東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年の登山を振り返って

<<   作成日時 : 2012/12/20 19:27   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 24

今年は昨年3月11日の東日本大震災後の消費マインドの冷え込みも改善し、仕事がコンスタントに入ってくる年でした。繁忙期には土曜日も仕事をしていたため、なかなか好天の時と登山の日程が合わない場合が多かったです。
冬山シーズンは昨年他界した母の私物の整理や四十九日の法要で雪山に行ける機会を逸してしまいました。
父を独り置いて泊りで山に行くのも心配だったため、夏場にキャンプしながらの登山も控えざるを得ない状況でした。
そして現在は父が脳梗塞で入院し、容態が芳しくないことから何となく気が重い年末となっております。

しかし数十年ぶりに再開した沢登りは今年の新機軸と思っています。
年齢が年齢なので余り無理をして難しい沢に突っ込むのは避けるつもりですが、今後は登れそうな沢には積極的にトライしてみようと思っております。


個人的に残念だったのは福島第一原発の事故以来、キノコや山菜で基準値以上の放射性物質が検出されている地域が多く、常に登った山の空間線量を頭の片隅において、自由に採取できなかった点があります。
半減期 30 年のセシウム 137 と半減期 2 年の セシウム134が主だった汚染物質ですが、 除染をせず、また、セシウムがいっさい流れていかないとしても、放射線量は着実に減って 2 年で当初の約 6割になり、3 年で当初の約 5 割になるそうです。
人によって除染され管理された農作物と違い、野生のキノコや山菜は内部被ばくの危険を考えて、少なくても事故後3年間は空間線量の低い地域で採取するのが望ましいと思っています。
その意味で秋に登る山がかなり限定されてしまいました。

また山行の動画についてはマンネリ気味になっており、新たな編集方法を考えている最中です。
そして撮影機材のコンデジの調子が少し悪くなっていてコマ飛びを起こすようになりました。
やはりコンデジでの動画撮影には限界があるようです。
You Tubeにアップした動画はトータルで200本を越えましたが、動画を閲覧数はブログ記事の閲覧数の1/5程度です。それだけ動画を閲覧できるPCやネット環境にない方が多い現れだと思っています。


________________________________________________

それでは最初に (1)拙ブログ記事の閲覧数(’12 12/20現在)トップ10  をご紹介します。簡単に言えばMyブログ記事の’12人気ランクです。

(注)ウェブリブログのシステムトラブルにより、10月から11月初旬にかけてアクセスカウンターが止められていた期間があり、今年の閲覧数は正確な数値にはなっておりません。



第10位 2/22  熊野岳(宮城・蔵王連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1077
*宮城県唯一の百名山、蔵王連峰の熊野岳の冬を知りたい方が多いんでしょうね。
この日は好天に恵まれて、発達した樹氷の姿が素晴らしかったです。
地元の私でもこんな良い天気に恵まれるのは稀なんです。

刈田峠付近の樹氷原と杉ヶ峰
画像




第9位 8/22   船形山(宮城・船形連峰)・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1095
*大滝キャンプ場から保野川を遡行して升沢小屋に出、その後に山頂を極めました。
この山も宮城県では人気の高い山です。拙ブログが宮城県の岳人に多く閲覧されている証拠でしょうか。

保野川の二条の滝。一カ所だけ高巻きした滝を除いて初心者向けの沢でした。
画像




第8位  7/18   名号峰から熊野岳(宮城・蔵王連峰)・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1147
*またまた蔵王の最高峰:熊野岳が登場です。
コマクサが一番見ごろを迎えた時期の登山で、中央蔵王の中でも見どころが多いコースとなっています。

蔵王のシンボル:御釜。このアングルから撮った写真は数限りなくあります。
画像




第7位   6/30   月山(山形・月山)・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1161
*おそらく東北の山でもネットの検索数が1〜2位を争う山ではないでしょうか?
一番メインの姥沢から登った記事ですが、花の情報を求めて見に来ていただけるのでしょうね。
クロユリが満開で、ちょうど良い時期の登山でした。

ハクサンイチゲと月山山頂。手軽に花を楽しめる素晴らしい山です。何度登っても飽きませんね。
画像




第6位  6/28   祝瓶山(山形・朝日連峰)・・・・・・・・・・・・閲覧数  1209
*マスさんがずっと前から登りたいと言っていた朝日連峰の南端に位置し、東北のマッターホルンと呼ばれる祝瓶山。
ヒメサユリが見ごろで、しかも晴天に恵まれ思い出深い山となりました。

祝瓶山が見上げる角度で急峻に立ち上がっている。
div align="center">画像


第5位  2/11   仙山線・冬の小さな旅(山形・山寺)  ・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1233
*山形駅前にて山仲間が集う新年会があるので、仙山線を利用して山形に向かいました。
その途中で雪の山寺に立ち寄りましたが、鉄道ファンに見に来て頂いた記事だと思います。

山寺からの俯瞰。モノトーンの世界が広がっていました。
画像



第4位  6/03   虎毛山(秋田・虎毛山地)・・・・・・・・・・・・閲覧数  1351
*山頂の南東側に3haの広大な高層湿原を持つ山として東北の岳人に愛される虎毛山。
山背の影響を受けにくい山なので、晴れているのを期待して登りに行きました。
ちょうど山開きと当たり、普段では見られないほど多くの方が登っていました。

ようやく姿を見せてくれた虎毛山。灌木に覆われた穏やかな山容をしている。
画像




第3位  5/27   倉手山(山形・飯豊連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1430
飯豊連峰の大パノラマが至近距離で見られるので大人気の山が倉手山です。
この日も考えられないほど沢山の登山者で山頂がごった返してしました。

烏帽子岳、梅花皮岳、北股岳と並ぶ飯豊連峰北部の巨峰群
画像





第2位  6/15     屏風岳から不忘山(宮城・蔵王連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1817
*記事をアップする度に沢山の閲覧数を記録するのが、南蔵王の不忘山です。
宮城県一の花の山なので、その開花状況を知りたい方が多いのでしょうね。
この日は太平洋側の雲海が素晴らしい一日でした。

芝草平では満開のチングルマが出迎えてくれました。
画像





そして2012年度の一位は



第1位  1/29   太白山(宮城・仙台市近郊)・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1965
*この一位は意外な結果でした。
太白山は区の名称にもなっていますが、ほとんど仙台市民しか知らない地元の里山なんです。
この日は長く歩く事に拘って、三居沢不動尊からアップダウンの続く遊歩道をつないで太白山に至った、変則ルートが評価されたと思います。冬場の里山でもロングコースは採れるものなのです。

尾根道を進むと目指す太白山の尖った山容が望めた。
画像



【総評】
今年は一般登山道を歩くケースが多く、マニアックな山の登山はとても少ない印象です。
動画を撮影しながら登るパターンなので、歩行スピードも抑え気味になっています。
静止画の撮影に比べて、動画の撮影は数倍の時間を要するんですよ。
でも帰宅後に編集して、最終的にブルーレイレコーダーのHDDに落とし込んで、大きな液晶TVで観る楽しみは臨場感の点で写真の数倍楽しいものです。
再開した沢登りで少し登山の視野が広がった感じがします。
但し沢で撮影する動画や写真は閉鎖的空間なので、特徴ある滝以外はほとんど同じに見えてしまいます。
撮影を考えるとやはり従来の尾根歩きがメインで、沢は気が向いたときに行くことになりそうです。

新規に登頂したピークは少なかったけれど、何度も登った山でも新たな発見があったり、自分の登山はより大人の余裕が出てきました。がつがつピークハントをする歳ではなくなってきましたね。


【12/22追記】
この記事を書いているときは閲覧数は下位の記事でしたが、今日確認すると急激に閲覧数を伸ばし、終に9位に踊りこんだ記事がありました。

それがstrong> 11/14   新たなスパイク長靴・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  1129です。
2009年の9月1日にアップした『ついに最強のスパイク長靴をゲーット!』は私のブログ記事としては想像を絶する閲覧数になっていて(閲覧数は一記事でなんと・・・22日現在 30852件)、スパイク長靴の記事は書いている方が少ないものか? 読者の関心が高いみたいです。
検索エンジンで検索するとスパイク長靴のブログ記事では私の記事が必ず上位に来ていますね。
上記の記事も今後どんどん閲覧数が伸びていくと思います。


________________________________________________


次に閲覧数は一切関係なく (2)私自身が今年一番記憶に残った山行トップ10 を発表します。


第10位  9/18   御所山・道元峡から層雲峡(山形・船形連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 792
*尾花沢の御所山荘を起点に、道元峡から層雲峡を経て御宝前追分(1291m峰)まで登りました。
沢装備で登ったので、登山道や鎖に制約されず沢通しに歩いたのは面白かったです。

青白い淵が不気味な瀞淵。とても登山道とは思えない険しさ・・・
画像





第9位   6/24   磐梯山(福島・磐梯山)・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  873
*特産種のバンダイクワガタの花を見に行きました。ちょうど見ごろの時に当たり、意にかなった登山となりました。
ついでに櫛ヶ峰のピークを踏めたのも楽しかったです。

櫛ヶ峰から見た磐梯山。爆裂火口である険しい東壁が壮絶に見える。
画像






第8位   12/02   木幡の幡祭りと口太山(福島・阿武隈山地)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  387
*毎年12月の第一日曜日に福島県二本松市の木幡にて開催される『木幡の幡祭り』を山仲間と見に行きました。
長年憧れていた冬のお祭りを見れて、地域の方の暖かさに触れた最高の山旅となりました。

色とりどりの五色の幡が冬空にたなびく光景はとても優雅な感じがする。
画像






第7位   4/28   湯ノ沢岳から母狩山(山形・摩耶山塊)・・・・・・・・・・・・・閲覧数  721
*1000mにも満たない標高であるが、湯ノ沢岳から母狩山への縦走は、豪快な景色が楽しめる魅惑のコースとなっています。
この縦走路はお気に入りで今回で3回目の再訪でしたが、何度歩いてもいいです。

振り返るとだまし母狩の奥に歩いてきた縦走路が見えていた。湯ノ沢岳はかなり遠い。
画像





第6位   10/7   栗駒山:麝香熊沢(宮城・栗駒山)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  734 
*東北随一の紅葉の山:栗駒山に湯浜温泉から麝香熊沢を遡行して天馬尾根に抜け、湯浜コースを下る行程で歩いてきました。混雑する登山道をよそに貸切に近い栗駒山の秋を楽しみました。

赤沢出合からおよそ20分で核心部のゴルジュに出る。
画像





第5位   8/11   裏岩手縦走路(岩手・八幡平)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  785
*愛知の岳友人sakaさんと松川温泉から瞼岨森〜諸桧岳〜畚岳を越えて、アスピーテラインの山頂に抜けるロングコースを歩きました。静かな縦走路でした。

最初のお花畑、ここはタチギボウシが花盛りであった。
画像





第4位   4/15   大頭森山から明手山(山形・朝日連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  708
*大頭森山(だいずもりやま)は山形県西川町と大江町の町境にある標高984mの低山で、積雪期には朝日連峰の大パノラマが見られる山として有名です。
積雪期の山としては難しい山ではありませんが、これほど凄い風景にはなかなかお目にかかれません。

小朝日岳、大朝日岳、中岳、西朝日岳の巨峰群。
画像




第3位   4/21   高曽根山(福島・裏磐梯)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  429
*以前から登りたいと思っていて、なかなか登る機会がなかった『喜多方三山』、そして会津百名山の一座:高曽根山(こうぞねやま)にやっと登る機会を得ました。
仙台から行くと峠越えも多く、冬場は意外に行きにくい山だったのです。
取りつきの蘭峠は伊達正宗が会津の葦名家を滅ぼそうとして、現在の喜多方市を攻略する拠点となった歴史の地です。

磐梯山は見慣れないアングルで壮絶な爆裂火口を見せていた。
画像





第2位   5/21   三本槍岳(栃木県・那須連峰)・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数  931
*金環日食を見るために仕事を休んで栃木県の那須に足を運びました。
個人的に今回の金環日食は峰の茶屋跡のベンチで見るのが一番ベストと思っていましたが、思惑通りに見事な天体ショーを満喫できました。
そのついでに三本槍岳にも登り、思い出に残る一日となりました。


そして4分弱の金環日食が始まった。
画像






そして、今年一番心に残った山行はコチラです。


第1位   8/26   一切経山(福島・吾妻連峰)・・・・・・・・・・・・・閲覧数  856
*吾妻連峰の沢コースである大倉深沢を遡行して五色沼湖畔に抜け、一切経山の山頂に至る変則コースを歩いてきました。
吾妻連峰の桃源郷:谷地平から大倉深沢を遡って、五色沼に抜ける登山道が過去に存在していて、その道を歩いてみたいと思い描いていましたが、Mt.Raccoさんから大倉深沢へのお誘いを頂き、急遽沢装備を揃え、沢登りを再開するきっかけになった山行であります。
五色沼西岸まで薮漕ぎなしで遡行できる秀逸なコースでした。

谷地平湿原の北側が入渓点となる。
画像




________________________________________________

今回の自己ベスト10は沢登りや残雪期の山が中心となっています。
新規に登頂した山は僅かで、既登の山が多いですが、心と体に余裕を持って登る山に指向が変わってきた感じがします。やっと自分も大人の山旅がわかる年代に入ってきたようです。

今年も文章が長い拙ブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。来年は公私ともに穏やかな年になって欲しいものです。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
今年もいいお山に連れてっていただきました。(^o^)
外したお山はこのつぎに期待しましょう。
御所山・道元峡から層雲峡は最高でした。
マロ7
2012/12/22 14:56
今回も素晴らしい光景の画像を楽しませていただきました。
高曽根山のブナ太郎は、何年か前に日本で第2位の幹回り(あがりこを除く単一木として)に落ちてしまいましたが、また訪れたいと思っています。
みどぽん
2012/12/22 15:42
今年もお世話様でした。
SONEさんの記憶に残ったベスト10に4回も同行させていただいたとは…。
もちろん私のベスト10にも入っていますよ。ありがとうございました。
いつものことながら、記事を読むと「ここ行きたい!」ばかりでした。
来年もよろしくお願いします。
morino
2012/12/22 21:28
写真を見て、記事を読んで、登ったつもりにさせていただきました。
きれいな写真を見て、自分も上手に撮影したいと思いました。
仕事に活かすこともありました。ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
yuji
2012/12/23 00:02
今年も一年、素敵な山の写真と情報をありがとうございました!
太白山が1位とは意外でしたが、私も地図と見比べながら何度も記事を読ませていただいた一人です(^^;
(近くに住んでるのに、こんな歩き方を考えたことがなかったので、すごく新鮮でした!)
私としては、3年前から山の参考にさせていただいてたSONEさんブログにコメントできた印象深い年になりました(^^)
来年も山情報&素敵な写真&アドバイスなど、何卒よろしくお願いいたします!!
うめ
2012/12/23 08:22
マロ7さん今晩は。
あまりご一緒できた山は少なかったですが、それぞれが思い出に残る山でした。
層雲峡は一人で歩くより皆で歩けて楽しかったですよ。
SONE
2012/12/23 16:47
みどぽんさん今晩は。
2山だけでしたがご一緒できて、キノコも採れて最高でした。
高曽根山のブナ太郎は一度見たいと思っておりますが、あの尾根から山頂を目指すとかなりな急斜面だそうですね。
SONE
2012/12/23 16:49
morinoさん今晩は。
特に一緒に残雪期に登った山が印象深かったですね。
morinoさんにとっても楽しい思い出になって何よりです。
来年もよろしくお願いいたします。
SONE
2012/12/23 16:51
yujiさん今晩は。
>写真を見て、記事を読んで、登ったつもりにさせていただきました。
こう言っていただいて光栄です。写真はかなり適当に撮影しておりますが、被写体がいいのでようね(笑)
来年は是非ともご一緒したいですね。
SONE
2012/12/23 16:53
うめさん今晩は。
マニアックな山も多い私のブログですが、参考にしていただいて嬉しいです。
太白山の閲覧数一位は私も驚きました。
変わったルートでの登山だったので、皆さん新鮮に感じていただいたのかな?
記事の文章は固く、気難しい親父の印象ですが、実際はそんな事ないですよ(笑)
何か分からないことなどがございましたら、お気軽にコメント下さいね。
SONE
2012/12/23 16:57
こんばんは〜。
困った時はSONEさんの記事を参考にさせていただきました。
そして、これからも(^_^)
ありがとうございます。
来年はぜひご一緒してマスさんの甘味をいただきたいと狙ってます!
ナカシィ
2012/12/23 20:39
ナカシィさん今晩は。
変な山に登ることが多いので参考にならなったのでは(笑)
でも何時も閲覧いただきありがとうございました。
来年はまたご一緒したいですね。先ずはスキー練習かな。。。
SONE
2012/12/23 23:15
近場の里山に行きたいと言う山部山行を優先させた為、結局今年は一度もご一緒できませんでした。
来年は是非どこかご一緒したいですね。
みいら
2012/12/24 09:59
太白山が1位とはホント以外でしたね。なかなか行く事の出来ない山旅を紹介してくれて、自分も気持ち和ませております。これからも人があまり行かない山を楽しみにしてまーす。
くまたか
2012/12/24 11:56
みいらさん今晩は。
膝の状態もだいぶ良くなられたみたいですので、来年は是非ご一緒したいですね。
懸案になっているあの山にも・・・
SONE
2012/12/24 20:47
くまたかさん今晩は。
太白山は一位は全く想像もしておりませんでした(笑)
山形では登っていない山、また登りたい山が沢山ありますので、来年もがっちり登りたいと思っております。
SONE
2012/12/24 20:49
ランキング、私は気になった山を数回繰り返し拝見させてもらいました。動画と音楽のセンスに、soneさん の人なりや人生経験を失礼<(_ _)>かつ勝手ながら(@_@)かいま見た感じをしていますよ。お父上さま、どうぞお大事になさって下さいませね。そして、来年の山行を楽しみにしています。
くんくん
2012/12/25 12:32
くんくんさん今晩は。
後半のお気に入りランキングは私の山の指向がもろに反映されていますね。
音楽については動画の尺に合うものを探すのに苦労していますが、音楽の趣味で人なりが分かってしまうのですかぁ(笑) う〜ん・・・過激な曲は使えませんね
父は脳梗塞と同時に腰を痛めてしまって、おそらく年明けと思いますが転院する事になりました。
腰が治って少しでも歩けるようになる事を祈るばかりです。
最近は既登の山に動画を撮影するために登り返している感じです。
来年も拙ブログをよろしくお願いいたします。
SONE
2012/12/25 19:43
SONEさんおはようございます。SONEさんのブログに出会って山に行くようになって一年が過ぎました。この三連休に今年最後の丹沢、畦ケ丸に登り、後は春までSONEさんの過去のブログをじっくり楽しみたいと思います。祝瓶山と御所山がベストブログでした。
翔パパ
2012/12/26 07:47
翔パパさんこんにちは。
私のブログがきっかけとなって山が好きになった方が増えてとても嬉しいです。
丹沢から冬富士が綺麗に見えていたでしょうね。
来年も拙ブログをよろしくお願い申し上げます。
SONE
2012/12/26 12:19
山にいけない分、仕事があった事は良かったです。
でもお父さんの具合の悪いのが気がかりすね。
私には馴染みの少ない山が多いですがどの山も魅力的です。
アルプスや八ヶ岳などと比べ静かですね。
どこも自然豊かであり高山植物が豊富でブログを見るといって見たいと思う山ばかりです。
ミニミニ放送局
2012/12/29 16:22
ミニミニ放送局さん今晩は。
昨年は震災の影響で仕事が全然出来ない状態が続きましたが、今年は仕事面では充実しておりました。
父親の腰の治療は長期戦になるそうで、リハビリで何処まで歩けるようになるかが心配です。
私の登っている山は有名山が少ないのですが、毎回閲覧していただいて恐縮しております。
東北の山はまだまだ静かで原始性が残されていますね。
今年はいろいろお世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。
SONE
2012/12/30 00:16
素晴らしい山旅にご一緒できたことに感謝です。
あそこもここも行きたかったぁ〜と思う所ばかり・・
1年無事仕事、介護、山行と健康で過ごせて良かったですね。(私も)
来年のベスト10に何回ご同行できるか?よろしくお願いしますね〜

maronn
2012/12/30 16:20
maronnさん今晩は。
今年もお世話になりました。
maronnさんもいい山に沢山登れた年になりましたね。
来年もよろしくお願い申し上げます。
SONE
2012/12/30 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年の登山を振り返って 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる