東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.5.14 蛤山(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2013/05/15 23:11   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 12

この日に取り掛かる予定だった仕事が、お客様の都合で翌日に延びてしまった。
急に時間に余裕ができたので、ニュースですいせん祭りが開催されていると言っていた、みやぎ蔵王えぼしスキー場に満開のスイセンを見に行った。それだけでは時間が余るので次いでの一山として蛤山に登ってきた。

【 5/14 蛤山(1005m) 宮城・蔵王連峰 】
林道ゲート〜林道分岐〜登山口〜稜線〜最高点〜蛤山〜三角点峰〜大萱沢〜横川〜林道ゲート

えぼしスキー場にはお昼ごろに着いて、入園料500円を支払い、今が盛りのスイセンの花を観賞した。
ゲレンデ内に植えられた50万株のスイセンは満開で、斜面が黄色く見えるほど一面に咲いて見事だった。
画像


画像


その後、七ヶ宿町の蛤山に向かう。
登りはじめは午後1時を過ぎていた。

林道に入って、少し藪を漕いで杉林を直登するルートを採った。
再び林道に合流するが、この林道歩きがこの山の難点だと思う。
画像


登山道に入ると、ブユが煩く付きまとう。
木の階段ができてしまって以前より歩きにくくなった。

稜線直下のニリンソウの群落はこの山の見どころの一つ。
画像


稜線に乗り上げると爽やかな西風が吹き抜けて、虫がいなくなり快適な稜線歩きになる。
ブナの芽吹き前の稜線は早春の花々が咲き誇る。
蛤山は今の時期が一番華やかな時期かもしれない。

特に登山道の両脇に咲き誇るコキンバイの群落は、宮城県随一であろう。
画像


1014m峰に登る直前からは南蔵王の展望が開ける。
あまり展望には恵まれない山だが、近距離で見える不忘山の姿は強烈な印象を与えてくれる。
画像


カタクリは終盤であったが、ところどころで可憐な花を見せてくれた。
画像


羽山神社の祀られた山頂に着く
景色は見えないが落ち着いた雰囲気に満ちた山頂である。
画像


この先の三角点峰に至るブナの森は大好きな場所である。
しかし近年の度重なる爆弾低気圧の強風により、随所に太いブナが倒されて悲惨な感じになっていた。
画像


途中にあるコキンバイの群生地
この花に会うために今回は蛤山に登ったと言っても過言ではない。
画像


画像


遅い昼食は三角点峰から国体コースを少し下った景色が見える地点でとった。
南に吾妻連峰が霞み、万歳楽山、花房山、そして七ヶ宿ダムを眺めながらの休憩は最高だった。
画像


大萱沢に下る国体コースはかなり急坂だが、ヤマツツジの咲くころは見事である。
しかし今はブナの新緑が始まったばかり。
トウゴクミツバツツジのピンクが新緑の中に映えていた。
画像


ザレた急斜面を下りきったところは、ちょっとしたお花畑になっている。
現在はイカリソウの群生地であった。
5月下旬にはラショウモンカズラが多く咲く。
画像


可愛らしいヒトリシズカも沢山咲いていた。
画像


林道に出てから少し長い車道歩きとなる。
横川集落に入る手前では、登ってきた蛤山の姿が見える。
画像


午後4時に車に戻って、直ぐ近くにあるやまびこ吊り橋に立ち寄った。
画像


橋の上から横川の流れと、不忘山が眺められた。
初めて渡ったが、素晴らしい景色に触れられて土地寄って良かったと思った。
画像


蛤山は短時間で歩ける山ながら、花が多くてとても楽しめる山である。


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
えぼしスキー場のスイセンとコキンバイすばらしいですね。
春の幸せ色って感じです。
蛤山がこんなにすごいコキンバイの群生地になっていると初めて知りました。
歩く季節をちょっと変えるだけで、知っているつもりの山の知らない所が見れるんだな、と改めて思いました。
蛤山のブナ林はよいですよね。
ebiyan
2013/05/16 10:04
ebiyanさんこんにちは。
スイセンもコキンバイもちょうど見ごろの時に当たりました。
何故か春の花々は黄色が多いですね。
宮城県でこんなにコキンバイが多い山は私も知らないです。
新緑の前の日当たりがよい僅かな時期だけ見られるのでしょうね。
SONE
2013/05/16 14:43
SONEさん、こんばんは!
私も先日、蛤山に登ってきました(^^)v
ニリンソウの群生に感動してましたが、こんなコキンバイの群生を見た記憶がありません(>_<)
登りでは不忘山が雲に隠れていたため、不忘山見たさに下りも同じ道を辿ったのですが、それでコキンバイの群生を見逃しちゃったのでしょうか?
SONEさんの写真を見ていると、国体コースを下らなかったことが悔やまれます…
うーん、残念(>_<)
でも想像してなかったくらい、お花沢山の素敵なお山で感動でした!
うめ
2013/05/16 23:18
うめさん今晩は。
少し前に蛤山に登られていたのですね。
コキンバイの群生地は羽山神社と三角点峰の間にあるのですよ。
国体コースを周回すれば、この群生地に巡り合ったので残念でしたね。
でも毎年咲いているので、また来年訪れてみてくださいね。
あまり展望が効かない地味な山ですが、今の時期は花が咲き乱れる山と知っている人は少ないようです。
SONE
2013/05/16 23:32
またまた花イッパイですね。
こちら方面はどうしても不忘山になってしまって蛤山まで行けませんでした。
そのうち行かねば。
morino
2013/05/16 23:47
morinoさん今晩は。
不忘山は花の時期には2週間早いですが、蛤山は一足お先に花満開の山になっていますね。
途中の林道がイマイチですが、稜線近くなると一気に花が増えますよ。
SONE
2013/05/17 00:05
烏帽子スキー場のスイセン凄いですね〜
ここまでするのにどれくらいかかったのでしょうね。
関係者のご苦労が察せられます。
トシヒコ
2013/05/17 19:43
トシヒコさん今晩は。
スイセン祭りは今回で24回目だそうですよ。
球根の管理が大変でしょうね。ここまで咲かすのは苦労するはずです。
SONE
2013/05/17 21:05
こんにちは。
春を楽しまれたようですね、萠葉から新緑へと変わる季節が素晴らしいです。
トウゴクミツバツツジがもう咲き始めましたか、丹沢稜線では今からです、中腹のヒトリシズカ、イカリソウは終焉と、ブログで季節の進みの違いを教えてもらっています。
 ありがとうございます。
MORINOBUNA
2013/05/19 09:45
去年の同じ時期に蛤山に登りましたが、本当に花の多い山ですね。国体コースは好きなコースで、いつも登りはこのコースと決めています。昨年は白花のイカリ草が目についたのですがいかがでしたか?蛤山からの不忘山と南屏風の景観はすっきりしていて美しいですね。
mio3
2013/05/19 22:04
MORINOBUNAさん今晩は。コメントをいただきありがとうございます。
東北の山々は今が新緑の盛りになってきました。
特にブナの新緑が一番鮮やかな感じがします。
高い山の稜線では未だに雪が残っていてツツジの開花は6月に入ってからですが、中腹はヤマツツジも含めて一気に開花が始まりました。
やはり関東に比べて少しだけ季節の進行が遅いですね。
SONE
2013/05/19 22:12
mio3さん今晩は。コメントをいただきありがとうございます。
地味な印象の山ですが、登ってみると花の多さに驚きますね。
国体コースはヤマツツジの開花期にも歩いたことがありますが、明るい雑木林の道は捨てがたい魅力がありますね。
今回はキバナイカリソウは一か所しか見つかりませんでした。
ほとんどが薄紫のイカリソウでしたよ。
この山から眺める南蔵王は近距離なので迫力がありますね。
SONE
2013/05/19 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.5.14 蛤山(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる