東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.7.14 五郎岳(山形・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2013/07/17 07:29   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 12

この3連休で唯一雨に降られずに登れる可能性が高かった日曜日。
あまり遠出をする気にもならず、近場の蔵王でコマクサ観賞でもしようと山形蔵王に出かけた。

【 7/14 五郎岳(1413m) 山形・蔵王連峰 】
蔵王ロープウェイ樹氷高原駅〜いろは沼〜ワサ小屋跡〜蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅〜パラダイスゲレンデ〜片貝沼〜ウツボ沼〜五郎岳〜ドッコ沼〜上の台〜蔵王ロープウェイ山麓駅

9時30分発のロープウェイで樹氷高原駅に上がる。
霧でほとんど展望が利かないユートピアゲレンデを登り観松平の遊歩道に入る。

僅かに登るといろは沼に着く。
画像


ワタスゲとコバイケイソウは終わっていて、キンコウカが咲きはじめの状態であった。
画像


トキソウは僅かしか咲いていないが、サワランは今が盛り。
画像


時々雨がぱらつく中を登って行くと祓川コースに合流する。
灌木帯に入ったところでオニアザミが多く咲いていた。
画像


ワサ小屋跡に着くがガスは一向に晴れそうにない。
しかも強風で肌寒く、熊野岳のコマクサ群生地に行く気がしなくなる。
雨具を着て行っても、これではまともに写真も撮れないであろう。

故に地蔵山方面に左折して、風を避けるために東斜面の巻き道に入る。
これは正解!

遅くまで雪田が残るこの巻道はコバイケイソウの群生地になっていた。
画像


蔵王地蔵尊のある蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅前のベンチは寒すぎて休む気にもならず、駅の中に入ってテーブルのある休憩所で休む。

マスさんお手製の『玉ねぎのキッシュ』が絶品であった。
画像


山頂駅からザンゲ坂を下って行く。
そこからパラダイスゲレンデに至る登山道はほとんど藪漕ぎ状態。
この日誰か歩いている人がいて露払いされていて助かった。

ゲレンデ内に出ると下部の建物が見えてきた。
画像


付近にはシラタマノキの花が多く咲いている。
画像


そしてハクサンチドリが群生していた。
画像


画像


パラダイスゲレンデ下部はゲレンデ一面にヤグルマソウが咲いていた。
画像


この日はまだピークを全く踏んでいないので、中央ゲレンデの東側にある五郎岳に登ることにした。
片貝沼湖畔のベンチに腰を下ろしておにぎりを食べる。
画像


目玉沼を眼下に見て先へ進む。
まだ訪れたことのないウツボ沼を見学にいった。
それにしても変な名前の沼である。
画像


ウツボ沼から西に少し登ると五郎岳と三郎岳の鞍部に当たる葉ノ木峠に出る。
ここを右折して五郎岳を目指す。
入口から直ぐのところにベニバナイチヤクソウが咲いていたが花は終盤。

そしてガスで展望皆無の五郎岳山頂に着く。
画像


五郎岳の山名の由来は沢のゴーロを指すわけではない。
これは人名の由来している。
大正時代の蔵王火山の研究の先駆をなした田口三郎氏がいる。
彼は当時高湯小学校長で、教頭は伊東五郎氏であった。
両氏は蔵王の研究に尽力し、高湯(現在の蔵王温泉)爆裂火口外輪山の無名の峰に、この二人の名前をとって、当時の郵便局長や学務委員の方々が命名者となり、五郎岳、三郎岳と名づけられたのである。


峠に戻りブナ林の中を下って三五郎ヒュッテの前に出る。
画像


車道を少し歩くとドッコ沼に着く。
ドッコ沼の奥に見える山が三郎岳
画像


あまり天気も良くないので、蔵王スカイケーブルに乗って下ろうと思ったら、7月23日まで機械点検整備のため営業運転を休止になっていた。

仕方なくコンクリート舗装された高鳥コースの連絡道を下る。
ゲレンデ内にはフランスギクが沢山咲いていた。
画像


一か所にだけ群生していたコウリンタンポポ
画像


上の台ゲレンデまで下って行くと何やらTV取材のクルーがいる。
ちょうど取材が終わったところで、誰の取材かと見るとマラソンの川内優輝選手であった。
翌日のローカルニュースで報道されていたが、蔵王温泉に合宿で来ていたらしい。

下界に降りてきた途端、急に雨が降りだしてきた。
登山には向かない日だったが、3連休の一日だけ登れただけでも良かったと思う。


動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
このあたりは歩いたことがあるので懐かしく見せていただきました。
霧の中は展望はないものの幻想的の世界が楽しめますね。
ウツボ沼もちょっとした展望台がありましたが何か不思議な沼です。
サワランやハクサンチドリの紫色が冴えています。
下山してからの雨とは良かったですね。
ミニミニ放送局
2013/07/17 10:17
ミニミニ放送局さん今晩は。
この遊歩道は歩かれておりましたか。
森の中の散策道なのでガスっても苦になりませんね。
ウツボ沼の展望台は木々が少し伸びていたので、三脚立てて動画が撮れませんでした。
今は花々の端境期ですが、よく観察するといろいろな花が咲いておりました。
湿原ではサワランが多かったですよ。
下山中に車道を歩いていて降られました。車まで近い距離でしたが少し濡れてしまいましたよ。
SONE
2013/07/17 18:08
残念な天気でしたが花イッパイで楽しめましたね。
ここらは昔スキーで滑りまくっていた所ですが、雪が無いとイメージが違います。
ここでもコバイケイソウが凄い。やっぱり当たり年ですね。
morino
2013/07/17 21:34
morinoさん今晩は。
天気が悪いのは承知で行きましたが、ガスと風でコマクサを見る気にならなかった点が残念でした。
パラダイスゲレンデは一番急な部分を迂回してルートが切られていますよ。
今年は東北一円でコバイケイソウが満開のようですね。
SONE
2013/07/17 22:26
こういう蔵王の自然満喫できる壮大なコースがあるんですね〜
流石だな〜
感心してしまいました。
蔵王の歴史も解って大変参考になりました。
更に更に!
マスさんのお菓子本当に美味しそうですね〜
こんなおいしそうなお菓子、どうやって持って行くんでしょうか?
凄く気になっています。
トシヒコ
2013/07/18 05:47
トシヒコさんおはようございます。
熊野岳に登って、このコースを下り、更に瀧山まで登ると完璧ですよ。
特に秋の紅葉時期は素晴らしいです。
マスさんのスイーツは毎回楽しみなんです。
私が持つと潰してしまうので、必ずマスさんが持ってきますね。
柔らかいケーキは大きなタッパーウェアに入れていますよ。
SONE
2013/07/18 07:58
なるほど、三郎と五郎岳の謂われですね。
ここは未踏ですので、ソロソロかな。(^o^)
マロ7
2013/07/18 10:41
マロ7さん今晩は。
山名が人名とは珍しいですね。
ちょうど三郎と五郎と言うもの面白いです。
この界隈は秋の紅葉期がいいと思いますよ。
SONE
2013/07/18 19:32
なるほど〜
トシヒコ
2013/07/19 08:16
トシヒコさん今晩は。
ケーキの背負い方にも工夫がいりますね。
SONE
2013/07/19 18:01
初めまして。その日行かれたんですね。私も行こうと計画してましたが朝の雨で断念。その一週間後に行ってきました。
ロープウェイ地蔵山頂駅から地蔵岳・熊野岳と踏んで刈田岳まで往復です。コマクサが第一目的でしたが、もう終わり時期なのか直前の豪雨の影響かごくわずかしかありませんでした。
返りの地蔵の巻道にコバイケイソウが沢山ありましたね。ドウタン?も咲いていたと思います。これからも楽しい紀行よろしく。
Georgey
2013/07/24 12:51
Georgeyさん初めまして。コメントをいただきありがとうございます。
あの天気ではあまり選択肢がなくて蔵王になってしまいました。
そうですか。コマクサはほとんど終わっておりましたか。
豪雨で花が落ちてしまったのかもしれませんね。
コバイケイソウの場所にサラサドウダンも咲いておりましたね。
今後も拙ブログをよろしくお願いいたします。
SONE
2013/07/24 17:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.7.14 五郎岳(山形・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる