東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.3.9 神行堂山から惣内山(宮城・南三陸)

<<   作成日時 : 2013/03/12 00:16   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 15

この日は船形連峰の花染山に登る予定で大和町で待ち合わせたが、折からの強風と雪が舞う天気のため、予定を変更して南三陸の神行堂山に鞍替えした。
地形図は持参していなかったが、私は何度も登っている山なので急な変更でも全く問題ない。


【 3/9 神行堂山(459m)から惣内山(380m) 宮城・南三陸 】
石の神〜尾根〜金華山碑〜神行堂山〜坂の貝峠〜白根?〜惣内山〜簡易水道施設〜山の神平〜石の神

南三陸町は海辺の町で、東日本大震災で町の中心部が壊滅的な被害を被ったところである。
一般的には余り登山と結び付かない場所であるが、北上山地の南端に近いために、少し山側に入ると登山の対象となる山が幾つか見られる。
登る対象の山を列記すると神行堂山、惣内山、貞任山、堂子山、保呂羽山、雌保呂羽山等が挙げられる。

今回はmorinoさん、maronnさん、マロ7さん、マスさん、そして初めてご一緒するtomさんの6人パーティとなった。

南三陸町入谷の山の神平に入ると、正面北側に目指す神行堂山が見えてくる。
画像


右手、東側には次に登る予定の惣内山が長い尾根を伸ばしている。
何処が山頂か同定がし難い山だ。
画像


巨石群の駐車場に車を止めて登山準備をしていると、近所の母子が散歩に出てきた。
驚いたことに飼い猫二匹がU字溝を伝って一緒に散歩してきた。
凄く人懐こい猫である。
画像


先ず謎の巨石群を見に行く。
杉林で雰囲気はイマイチだが、大きな岩がごろごろしていて、その内一番大きな岩が縦に裂けている。
この裂け目は悪人が通ると閉じてしまうらしい。
全員でチャレンジしたが、皆さん無事通過できたので、悪人がいない事の証明になった。
画像


登山口に行く途中で、先ほどの母子から採ったばかりのフキノトウを頂いた。
南斜面の登山口付近に福寿草が咲いていた。
画像


最初は杉林を登る。枝打ちした枝が散乱して歩き難い。
やがて大きく右に迂回すると顕著な尾根に出る。
ここからは急な雑木林の登りとなる。
ところどころで太い杉が並木状に並んでいて、参拝道であることが分かる。

急登を頑張ると山頂直下の金華山を祀った石祠がある。
これは金華山を分祀したものらしい。
画像


山頂に着くと北西からの強い季節風が襲ってくる。
南北の展望が開けていて、北側には室根山と大森山が意外に近く見える。
画像


画像


南側は麓の山の神平。そして保呂羽山と、奥に翁倉山が見えている。
牡鹿半島の金華山も肉眼では見えていたが、写真には写っていない。
画像


少し南斜面に逃げると、風が当らずにゆっくり休憩できた。
ここで陽だまりを楽しみながらマスさんお手製の和菓子『かるかん饅頭』と『かのこ』(上)をいただく。
画像


往路を返して、再び麓から惣内山に登るつもりであったが、マロ7さんの提案で坂の貝峠を経て惣内山まで周回するルートを採ることにした。
地形図で確認できないが、GPSを見ると間違わないで尾根筋を歩けると踏んだ。

少し薮っぽい踏み跡を東に辿る。
すると北側が大伐採された地点に出た。
ここの展望は抜群なのだが、凄い強風が吹き付けて写真を撮るのも身体が煽られて苦労するほどだった。
東側に田束山がほとんど峰続きで見えている。
画像


そこからは茨薮が煩い防火帯を歩いて行く。
画像


坂の貝峠に着くと、神行堂山登山口に道標が立っていた。
登山道と呼ぶには薮が繁茂し過ぎる道なので、中級登山者以上が対象の道だと思う。

東屋がある地点から登ってきた神行堂山が一望できる。
画像


西側には堂子山。山頂までブル道みたいな登山道がある山である。
画像


東屋の脇に惣内山への道標がある。
手前に白根という場所があるようだが、どの地点を指すものであろうか?
ブナの植林地を過ぎ、伐採地に出た先から再び薮っぽい防火帯の登りとなる。
途中で防火帯が終わり、その先は道が定かでなくなる。
適当に薮を漕いで忠実に尾根上を歩いた。

最高点を過ぎた後で、小さなアップダウンを幾つか過ぎ、いい加減踏み跡歩きに飽きてきた頃に惣内山の三角点に着いた。
山名板も展望もない冴えない山頂である。

しかし少し南側に下がったススキの斜面が展望が良いので、休まずそこに向かった。
ススキの原からは志津川湾が一望できる。
町の中心地が津波で流されて荒野となっているのが俯瞰できた。
画像


風の当らない東斜面に降りて昼食とする。
日差しがあると暖かい。

その後は頂稜を南側に下る。
以前より道形が怪しくなっていて、ほとんど薄い薮を漕いでいるのと同じであった。
小さな鞍部から西側斜面に下って行く。
ジグザグに降りるので急な斜面であるが下り易い。
最後は暗いスギ林を下ると簡易水道施設に着いた。
ここから車道歩きが始まる。

車の駐車地点まで凡そ3km。
田んぼの畦や作業道などを選んで歩いていった。
途中でアカマツの巨木がある。山門の笠松と名前がついていた。
画像


登り基調の車道歩きにうんざりしてくる頃、やっと駐車地点の石の神地区に入った。
大きなワンちゃんが慣れ慣れしく駆け寄ってきた。
画像


帰路は途中にある『ひころの里』に立ち寄る。
そこのシルク館でシルクフラワーフェスタを行っていた。
この綺麗な花は全て繭玉を染色して作ったものである。
画像


帰りは南三陸町の津波被害の実情に唖然とし、防災対策庁舎の屋上の高さを見て、津波の驚異的な破壊力を実感した。

津山から三陸道に乗り、矢本で高速を降りて、IC近くの『みそ源』というラーメン店に飛び入りで入る。
みそ源ラーメンを注文したが、さっぱりとした美味しい味噌ラーメンであった。
画像


夕方になると船形連峰がシルエットで見えていたが、この日は午後遅くなってやっと晴れたみたいである。
やはり脊稜山脈が荒れた天気の時は海辺の山は有難い。

GPS軌跡です。

画像



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
見事に週末の荒天が続きますね。しかも半端ない天気。
太平洋側の低山への変更は正解でしたね。

昨日は一日中震災の報道でしたが、進まない復興に心が痛みました。
みいら
2013/03/12 05:50
地図なしで行けたのもSONEさんのお陰です。
惣内山まで周回できたから大満足、さて、白根は何処だったかな。
帰りのあぜ道歩きも里山の雰囲気を堪能しました。(^o^)
マロ7
2013/03/12 07:09
みいらさん、おはようございます。
今年の冬は完全に週末が荒天のサイクルになってしまいましたね。
雪と暴風が一緒ではとても雪山に突っ込む気がしないです。
しかし困った時の海辺の山の存在は有難いものですよ。
復興に関しては進まない理由も理解できますし、先が見えない被災者の気持も良く分かります。
SONE
2013/03/12 08:40
マロ7さんおはようございます。
初めて登った時には登山口の標識もない山でした。
周回は頭の中に無かったですが、結果的に面白いコースとなりましたね。
白根は398m峰を指すかもしれませんが謎が残りました。
畔道を歩けたのは冬場の特典でしょうね。
SONE
2013/03/12 08:45
お世話様でした。
自分には思いもつかない山を歩けて満足です。
雪山は楽しいけれど、道型がはっきりしない里山もおもしろいですね。
可愛い猫ちゃん、ワンちゃんに逢えたのも良かったですよ。(^^)
又よろしくお願いします。
morino
2013/03/12 23:13
morinoさん今晩は。
低山とはいえなかなか歩き応えのある山でしたね。
こんな山を保険として確保していると、荒天の時も楽しい山歩きができますね。
今回の山はかなり面白い部類の山ですが、この界隈の他の山はあまり展望が良くないんですよ。
猫ちゃんとワンちゃん、可愛かったですね。里山ならではの出会いでした。
SONE
2013/03/12 23:18
こんばんは お世話様でした。冬でも晴れる三陸の山いいもんですね。和菓子も大満足です(
^^;
でも懲りずに今週も稜線目指します!
tom
2013/03/13 20:57
tomさんお疲れ様でした。
冬場の晴天率が非常に高い山域なので、河岸を変えて正解でしたね。
マスさんに言わせると、和菓子は50代以降に人気だそうですよ。
SONE
2013/03/13 21:37
今年初のフクジュソウに出会えたし、ふきのとうのお土産にありつけたり、楽しい1日でした。
ターザンしてたんですね〜見られなかったのも、体験できなかったのもくやしいーー(笑)
ありがとうございました。
maronn
2013/03/14 11:55
シルク館に寄れて良かったです。普段だったら通過するだけの場所でしたから・・・
おばあちゃんたちのムシロ織り見学もでき、なんかいい感じでした。
重ねてありがとう〜〜でした。
maronn
2013/03/14 12:00
maronnさん今晩は。
急に行き先が変わってしまっても楽しんでいただいて何よりでした。
いろいろイベントが多い山で楽しかったですね。
シルク館や松笠屋敷は普通は通り過ぎてしまう施設でしょうね。
シルクフラワーをやっているのを思い出して良かったです。
SONE
2013/03/14 18:08
マスさんの和菓子美味しそう(*^^*)
ターザンも現れたそうですね?!
ナカシィ
2013/03/15 08:43
ナカシィさんおはようございます。
かるかん饅頭は鹿児島名産、かのこは東京の一流菓子店で売っているものとそっくりでした。
味も甘みを抑えて美味しかったですよ。
ターザンは結局2回もぶら下がってしまいました(笑)
SONE
2013/03/15 09:02
週末、やっと晴れましたね。なのに山には行けません。
来週も予定が入っているので、再来週の晴れた日にサボろうと思います。
yuji
2013/03/17 17:13
yujiさん今晩は。
今日の晴天では山に行きたかったでしょうね。お仕事でしょうか。大変ですね。
もう山は春山の様相になってきました。晴れた日に是非登ってください。
ブログ楽しみにしております。
SONE
2013/03/17 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.3.9 神行堂山から惣内山(宮城・南三陸) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる