東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.5.12 薬莱山(宮城・船形連峰)

<<   作成日時 : 2013/05/14 09:17   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

朝方まで雨が残るとの天気予報だったので、近場の山に登って終わりかと思ったら、遅く起きてみると晴れ間が広がっていた。低気圧が通過したばかりなので高い山は風が強そうだ。
そこで今までマスさんが登っていない標高が高くない薬莱山に登ることにして急きょ家を出た。

【 5/12 薬莱山(533m) 宮城・船形連峰 】
やくらいスキー場〜東登山口〜南峰〜薬莱山〜北登山口〜やくらいスキー場

薬莱山(やくらいさん)だけだと簡単なハイキングに終わってしまうので、今回は花見を兼ねて、最初に三本木の菜の花畑に立ち寄った。
夏場は丘一面にひまわりが咲くところだが、今は黄色一色の清々しい景色が広がっている。
画像


三本木からやくらい高原は思ったより近い。
薬莱山に登る前に東登山口の向いにある『やくらいガーデン』に立ち寄った。
テレビのニュースで芝桜が満開だと言っていたので見たくなったのだ。
入場料大人一人700円を払って園内に入る。

敷地内の奥の方に芝桜ゾーンがあった。
現在は7分咲きの様子。
画像


画像


期待していたより、ちょっと規模が小さいかな、と言う印象。

チャペルの傍にはビオラが咲いていて、薬莱山を背景のこのアングルはなかなか素晴らしい!
画像


他のお客さんが『むすび丸』と言っていたので、そちらの方向に下がっていくと、ビオラでデザインした宮城県観光キャンペーンのイメージキャラクターになっている『むすび丸』がいましたね。
画像


マスさんと話したけど、この園内で一番興味があったのが宿根草のゾーンと、ハーブのゾーン。
今、自宅の庭を宿根草で彩ろうと頑張っているので、植え方とかアレンジの方法とか参考になった。

沢山の人が入場している園内を離れて、車で僅かの距離を移動して鳥居のある登山口に着く。
参道の桜並木は桜の花は終わって葉桜になっていた。
画像


舗装された参道歩きは勘弁して欲しいので、解放感のあるスキー場内を登っていく
正面のブナの新緑で緑色に見える急な尾根に登山道がある。
画像


フリスビーで遊んでいるワンちゃん達を見学しながら歩く。
背後には大崎平野が一望に広がっている。
画像


舗装道路に戻り、少し登ると正規の登山口
少しの間だけ杉林を登る。
画像


やがて薬莱山で一番嫌らしい706段の階段登りが始まる。
50段ごとに標識があって、何処まで登ったかの目安になるが、かなりな急登なので山慣れた私達でもきつく感じる。
画像


階段の最後の標識を見ると、思わず嬉しくなってしまう。
画像


頂稜は新緑が始まり、気持ち良い風が吹き抜けていた。
画像


薬莱神社の祀られた南峰は宗教上の山頂。
三角点峰は北に170m行った北峰になる。
神社にお参りして休むことなく山頂に向かう。

その途中の鞍部に姥神様がある。
画像


山頂直下の展望台からは東側の眺望が広がる。
春霞であまり遠望は利かないが、麓のやくらい高原や、小野田の街並みが見えていた。
ここに設置された大型の双眼鏡は上下動が出来ないが、未だに麓の景色はばっちり見えている。
画像


山頂は午後1時半に到着。
画像


遅い昼食をとった後に、マスさんお手製の『ほうれんそうのチーズケーキ』をご馳走になる。
甘味を抑えて、ほんのりほうれんそうの香が口の中に広がる美味しいケーキだった。
画像


山頂からは北登山口に降りて周回ルートを選ぶ。
下りはじめに残雪が少し残っていた。
それ故に咲いている花はショウジョウバカマのみ。
画像


下りの途中で少しだけ北側の展望が開ける。
ミズナラのオレンジ色の新緑が目立っていた。
画像


この下山路は総じて松の植林地となっているので自然度は高くない。
車道に出る手前の枝振りのよいケヤキの木が印象に残った程度であった。
画像


車道に出てからスキー場に戻る道すがら、左右に山菜を探しながら歩く。
コシアブラとホンナ(ヨブスマソウ)が少し採れた。

このまま帰るのは物足りないので、近くにある荒沢の大滝(不動の滝)を見に行った。
駐車場に車を止めて、大滝橋まで歩いて戻り、トンネルになった歩道を下ると迫力あるゴルジュの滝が落ちている。
雪解け水を集めて、すごい迫力の滝だった。
画像


その奥の荒沢湿原にも行ってみたが、水芭蕉はお化けみみたいに葉っぱが大きくなり見るべきものはなかった。

ハードな山は楽しいが、たまにはこんな疲れない週末の山歩きもいいものである。


動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この時期の良い天気の日なら、気持ちの良い薬莱山ですね。
久々に行ってみたくなりました。願わくば、薬莱の湯がもっと安ければいいのに・・・。
くまたか
2013/05/14 19:18
くまたかさん今晩は。
やくらいガーデンは凄い人の数なのに、薬莱山は静かなものでしたよ。
簡単に登れていい山ですね。
薬莱の湯は値段が高すぎて入浴したことがないんです。
登山後に軽く汗を流す値段じゃないですね。
SONE
2013/05/14 19:34
そうです、薬莱の湯は値段はちょい入浴にとって次は敬遠です。
これまで入浴料金に相応したのは、猫摩ホテルとホテル大雪は記憶に残ります。
でも、私は150円の鳴子の滝の湯が最高いいですよ。
マロ7
2013/05/14 20:26
マロ7さん今晩は。
山形県内の温泉施設の安さと比較すると割高に感じますね。
2時間までなら500円らしいですが・・・
いまどき150円の入浴料は激安です。
SONE
2013/05/14 22:09
おー、きれいですねー。
やっぱり青空はすべてを美しく見せてくれますね。
温泉はやっぱり山形かなー。安さでね。(^^;)
morino
2013/05/14 22:36
morinoさん今晩は。
晴れている日は花も山も輝いて見えますね。
薬莱の湯は駐車している車の台数を見ても入浴する気が失せてしまいますね。
SONE
2013/05/14 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.5.12 薬莱山(宮城・船形連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる