東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.4.2 金峯山(山形・摩耶山塊)

<<   作成日時 : 2013/04/04 10:09   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2日に鶴岡市に行く用事があり、空いた時間を利用して近隣にある金峯山に登ってきた。
この日の鶴岡市の気温は17度。初夏を感じさせるような天気であった。

【 4/2 金峯山(458m) 山形・摩耶山塊 】
中の宮登山口〜作業道〜母狩山縦走路分岐〜金峯山〜展望所〜八景台〜作業道〜中の宮登山口

吉野の金峯山から勧請したという鶴岡の金峯山は歴史を感じさせる山である。
中の宮登山口から登るとコースタイム40分で登れる手軽さから、地元の方に人気のある山らしい。

この日は低気圧の接近により仙台では午前中から雨が降り出した。
しかし月山新道を超えて庄内地方に入ると、晴れた空が広がり、庄内平野の果てに出羽富士:鳥海山の姿が望まれた。

麓に着いたのは午後1時を回っていた。
未だに残雪の多い真近に金峯山が望まれる。
画像


青龍寺口から正規の登山道は始まるが、2km先の金峯神社中の宮まで車で登る。
神社博物館は冬季閉鎖の状態。
思っていたより残雪量が多くて驚いた。この冬の庄内地方の積雪量の多さを物語っている。
この参道から登り始める。
画像


石段を登るとすぐに金峯神社中の宮に着く。
歴史を感じさせる重厚なつくりをしている。
画像


イラスト案内図の左手から登山道が始まる。
豊富な残雪で道は埋まっている。
今回はスパイク長靴を履いてきたが、気温の高さから緩んだ雪を何度も膝上まで踏み抜いてしまい登るのに苦労した。

途中で右手からケーブルが敷設された作業道が合流する。
正規の尾根コースの登山道は雪が柔くて歩きにくいので、よく踏み固められたこの作業道を登ることにした
道の脇に生えているマルバマンサクがちょうど花盛りで、淡い薄黄色の花を愛でながら登っていく。
画像


道の法面の上にはイワウチワが多い。
よく見るとピンクのつぼみがたくさん見られた。数日後天が続けば咲きだすであろう。

少し登るとブナの森の登りとなる。
標高400m足らずの山なのに、こんな見事なブナ林が見られるとは流石に日本海側の山だと思う。
画像


作業道は主稜線の十字路に達した。直線的に下れば湯田川温泉に至る。
左の雪庇の続く稜線は母狩山に至る縦走路。
山頂へは右手に入る。

頂稜に乗り上げてから右手に進むと金峯神社が祀られた金峯山山頂だ
未だに冬の様相で積雪量は1.5m程度あったと思う。
画像


少し下って山頂の北側に回り込めば、そこには最高の展望所がある。
地形図で三角点のある場所で、先ず目に飛び込んでくるのは長い裾野を落とした鳥海山である。
眼下には鶴岡の市街地が広がり素晴らしい。
画像


北西側には鶴岡市大山地区と高館山が望める。
画像


東側には月山の前衛峰に当たる虚空蔵岳
夏道のない山だが、雪を利用して登れる山だ。
画像


その右手には、立谷沢川の奥に位置する秘峰:下柳沢山が望める。
画像


その他、北東には胎蔵山や田代山、与蔵峠、そして弁慶山の姿も同定できた。
その奥には丁岳も見えていた。

展望を楽しみながらマスさんお手製の和菓子を食べる。
こんな風景の中で食べる和菓子は贅沢ね気持ちにさせてくれた。
画像


帰路は正規の尾根コースを下る。
しかしこれは失敗。
緩んだ雪に何度も股まで落ち込み、雪穴トラップの連続で長靴の中にまで雪が入り込んだ。
踏み抜くと足を抜くのも大変だ。

八景台から南に峰続きの母狩山を望む。
鎧ケ峰を超えて行くこの縦走路は素晴らしいが、もう少し雪が堅くならないと歩けないであろう。
画像


ズボズボの雪に閉口して尾根コースを離れて、登りで使った作業道に藪を漕いで降りる。
そこから中の宮までは短時間で下れた。

標高差の少ない低山であるが、残雪が多かったので意外に高い山に登った気分になった。


動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
雪解けが早いですね。先週の不忘山で踏み抜けて左脛を強打しました。
もうすぐ七ツ森のお花畑の季節ですね。
yuji
2013/04/04 21:13
yujiさん今晩は。
庄内地方は山形県でも温暖な気候なのですが、今年は雪解けがかなり遅れているそうです。
雪の踏み抜きは予期せぬところで発生しますので注意しておりますが危険ですね。
今日、明日の暖かさで山の花々も一気に咲き始めそうです。
SONE
2013/04/04 22:00
同じ標高でも、宮城とは大違いの残雪ですねぇ。
マンサクが満開ですね。、
待ちかねた春が来ましたが、自分は何か冬を楽しまなかったような…。(^o^)
マロ7
2013/04/05 07:18
マロ7さんおはようございます。
今年の庄内は例年以上に積雪の多い年だったそうですよ。
低い山なので雪はあまり無いと想像しておりましたが、現地に行って驚きました。
マンサクが満開でしたが、他の花はまだ先の感じです。
これから残雪シーズンですので、まだまだ雪山が楽しめますよ。
SONE
2013/04/05 07:58
まだ雪たっぷりですか。(^o^)
金峯山−母狩山縦走したいですね。
morino
2013/04/05 12:48
morinoさん今晩は。
湯ノ沢岳はまだ冬山のような様相でしたよ。
金峯〜母狩間も素晴らしい縦走路です。
SONE
2013/04/05 19:10
 こんばんは〜。

 いやぁ、金峰山とは妙に懐かしい山ですね〜。
30年程前に入っていた山岳会で夏になると、
恒例行事として「豆を食う会」というのを中の宮
付近でやっていました。車で上って。(笑)

 そんなお散歩コースの里山に来てくれたことが
とても嬉しいし、ああいう山に目を向けるSONE
さんのセンスに脱帽です。(^V^)
ファーマー佐藤
2013/04/07 00:22
ファーマー佐藤さん今晩は。
「豆を食う会」ってのは変わったイベントですね。
もしかして黄色い泡もついているのでは・・・(笑)
この日はあまり時間を取れませんでしたが、短時間で登れる素晴らしい山ですよね。
実はこの界隈の山々が意外に好きなんですよ。
SONE
2013/04/07 23:45
SONEさん今晩わ!転勤で仙台に復帰しました。5年ぶりの仙台勤務、SONEさんのブログは今までは見るものでしたがこれからは実践です。と、言いながら相変わらず仙台は激務でした。何時になったら山にいけるのかな。
翔パパ
2013/04/08 23:19
翔パパさん今晩は。
仙台復帰おめでとうございます。
もうしばらくは地震の恐れもないでしょうし、これからは自然に親しむ生活ができますね。
お仕事に余裕ができたら蔵王や船形連峰にぜひお出かけくださいね。
SONE
2013/04/08 23:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.4.2 金峯山(山形・摩耶山塊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる