた。
画像


やがて二条の滝に着く。左手から取りつくと簡単に登れる。
画像


滝の中ほどにチョウジギクが群生していた。湿った沢筋に多い花だ。
画像


二条の滝から僅かな距離でF2が出てくる。落差10m。
画像


画像


滝の右壁を登れそうな感じで取りつき点の下まで行ってみるが、下部はホールド、スタンスとも豊富だが、草付きの部分から難しそう・・・
流心をシャワークライミングすれば階段状で簡単そうだが、ずぶ濡れになるのも嫌な感じ・・・
ここはソロの沢登りなので無理をせずに右岸から巻くことにする。

小さく巻いて滝の落ち口に懸垂下降
画像


落ち口から下を見下ろすと結構高度感がある。
画像


F2を登ってしまうと単調な沢になると聞いていたが、滝の数にも入らないほどの小滝が時折現れ楽しい。
画像


ヤマトリカブトもあちこちで群生していた。
画像


水量が少なくなってきて、沢はブナやヒノキアスナロの原生林を中を流れるようになる。
船形山の奥深さを感じられて素晴らしい。
画像


水辺の岩に沢山のダイモンジソウが咲いていた。
画像


幾つかの分岐は水量が多い沢筋を取れば間違いない。
やがて河原歩きが中心となり、沢の両側からボサが張り出してくる頃に、升沢小屋からの登山道と合流する。
入渓からここまで1時間40分の沢歩きであった。

時間があるので船形山の山頂まで登ることとする。
最初は保野川支流に沿って登山道があるので、水が涸れる地点まで沢靴で登った。
そこから地下足袋に履き換え、沢装備をザックにしまって登り始める。

千畳敷で若い男女のパーティに追いつく。
頂稜の風衝地帯からは山形側:黒伏山方面の展望が得られた。
画像


未だに夏の花が咲き残っている。終盤のミヤマシャジン
画像


雲の切れ間から顔を覗かせた後白髪山
画像


初秋の山という感を強く抱かせるウメバチソウ
画像


船形山山頂はもう目の前。
画像


男女のパーティとほぼ一緒に山頂に着く。
ここで少し遅い昼食。西側から吹き上げてくる風が涼しい。

若い女性は私に昨年秋にこの山で会ったことがあると言っていた。
頭に白いタオルを巻いて、長靴を履いていたとの事。凄い記憶力!
その内、原付自転車で登山口まで来たと聞いて私も思い出した。
三光の宮で話をした女性であった。

山頂一帯は枯れ色に変わってきたミネウスユキソウが多く咲いている。
画像


下山路はご来光岩から湯谷地を経て大滝キャンプ場へ戻る。
途中でキノコを捜しながら下ってきたが、まだ若いトンビマイタケが見つかった。
400gしか採れなかったが、チャーハンにして食べると美味しく、父親も喜んでいた。
画像


下りの途中で単独の男性二人とすれ違ったが、お二人ともバイクで来ていたみたいだ。
最高に美味しい人命水を飲んで、色麻大滝を見て、再び小荒沢林道を走行して帰路についた。
画像


沢自体は癒される滑床が少ないので評価度は低いが、薮漕ぎなく登山道に出られ、そこから山頂を目指すのも簡単なので、新たな船形山の一面をみた思いがした。


GPS軌跡です。

画像



動画です。
防水デジカメ、未だ使いこなせずピントが外れたシーンが見受けられます。まだ使用に慣れていませんね(苦笑)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
行ってきましたね。
船形山頂へ辿る道として私にとっては最高のルートです。
でも、良いおじさんおばさんの皆さんにはF2の滝はお奨めできませんね。
なぐさめの滝はどうやら最初のナメ滝でしょうね。
昔の登山ルートは、今回のGPS軌跡でもF1の滝から左へ巻いて三光の宮へと通じます。
三光の宮へは最後に藪道となり旗坂ルートに出ますが満足するものでした。
さあ、トリカブト、ダイモンジソウが出てきて秋色になるようですね。
次の課題は、湯谷地にあった石碑が何処にあるかです。
マロ7
2012/08/23 20:49
マロ7さん今晩は。
意外に簡単に升沢小屋に抜けられるルートでしたが、基本的に沢装備じゃないと難しいですね。
滝と言っても大きな滝は2カ所で、なぐさめの滝は滑滝もしくはF1だと思いました。
今度遡行する場合には瓶石沢から登山道に出てみたいですね。
下界では暑い日が続いていますが、山の上は涼しい風が吹いて秋を感じましたね。
湯谷地はどんどん乾燥化が進んでいますね。昔はモウセンゴケが沢山生えていたそうですが・・・
SONE
2012/08/23 22:08
おや、SONEさんも保野川でしたか。
ここは船形山ゆかりの沢屋さんはよく歩いているようですね。
そのうち歩いてみたいけど沢装備が必要ですか・・・。
morino
2012/08/23 22:55
morinoさんおはようございます。
F2以外は危険な場所はないので、気軽に登れる沢でしたよ。
沢登りに関してはスパイク長靴で登れるのは極一部の沢です。膝上まで水に入るところが多いので沢装備は必要だと思いますよ。
SONE
2012/08/24 07:30
同じ山で同じ方にお会いするなんて素晴らしいですね(^_^)
ナカシィ
2012/08/24 08:01
 SONEさま、おはようございます
先日は、八幡平情報くださりありがとうございました、

行って来ました裏八幡平縦走に、18日午後より滝上登山口より三石山荘泊
大白森山荘泊、20日に滝上登山口に戻りました、
関東では見られない、ブナ、おおしらびそ原生林、頂上湿原沼地
高山植物お花群は、やや盛りを過ぎてましたが?青に近い色のぎぼし
しゃじん、きんこうか、トリカブト、リンドウなどなど数えきれないぐらい
たくさんのお花に出会いました、地図上に記載されてないところにも
綺麗な湧き水があったり美味しく頂き、あまり人気のないコースなのでしょうか?
松川温泉から大深山方面、大深方面から松川に抜ける登山者二人だけ
大白山荘には、沢登りの女性二人だけの泊となり静かな夜でした、

20日は月曜日ということで、大白森から乳頭山まではご夫婦の方と
単独男性と会ったきりでした、ご夫婦の方にどちらからと聞かれ
三石から、大白縦走ですと答えたら驚かれました、関東森のあたりの道は
歩きにくくて難儀したでしょうと?
確かにささやぶが背丈以上に伸びて、道が見えずえぐられた溝、や湿地に
足を取られ、転倒したり ま、それだけにこの地域の奥深さを感じました、
人気の乳頭山もお昼を過ぎていましたので、私一人だけの貸切で
素晴らしい景色を楽しんで、千沼ヶ原経由で帰りたかったのですが
時間が心配でしたので、白沼経由で滝上登山口に戻りました、

そよ風
2012/08/24 09:39
ナカシィさん今晩は。
一年近く前に出会った人を覚えているだけでも凄いですよ。
余程目立っていたのでしょうね(苦笑)
SONE
2012/08/24 19:07
そよ風さん今晩は。
静寂の縦走路に行って来られましたか。
あのコースは静かな山旅を愛される方々にとって憧れの縦走路なんですよ。
刈り払い状態が余り良くないと評判の縦走路なので、歩く人はあまりいないそうですね。
各所にある避難小屋は沢登りの方に利用されているみたいです。
やはり草刈りが不十分だった様ですね。でも充実した山旅になられたのでしょうね。
私も何時か歩いてみたいコースです。
SONE
2012/08/24 19:14
こんにちは〜
先日、昨年とお会いしましたチハルです(笑)
二度目も同じ船形山でお会いしたので分かったんだと思いますょ。
この日は本当に暑かったので、沢登り羨ましいし憧れます!
昨年から山登りを始めたばかりで、まだまだ初心者ですがSONEさんのブログ参考にさせていただきます。宜しくお願いします。
チハル
2012/08/25 16:04
チハルさんコメント有難うございます。
最初は思い出せなかったのですが、原チャリで登山口まで来たとお伺いして、一気に記憶が蘇りましたよ
昨年は未だ山に慣れていない感じでしたが、今回は一気にベテランの感じになっていましたね。
沢は涼しくて最高でしたよ。升沢コースからの往復は暑かったでしょうね。
今後とも拙ブログを宜しくお願いいたします。
SONE
2012/08/25 17:31
おはようございます。涼しい沢歩きの記事、楽しく拝見しました。群馬は暑い夏が続いています。アキアカネはまだ赤城山から下りてきません。
P&G
2012/08/27 07:52
舟形山の沢歩き、こんなコースもあるのですか!びっくり!
こちらも秋になったら舟形山へリベンジ!と考えてますよ〜。
土曜日に不忘山、弘法清水でリタイアしたので、リベンジ山リストが増えました(笑)
この暑い夏にはどこの山を選んでいいのか、、、迷います。
雁戸山、トライ準備開始しました。
とむかの
2012/08/27 22:13
P&Gさん今晩は。
単独でも歩ける簡単な沢でしたが、涼しい山を堪能できました。
群馬の暑さは想像もできない程です。体温に近い気温は経験がありませんよ。
当地もトンボ達は未だ山から下りてきません。でも秋の虫達が鳴き始めました。
SONE
2012/08/28 03:05
とむかのさん今晩は。
余り危険な場所がないコースですが、沢装備は必要ですね。
秋の紅葉期の船形は見事でしよ。
不忘山、暑さで登れませんでしたか。暑さの中での登山に慣れていないと厳しかったかもしれませんね。
山での暑さ対策は@夜明けとともに登る。A標高の高い地点の登山口から登る。B標高1500以上の山を選ぶ。これしかありません。雁戸山も暑いので、やはりリフト等が利用できる月山か天元台から西吾妻山、安達太良山あたりが楽でしょうね。
SONE
2012/08/28 03:13
防水カメラは何をお使いですか?
なかなか良く撮れていると思います!同じアングルの静止画が有るのは動画から切り取ったものでしょうか!?あと最後登山道と合流したあと手前に来てますが実際には左に登山道を登ったんですよね♪
私はフライロッド持って釣りながらのんびり登ろうと思います(^.^)/~~~
Vega
2012/09/05 13:59
Vegaさんコメントありがとうございます。
使っている防水デジカメはPanasonicのFT4です。
AVCHD記録の動画が撮影できるので購入しました。
静止画は動画の切り取りではなく、同じ構図から静止画を撮影したものです。
沢が終わった地点は左手に見える登山道が升沢小屋への道で、山頂へは右折になっていますよ。
10mの滝から先は魚影はなくなっておりました。
SONE
2012/09/05 22:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.8.22 船形山(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる