東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.1.19 撫倉山(宮城・七ッ森)

<<   作成日時 : 2013/01/20 12:09   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 12

夜に降った雪が朝方アイスバーンになっていて、道路の雪が融けるのを見計らって自宅を出た。
時間があまりないので月並みだが七ッ森の撫倉山に登ることにした。

【 1/19 撫倉山(359m) 宮城・七ッ森 】
信楽寺跡駐車場〜七ッ森遊歩道入口〜アヤメ園〜おどろき展望台〜撫倉山〜蟻の戸渡り〜境〜梅の木平展望台〜おどろき展望台〜アヤメ園〜七ッ森遊歩道入口〜信楽寺跡駐車場

途中で交通事故があり通行止めで大きく迂回したため、登山口に着いたのはお昼近くになっていた。
駐車場に登山者のものと思われる車が他に2台。
晴れた週末にしては少ない印象。

最初は松倉山にも登るつもりであったが、分岐のところからラッセル跡が皆無で、膝までの積雪量があり断念する。

七ッ森遊歩道入口の傍にある民家まで除雪されていた。
松倉山が民家の裏山風に見える。
強風に飛ばされた雲が、足早に東に流れていた。
画像


新しいラッセル跡が二つ。
一つがスノーシューの方。もう一つが長靴の跡らしい。
平均積雪が30cm程度で、日当たりが良い場所は10cm。吹き溜まりで40cmあった。

小沢を渡る手前で気配を感じて立ち止っていたら、遊歩道の正面から大きなイノシシが歩いてきた。
写真はネットで見つけてきたものだが、実際見たのはこれより一回り大きく、色は灰色をしていた。
画像


今まで七ッ森でイノシシの痕跡を見たことがなかったので驚いてしまう。
やっこさんは立ち止まって横を向いていた。こっちには気づいていない様子。
その距離12m。(後で歩幅で測ってみた。)
戦車みたいに向かって来られるのが怖いので、動かないで観察していたが、日中の明るい中でイノシシをじっくり
見たのは初めての経験であった。
写真を撮ろうと、コンデジを取り出し、電源を入れたところで、イノシシはこちらに気がつき凄い勢いで逃げてしまった。

逃げた時のイノシシの足跡。長辺15cmもある。カモシカの足跡よりも幅が大きい。
画像


おどろき展望台から撫倉山への直登コースを採る。
スノーシューの方は梅の木平方面へ、長靴の方は直登している。
一部足場の悪いトラバースがあるので慎重に登る。

尾根に出たことろで一気に積雪量が増える。
画像


稜線はミニミニ雪庇が出来ていて、一番深い吹き溜まりのところは股まで積雪量があった。
西側の雪が飛ばされたところを中心に登る。
画像


山頂直下で長靴の登山者が苦労しながらラッセルしていた。
少し遅れて私も撫倉山頂到着。トレースを使ったことの感謝の意を述べる。
画像


山頂は西側の展望が得られないが、東側の展望は素晴らしい。
雪で白くなった田園風景の中に丘陵地が複雑に伸びているのが分かる。

最初登る予定だった松倉山
画像


大和町吉岡の街並みも眼下に見える。
画像


長靴の方は山頂でほとんど休まずに往路を引き返していった。

雪を整地して昼食を食べようと思ったが、強風が吹き抜けて寒いので、おにぎり一個だけ食べた。
北側の境に下るには雨具着用が必須なので、急いで着る。
雪の付いた岩稜を三脚を持っては下れないので、これもザックに付けて下る準備完了。

天狗の相撲取り場は危ないので岩場に登らずにトラバース道を下る。
蟻の戸渡りの迂回路は稜線の風下をトラバースするので、膝上までのラッセルで通過。
その先にあるアルミ梯子は雪に埋まっていて、足で雪をかき落としながら下った。
岩場の足場が雪で分からないので、一歩一歩足場を足裏で確認しながら下るので時間がかかる。

ロープ場が始まる場所で視界が広がる。
強風で身体が煽られるために三脚を使った動画撮影は無理。
片手で木に掴まりながら身体を固定して北西に連なる七ッ森の山々を撮影した。
画像


ここに来て、泉ヶ岳と北泉ヶ岳が見えないとがっかりするが、今回はばっちり見えていた。
画像


境まで続くロープ場。
夏場にはあまり必要がないロープであるが、雪が付くとロープなしでは危険過ぎる岩稜の下りとなる。
雪で埋まったロープを引っ張りだしながら下っていった。写真や動画を撮る余裕なし。

途中で撫倉山山頂を振り返る。
天狗の相撲取り場の下にある岩稜が良く見える。
画像


最後は膝ラッセルで境まで下りきった。
スノーシューの方のトレースは境まで来ていて、そこから引き返した模様。
14日の大雪の後で、撫倉山北稜を歩いたのは私が最初だったらしい。
緊張感満点で面白かった。

この後は杉林の中の単調な下りが続く。
梅の木平展望台で残ったおにぎりを食べたが、風が強くて寒い。
画像


梅の木平分岐からおどろき展望台に登り返す。
午後の日に逆光になった笹倉山が見えていた。
画像


雪がない時はハイカーが大勢訪れる山であるが、大雪は低山にも関わらず難易度が高い魅惑の山に変えてしまう。


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり、合羽ズボンを初めからはいて行ってきました。
今日は昨日より山稜展望がイマイチでした。
この日の泉ヶ岳前衛峰の展望は素晴らしいかったですね。(^o^)
マロ7
2013/01/20 16:30
1/14の大雪で皆さん敬遠しているのでしょうか。ナカシィさんの戸神山も踏み跡無しでしたね。
イノシシと遭遇はこわいですね。
yuji
2013/01/20 17:27
マロ7さん今晩は。
かなりな積雪量だったでしょう。
今日も近場の山に行く予定でしたが、脊梁山脈がさっぱり見えず、風も強かったので止めにしました。
この日は午後からいっきに晴れましたよ。
SONE
2013/01/20 18:35
yujiさん今晩は。
里山と侮れないほどの積雪量でしたから、皆さん諦めたのでしょうかね?
晴れた日には何時も人が登っている戸神山も同じ状態でしたか。
イノシシとは出合頭で会わなくて良かったです。下手したら突進してきたでしょうね。
SONE
2013/01/20 18:38
こんばんは〜。
七ツ森と戸神山、どちらにしようか迷って戸神山にしました。
七ツ森に行ってたらお会いできたかな(^_^)
ナカシィ
2013/01/20 18:44
ナカシィさん今晩は。
ほとんど同じような時間から登り始めていますので、七ッ森だったらお会いできたでしょうね。
お誘いすれば良かったですね。
SONE
2013/01/20 18:50
えー、七ツ森にイノシシですか。
大倉あたりまでと思っていたのですが、こちらまでいるとは。
冬山は虫、蛇、クマがいないので大好きだったのですが、
冬眠しないクマに加えてイノシシとは・・・。
morino
2013/01/20 21:17
青空のもと展望がいいですね。ポコポコした七ツ森の山々もおもしろいです。低山といえど、積雪期なりの難しさもあるのでしょうね。
みどぽん
2013/01/20 23:04
morinoさん今晩は。
最近またウェブリブログの調子が悪いですね。コメントが上手く反映されません
しかしイノシシの生息域の拡大は恐ろしいものがありますね。
今の時期に何を食べているんでしょうか?
あまり遭遇したことない動物なので、どう反応示すかが全然分かりませんよ。
SONE
2013/01/21 17:37
みどぽんさん今晩は。
風が冷たかったですが、すっきり晴れると楽しいですね。
本当は2〜3山登る予定でしたが、雪が多すぎて断念しました。
SONE
2013/01/21 17:39
イノシシですか!定義界隈ではヌタ場でたむろしていたところ見ましたが、七ツ森にもですか。また妙な金網が増えなきゃいいんですが。
tom
2013/01/21 22:35
tomさん今晩は。
おそらく私が七ッ森でイノシシと遭遇した最初の人間だったかもしれませんね(笑)
あの界隈の農家さんはイノシシ対策をしていないので、今後農作物が荒らされないか心配です。
s
2013/01/21 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.1.19 撫倉山(宮城・七ッ森) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる