東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.1.23 泉ヶ岳(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2013/01/24 19:54   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

経理の仕事が溜まっているのだが、朝から晴天で気持が落ち着かない。
そんな訳で仕事を投げ出して近場の泉ヶ岳に出かけた。

【 1/23 泉ヶ岳(1172m) 宮城・船形連峰 】
泉ヶ岳スキー場駐車場〜水神コース入口〜水神〜大岩〜賽の河原〜泉ヶ岳〜袖泉〜水神〜水神コース入口〜泉ヶ岳スキー場駐車場

しかし夜に薄らと積雪があり、車道がアイスバーンの状態だったので、車道の雪が融け始めてから家を出た。
根白石付近から泉ヶ岳を望む。良い天気だ。
画像


駐車場を出発したのは午前10時20分過ぎ。この時間だと下山してくる方も多い。
新しい泉ヶ岳少年の家やキャンプ場の建設が行われているので、滑降コースの取りつきが変わっていた。
工事の騒音があるので山に入る高揚感が全然湧いてこない。

この日は好天に誘われてかなりな人数の登山者が入山したみたいだ。
固いトレースが出来ていて、ツボ足でも問題なく歩ける。

水神平を過ぎたカラマツ林を黙々歩く。
画像


人数が数えられないほど沢山の登山者とスライドしながら水神コースを登る。
通常は大岩を過ぎた付近からアイスバーンになることが多いが、前日の積雪のためツボ足でも足場が作り易い。

賽の河原に出て、動画や写真撮影をする。
流石に午後になると雲が湧いてきてすっきりした展望は得られなくなる。
朝方見えていた蔵王連峰は雲に隠れてしまった。

やはり大好きな大東岳に目が行く。この方向からだとオビスと呼ばれる岩の筋が良く分かる。
画像


逆光の陰影で面白山も少し立体的に見えてきた。
画像


毎度見慣れた景色だが、賽の河原から眺めた船形連峰は、何時見ても爽快な感じがする。
画像


後白髪山の写真を捕っていると、手前の袖泉の尾根を歩いているパーティが見えた。
しばらく袖泉を歩いていなかったので、昼食の後に歩くことにした。
画像


広いだけで展望が効かない泉ヶ岳山頂
画像


頂稜の灌木に霧氷が付いていた。
画像


北泉ヶ岳の影に鳥海山が少しだけ見えている。少しだけ得した気分になるから不思議。
画像


残念ながら栗駒山には雲がかかっていた。
でも神室連峰がばっちり見える。左の山が小又山、右が神室山である。
画像


その右手に双耳峰をした禿岳
画像


山頂の西側は船形連峰の展望台とも言える。
そこで腰を下しておにぎりとカップ麺を食べる。
ほとんど風がなく全然寒くない。
最後にコーヒーを飲んで、飽きもせずに船形連峰を眺めていた。

船形山はかなり近く見えるが、夏場でも一日行程の距離がある。
画像


この三峰山は高校山岳部時代に憧れの山だった。
高校3年の6月に単独で泉ヶ岳から三峰山を経て、後白髪山、そして定義如来まで日帰りで歩いたのは今でも思い出になっている。
画像


泉ヶ岳の兄弟的な山でありながら、深いブナの原生林を持つ北泉ヶ岳はまったく山の質が異なる山だ。
画像


これから下る袖泉が見えてきた。
未だに雪庇は小さい印象。
画像


10人ぐらいに踏まれている感じの袖泉。展望がきく明るい尾根である。
画像


少し下って泉ヶ岳を振り返る。
画像


後はトレース通りに下って水神に出た。
ここから往路を引き返した。
厳冬期なのに登っていて凄い汗をかくくらいの日和であった。
週末はこの冬一番の寒波が襲来するらしい。


動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
主峰の前衛峰に目がいってしまいますね。
昨日は休みでしたが、山行けばよかったかなと…。
三峰は高校以来行ってません。
昨年は氾濫源から遡上計画して長倉尾根周回を考えました。
袖泉もメジャーコースになりましたね。
マロ7
2013/01/24 20:34
マロ7さん今晩は。
道のない薬師森は今年こそ登ってみたいですね。
明日から大荒れの天気になりますので、昨日は狙い目でしたね。
三峰山はなかなか行きにくい山です。大周回すれば楽しめますね。
袖泉を下った人は登頂した人の1/3はいたと思いますよ。
SONE
2013/01/24 20:52
長倉尾根は長いですね。残雪期と真夏に歩きました。
三峰には厳冬期に升沢コースから上がりました。この時期、船形山の日帰りは無理でしょうね。
yuji
2013/01/24 21:14
yujiさん今晩は。
長倉尾根を歩くと船形連峰は深いなぁ、という感慨を強く持ちます。
厳冬期にはラッセル要員が多くないと船形山までは行きつかないですね。
稀に全山アイスバーンになる時は可能ですが、ほとんどない状態です。
SONE
2013/01/24 21:22
袖泉からの開けた展望は泉ヶ岳唯一ですね。
鳥海が見えると得した気持ちになるのは同じです。
朝日や飯豊が見えると幸せになってしまいます。(^^)
morino
2013/01/26 09:50
morinoさんこんにちは。
やっと積雪量も増えて袖泉が歩ける時期になりましたね。
鳥海山見えると本当にうれしくなります。
朝日は見えていましたが飯豊は雲の中でしたよ。
SONE
2013/01/26 10:22
昨日は写真の飯豊連峰を教えていただきありがとうございます。

泉ヶ岳へ船形山を見ながらコーヒータイムしに行きたくなりました。
登頂できるかしら(^_^;)
ナカシィ
2013/01/27 18:45
ナカシィさん今晩は。
泉ヶ岳からも晴れると飯豊が見えるのですよ。
一番遠くでは早池峰山も見えました。
山形も晴れの予報の時がお勧めで、のんびりと珈琲を飲む日和になりますよ。
朝9時ごろのスタートだとトレースが付いている場合が多いです。
SONE
2013/01/27 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.1.23 泉ヶ岳(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる