東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.2.27 熊野岳(山形・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2013/02/28 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 16

樹氷が見たくなって蔵王坊平ライザワールードスキー場から熊野岳に登ってきた。
しかし余り天気に恵まれず、青空の下での樹氷は見ることができなかった。

【 2/27 熊野岳(1841m) 山形・蔵王連峰 】
蔵王坊平ライザワールードスキー場〜御田の神〜廃リフト〜馬の背〜熊野岳避難小屋〜熊野岳(往復)

記録的な大寒波が過ぎ去ったあとの晴天を期待して、今回は山形側から蔵王に登ることにした。
山形道を西進すると、二口山塊の山形神室がばっちり見える。
画像


山形市の国道13号線で渋滞に巻き込まれ、かなりな時間を要して蔵王坊平ライザワールードスキー場に着いた。
この時の気温マイナス1度。山形市内ではマイナス5度で、気温の逆転現象が出ている。
前日までの寒気が、山形盆地の底に留まっている様だ。
画像


リフト2基を乗り継いでゲレンデトップに到着。
価格は600円と非常にリーズナブル。

スキーにシールを貼って登りだす。
樹氷が発達した年だと、ゲレンデトップ付近で巨大な樹氷が見られるが、今年は枝葉が出ていて全然ダメ。

雪で埋まった蔵王エコーラインを過ぎる頃から見栄えのする樹氷が現れる。
しかし粉雪が降っていて暗く視界が悪い。

やがて微かに雲の切れ目から日差しが出てきた
画像


天気予報では午後から晴れてくる感じであるが、少しでも日差しがある時を逃せないので、あちらこちらで立ち止まって樹氷の写真を撮った。
画像


御田の神湿原に入ると、馬の背方面が見えてくる。
画像


この樹氷原の風景の奥に熊野岳が見える筈なのだが、いくら待っても姿を見せてくれない。
画像


少しでも日が当ると樹氷に立体感が生まれる。
画像


しかし晴れた青空をバックに写真を撮れなくて残念!
画像


廃リフトの下を登っていくのが冬山のコース。
クラストしていてシールでは登り難いこころがあった。

シュカブラ帯を越えて行くと馬の背に着く。
今回は熊野岳を目指すので左折する。
ガスってきて視界はさらに悪くなるが、不思議なことに御釜だけが薄ぼんやりと見えている。
画像


しかし厳冬期にも関わらず、馬の背を歩いていても全然寒くない。
と言うより冬山装備なので暑い! 手袋をしないで、ニット帽から耳を出して、ジャケットやインナーの胸を大きく開いた格好をしていても汗がしたたり落ちる。

次第にガスが濃くなってきたので、山頂までのショートカットコースは通らずに避難小屋を目指す。
ガスで雪面の凹凸が分からず、とても登り難い。

頂稜にでてから左折。薄いカンジキの踏み跡を辿って、視界10〜20mの熊野岳山頂に着いた。
熊野神社がぼーっとガスの中から姿を現す。今は雪の固まりにしか見えないが・・・
画像


熊野岳避難小屋まで戻って、そこでシールをはがす。
小屋の影で風を避けて昼食。ホットワンタンをおにぎりの簡単な食事だが、何も見えないので非常に侘しく感じた。

小屋の南斜面を滑るが、雪面の凹凸が全く見えないので、プルークボーゲンで探りを入れながら滑った。
その後は歩き&推進滑降中心で馬の背の鞍部に至る。
廃リフト沿いは滑るスペースがないので、ボーゲンでゆっくり通過し、ガスを抜けて視界が得られ、滑降スペースが広くなった場所から一気に滑り降りた。

午前中は見えなかった番城山が見えている。
画像


中丸山も山の輪郭がようやくはっきりしてきた。
画像


今回のコースは下りで歩くとリフトを使えない分、結構時間がかかるが、スキーは機動性が高く快適である。
蔵王坊平ライザワールードスキー場に帰ってきてから、空いているゲレンデを快適に飛ばして滑った。
画像


結局、樹氷以外に見どころはない山行であったが、何時も好天じゃないところに冬山の面白さがあるのかもしれない。

GPS軌跡です。(青線)

画像



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜、船形で2度お会いしたチハルです。
チラチラとブログ覗かせて頂いておりましたm(_ _)m
私はこの日、スミカワスノーパークから刈田岳まででしたが蔵王に登っていました(笑)
アイゼンにノーリフトで歩き疲れてしまい、熊野岳までは行けませんでした。
山形の樹氷の方がやはり状態は良かったようですね。
この感じだとまた、お会い出来そうです。
チハル
2013/03/01 00:32
これが青空だったらよかったですね。
お釜が神秘的でした。
おいしいラーメンは…(??)
マロ7
2013/03/01 06:45
チハルさん今晩は。
何だぁ、この日に刈田まで登っておられたのですか。
ほとんどニアミスの状態でしたね
アイゼンのツボ足では大変だったでしょうね。
刈田付近は樹氷がイマイチでしたか。
絶対何処かでまたお会いできると思いますよ。
SONE
2013/03/01 17:32
マロ7さん今晩は。
結局今年は晴れた時の樹氷が見られなかった年になりそうです。
ずっと天気が思わしくない状態でしたから、ここまで見られれば恩の字ですね。
ラーメンは別途に雑記帳にアップする予定でおりました。
SONE
2013/03/01 17:34
樹氷は光が大事ですね。青空をバックにした写真、今年は無理でしょうか。週末が荒天ばかりですね。
自分は3日に期待しています。
yuji
2013/03/01 18:32
yujiさん今晩は。
何とか3日は晴れそうな感じですが、私は用事があって山に行けません
こんな天気だと写真で立体感を表現するのは難しいですね。
SONE
2013/03/01 19:10
今年も樹氷見たいけど期待薄かなー(T.T)
とりあえず3日行ってみようかな。
morino
2013/03/01 21:31
morinoさん今晩は。
今年は大きな木の樹氷に関しては不作年だったですね。
3日、ちょっと微妙な天気予報ですが、晴れればいいですね。
SONE
2013/03/01 22:55
SONEさんこんばんわ!
7枚目の写真、非常に不思議な感じがしますね。天候曇での樹氷は幻想的というか、ちょっと怖さも見え隠れする様な・・・。
今年は私達も樹氷は見ること出来ず来シーズンに持ち越しです。
おっとSONEさんも明日お仕事ですか、うちもTOMさんが仕事なので、私はどうしようか考えてます。一人山?デビュー?う〜ん、まだ勇気がない!(笑)
とむかの
2013/03/02 19:52
とむかのさん今晩は。
マスさんが今回の樹氷の写真を見て地獄みたいだ!と言った表現が当っていますね。
一度暖かくなると樹氷は急激に落ちてしまいますので、樹氷見物は来年に持ち越しでしょうね。
明日はマスさんの用事で、彼女を車で送っていかねばなりません。
天気次第で近場の山を少しぶらついてくるかもしれませんよ。
一人で無理されないでインドアで遊ぶのも良いでしょうね。
SONE
2013/03/02 22:23
ウワーッ!怪獣が沢山いましたね。
青空こそ見えなかったもののやはり蔵王ならではの景観です。
秋に行ったイメージとは全く違う。
巨大な釜の底も凍って雪がたまっているんでしょうか
ミニミニ放送局
2013/03/03 20:26
ミニミニ放送局さん今晩は。
こんな曇った天気の日には樹氷も不気味な怪物に見えてきますね。
こんな素晴らしい自然現象を身近に見られるのは幸せな環境にあると思っております。
秋の紅葉期もいいものですが、蔵王の真骨頂はやはり樹氷のような気がしております。
御釜の湖面は冬場は完全氷結してしまいます。
強風が吹き下ろすので、あまり雪が積もらないみたいですよ。
SONE
2013/03/03 23:47
SONEさんこんばんわ!
ライザからもやっぱりいいですね。
樹氷もでっぷりしていますね。

「何時も好天じゃないところに冬山の面白さがあるのかもしれない。」
そうです、そうです。
私も何か新しい発見があるので毎年、お邪魔しています。(笑)
来年も行きますよ!!

izumi
2013/03/04 19:38
izumiさん今晩は。
ライザからは少し登っただけで立派な樹氷を見られるのがいいですね。
宮城県側だと刈田峠まで歩かないと見られませんからね。
晴れた日の雪山は素晴らしいですが、ガスっている中で突然見えてくる雪山の風景も感動しますね。
またいらしてください
SONE
2013/03/04 21:19
一度だけライザーから蔵王温泉に抜けたことがあります。
モンスターが見事ですね…
それにしても、この風景を歩きながら暑いとは!
mt.racco
2013/03/07 08:05
mt.raccoさん今晩は。
ライザから蔵王温泉に抜けた方が充実度が高いですね。
違う場所でモンスターを二度見られますからね。
2月の蔵王で暑いと感じたのは今回が初めてでした。
SONE
2013/03/07 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.2.27 熊野岳(山形・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる