東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012.12.16 大六天山(宮城・牡鹿半島)

<<   作成日時 : 2012/12/17 23:09   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 12

午前中はお歳暮を買いに行って、その後に父の見舞いに行ったため、あまり行動時間が長い山に登れない。
父が入院している病院は仙台市東部にあるので、、牡鹿半島の基部にある大六天山に登ってみた。
この界隈の山は東日本大震災以来、津波被害を見るのが恐ろしくなって行く気がしなかった場所である。

【 12/16 大六天山(440m) 宮城・牡鹿半島 】
針浜登山口〜稜線〜鷹取場公園〜送電線鉄塔〜大六天山〜三国神社(往復)

北上川にかかる日和大橋から石巻市街地を眺めると、津波被害の酷さに愕然とした。
日和山から南側の住宅地が全て無くなっていて、津波で被害を受けた車両が累々と積み重なっている。
その後、渡波地区を走行するが過日の住宅地が立ちならんだ風景はそこには無く、櫛の歯が抜けたように空き地が点在していた。
万石浦の北岸を走行するが、途中にマリンパル女川の仮設店舗がオープンしていて、帰りに立ち寄ってみることにする。

壊滅した女川市街地には入らずに万石浦東岸の針浜方面に右折する。
浜の中ほどを左折すると林道に入り、2km以上走行して登山口に到着。
当初は送電線の巡視路を利用して周回しようと考えていたが、下山口が定かでなく、時間も押しているので、その試みは次回の楽しみとする。

荒れた林道から暗い杉林を抜けると、牡鹿コバルトラインを眼下に見た稜線歩きとなる。
出発時間が午後1時半を過ぎていたので、年間で一番日の短いこの時期には夕方のような感じだ。
画像


冬場の石巻地方は風が強いことで有名だが、平野部を吹き抜けてきた季節風が牡鹿半島にぶつかり、稜線歩きは強風にあおられながらの辛い行程となる。

途中の伐採地から目指す大六天山が望める。
画像


北東には出島が冬の青い海に浮かんでいる。
画像


伐採地の途中で3頭のニホンジカが凄いスピードで逃げっていった。
ピーピーと物悲しい声で鳴いている。
牡鹿半島では農作物を荒らすニホンジカは有害獣として狩猟の対象となっている。

アンテナのある大六天山が近づいてきた。
画像


道を外れて鷹取場公園を目指す。
コンクリート製のベンチと、錆び付いた展望台があるだけの打ち捨てられた公園である。
画像


公園の西側の送電線鉄塔は毎度立ち寄る展望地である。
万石浦の先に石巻市の渡波地区が霞んで見えている。
画像


南には300〜400m級の山を連ねる牡鹿半島と、その奥に金華山の三角形の山容が見えている。
画像


自衛隊のレーダードームのある上品山
画像


鷹取場公園に戻り、先にある大六天山山頂を目指す。
途中で倒木を避けて杉林を迂回した。
アンテナ保守道路を登っていくと東北電力の通信アンテナがある山頂に着くが、一等三角点以外は見るものがない山頂だ。

手前の分岐を左折して暗い杉林を歩いて行くと、三国神社に着く。
驚いた事に地震によって鐘楼が倒壊していた。いい音を聞かせてくれた鐘が倒壊した建物の下に見えている。
画像


可愛らしい子供連れの狛犬を見て。
画像


三国神社にお参りした。
画像


東側に広がる太平洋を眺めながら、ハンバーガーの遅い昼食を急いで食べる。
風が冷たくて長居はできず、直ぐに往路を戻った。
下山時には太陽も大分傾いて、夕方になっていた。
梢越しに望郷山がオレンジ色に輝いて見える。
画像


この山には2年前の夏に登った。
マリンパル女川に生ウニを買いに行ったついでに登ったのである。

あの頃の海はとても輝いて見えたが、津波で壊滅的な被害を受けた今となっては、牡鹿コバルトラインを走る車の音も一切聞こえず、何か寂しさを感じる山となっていた。
震災の被災地にとって、政治に求めているのは一早い復興なのである。

GPS軌跡です
画像


動画です。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
大六天山は歩いてみたい山でした。
野次馬になりたくないと思って被災地に近付くのを敬遠していたのですが、遠目であっても、行って感じることが大事ですね。
来年は阿武隈の山と共に海沿いの山へも足を運びたいものです。
morino
2012/12/18 21:12
ここは先代マロを連れて行きました。
何と、夜中にダニ取りをしまして50数匹も…。
今の時期ならダニ来なーず、ですかね。(^o^)
マロ7
2012/12/18 21:16
morinoさん今晩は。
鹿に出合えたりしてなかなか趣のある山ですよ。
もう津波被災地の瓦礫も片付いて、野次馬っていう感じではなくなっています。
でも以前の町の姿を覚えているので哀しくなりました。
産直店などでお金を落とすことも復興の一助でしょうね。
SONE
2012/12/18 22:39
マロ7さん今晩は。
ダニ50匹ですかぁ(驚)
あの界隈にいる鹿は想像もできないほどダニが付いているのでしょうね。
今は全然ダニがいなかったですよ。
SONE
2012/12/18 22:40
牡鹿半島はあまり行きませんが、夜には鹿が道路にでています。
ダニもいますが山ヒルが多いと聞いています。
yuji
2012/12/18 22:58
SONEさんも見ましたか、日和大橋からのあの眺め。
橋のたもとに市立病院があったんです、そこに母をつれて通院してました、金曜日が予約日だったのでもし震災まで母が生きていてくれたら正しくあの場に居たかもしれないと思うと本当に怖いです。
あの病院に務めていた同級生は3日間動けず4日目自力で東松島市の自宅まで帰ったそうです。

この山の名前、初めて聞きました。牡鹿半島か・・・・暫く行ってませんね。
とむかの
2012/12/18 23:29
yujiさん今晩は。
牡鹿半島の名前のあるピークは全て登りましたが、登山対象となるのは大六天山と光山のみお勧めできます。
夜間に鹿が道路に出ているとは危ないですね。この山に夏に登ったときにはダニもヒルもいませんでした。
薮に入るとやばいのでしょうか。
SONE
2012/12/18 23:51
とむかのさん今晩は。
石巻には従兄が3人おりますが、その内2人の家が津波被害を受けました。
日和大橋からの眺めは唖然としてしまいましたよ。
私立病院の建物だけが残った感じですね。目の前が海ですから津波を体験した方はさぞや恐ろしかったと思います。
大六天山は陽だまりハイキングにお勧めの山ですよ。大海原が眼下に見えます。
SONE
2012/12/18 23:55
あらら…
あのカネが壊れてましたか。
いぎなり雪降った時に行ったよなあ〜
タッシー
2012/12/19 13:37
鐘が倒れてて残念ですね。街の復興が優先ですので仕方がないですが。
政府が変わって復興が進むことを祈るばかりです。
みいら
2012/12/19 16:54
タッシー今晩は。
あの時は神社までラッセル状態だったよね。
いい音聞かせてくれた鐘なのに、地元は被災したのでしばらく直せないだろうね。
SONE
2012/12/19 21:28
みいらさん今晩は。
歴史ある神社ですが、周辺地域が全て津波被害を受けているので、鐘の補修は二の次でしょうね。
新しい政府は復興以外にも公共工事をやりまくる雰囲気ですね。
SONE
2012/12/19 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012.12.16 大六天山(宮城・牡鹿半島) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる