東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.7.20 月山(山形・月山)

<<   作成日時 : 2013/07/23 18:58   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 14

山形県が晴れの予報なので今年2度目となるが月山に登ってきた。
今回は車一台を本道寺口にデポして、姥沢から本道寺口に下るロングコースである。

【 7/20 月山(1984m) 山形・月山 】
姥沢=リフト上駅〜牛首〜鍛冶小屋跡〜月山〜胎内岩〜山頂台地末端〜清川行人小屋分岐〜岩根沢コース分岐〜姥像〜林道〜口之宮湯殿山神社

18日に降り続いた豪雨で山形県内は至る所で被害を受けた。
今回訪れた月山も例外ではなく、山形県の大動脈:国道112号線も砂子関トンネル西側出口(月山沢橋のたもと)で大きな土砂崩れが発生し、23日現在でも通行止めが続いている。
(土砂崩れ箇所からの湧き水が止まらず、なかなか本格的な復旧作業に取り掛かれないらしい。)

そしてこの豪雨被害は月山のお隣である朝日連峰にもかなりな被害を及ぼしている。
登山の当日に道の駅西川や山中で出会った方々の情報をまとめると、朝日連峰へのアプローチに利用する林道が、ほとんど通行できなくなっているようだ。

日暮沢は根子から300mの地点で林道崩壊。
南俣沢においても橋が決壊して復旧の目途がたっていないそうである。
その他に古寺鉱泉、朝日鉱泉へも行けない状況とか。(現在通行ができるようになったかは不明。)
以東岳方面は泡滝までの林道が不通で、冬場の強風で2階が破壊された以東小屋も現在は倒壊の恐れがあるので使用不可。

更に昨日22日の大雨で大井沢の県道の橋が流されて、大井沢集落の100世帯240名の住民が孤立状態になっているとか。東北の梅雨明けは8月にずれ込みそうな予報なので、今後被害が拡大しないか心配である。

何れにしても朝日連峰への入山を予定されている方は、関係役場に確認されたほうが良いと思う。


さて今回の山行であるがmorinoさんとマスさんが一緒。
車2台利用で、一台を下山口である本道寺・口之宮湯殿山神社に置き、もう一台で姥沢に行ってリフト利用で登る予定であった。
しかし前述した国道112号線の通行止めで、湯殿山神社から一旦山形道西川ICに12km戻り、山形道月山ICで降りてそこから志津〜姥沢へと向かわねばならない。
下山後も同じ方法で姥沢に置いた車を回収せねばならず、これだけで1時間以上のタイムロスになってしまった。

姥沢駐車場を出発したのは午前9時過ぎ。
リフトに乗って上駅を目指す。

朝方は遠望が利いていたが、リフトを降りるとガスが湧き上がって視界がほとんどなくなった。
景色が見えないので姥ヶ岳は割愛して牛首へ向かう。

途中で振り返ると姥ヶ岳が見えている。
画像


山開き後の月山には多くの登山者が訪れる。
この日もかなりな人数の登山者が登っていた。
写真は牛首に登る途中の雪渓
画像


思ったより雪質は柔いが、末端部分では氷化している部分もあるので、雪道に慣れない方は簡易アイゼン、もしくは荒縄を靴に巻いて登るのが望ましい。

雪渓を登りきるとコバイケイソウが咲いていた。
画像


鍛冶月光の登りにかかる手前でガスが晴れてきた
このまま視界が広がることを期待したが、結局この日は上部では展望の広がることはなかった。
どうも寒気が抜けきっていない感じの天気だ。
画像


累々した石段の道では未だにエゾツガザクラが咲いている。
しかしチングルマやミヤマキンバイはほとんど終わっていた。
画像


鍛冶小屋跡周辺はちょっとしたお花畑になっていた。
ヨツバシオガマは見ごろ。
画像


白装束に身を固めた出羽三山参りの一団に出会えるのも月山ならでは。
画像


ハクサンフウロは夏の月山を代表する花の一つだと思う。
その他にウサギギクも沢山咲いていた。
画像


姥ヶ岳を経由しなかったので簡単に山頂台地に着いてしまった。
台地一帯に咲くクロユリの花は終わっていた。
画像


大混雑する山頂小屋から神社への道にうんざりしてしまい、今回は三角点まで行かないで神社の西側で少し休憩することにした。

ここで立ち入り禁止のロープを無視して、植物の写真を撮っている高齢の男性を見て嫌な気持ちになる。
そんな場所に長居をする気にならず、軽くおにぎりを食べただけで出発することにした。

渋滞する小屋前を抜けて、三叉路を左折して本道寺コースに入ると全く人がいなくなりほっと出来た。


山頂一帯の花はほとんど終わりで、ミヤマリンドウだけが目立って咲いている。
画像


山頂から一段下った地点ではコバイケイソウとニッコウキスゲのコラボが見られた。
画像


胎内岩を潜り抜けるのは大変。
這いつくばらないと抜けられない。
画像


胎内岩一帯はハクサンイチゲが沢山咲いていた。
画像


画像


また一段下った地点から月山最大の雪田:大雪城が始まる。
今年は残雪量が多いので、確実に越年しそうな感じだ。

この頃からガスが登ってきて視界が急激に悪くなってきた。
最初は東沢コースを下って横道から本道寺コースに戻る予定であったが、残雪が多く、ガスがかかってきたために分岐する地点が分からないので、諦めて直進する本道寺コースをそのまま進むことにした。
画像


一度ガレ場を横切るが、その地点を入れて大雪城の通過は薬1.2kmの距離を歩いた。
ガスに視界を遮られて雪田末端の登山道との接続が分からないので、この時だけGPSに頼って行動した。

雪田が終わって渇いた草原になったところで休憩。
マスさんお手製の『洋ナシのタルト』が絶品であった。
ここでゆっくり休んでいると本道寺コースをピストンする仙台の男性とスライドする。
画像


灌木帯に入る手前にはヒナザクラやチングルマが咲いていた。
画像


やがて巨大な月山山頂台地の末端に出る。
尾根の左右は崩落が進行している崖地になっていて、下る尾根はかなりな急坂で高度感抜群である。
秋の紅葉期には息を飲むほど素晴らしい紅葉が見られる場所でもある。

南側には前衛峰の地蔵森山が目立っている。
画像


南東側には眼下に清川行人小屋が確認できる。
画像


この展望を最後に一気に樹林帯に入ってしまい、垢抜けた月山の姿から、地味なブナ帯の行程へと変化する。

途中で急にニンニク臭がすると思ったらギョウジャニンニクの群落があった。
なかなか見ることができない希少な花である。
月山の中でも国立公園の区域内にあるので、法律で守られた貴重な群生地だと思う。
画像


足場の悪い急斜面を下ったところで山頂台地を振り返る
画像


鬱蒼とした樹林の中を進むが、ときどき視界が開ける場所があり飽きさせない。
残雪が残る場所ではオオバキスミレが沢山咲いていた。
画像


残雪のトラバース箇所は下部を通過。
スプーンカットを登って登山道に復帰した。
画像


この雪渓の脇は一面にサンカヨウが咲いている。
画像


クルマユリはたった2株だけ咲いていた。
画像


今回意外に多く咲いていて驚いたのがセンジュガンピ
尾根筋に乗り上げると、少し渇いた場所に沢山群生していた。
画像


小さな湿原の手前で清川行人小屋泊りの2名のパーティとすれ違う。
泊りの荷物を担いで本道寺コースを登ってくるのは大変だ。

湿原の池塘に咲いていたミツガシワ
画像


その先で少し大きな登り返しがある。
途中で降りてきた月山を振り返る
この方向から眺める月山は、何時も見慣れた月山とは別物に見える。
画像


豊富な水が湧きでる水場で少し水分補強をして、また登り返すと本道寺コースと岩根沢コースの分岐に出る。
ここで月山山頂からちょうど半分の距離を下ったことになる。先は長い。

この分岐のところにギンリョウソウが咲いていた。
画像


疲れが見え始めるところだが、分岐から先は刈払いが行われたばかりのようで、とても歩きやすい。
ほとんど緩やかな下りが続くために、町を歩くより早いペースでドンドン下れた。
画像


コース周辺のブナ林は二次林らしく全然太い木がない。
一か所だけ東側の展望が開ける場所があった。
村山盆地の果てに奥羽山脈が見えている。
画像


姥像と呼ばれる姥地蔵を左手に見て下って行くと、風吹通信反射板への道が右に分かれる。
ここから尾根と離れて杉の造林地を左に下って行く。

以前このコースをピストンした時にはこの造林地の藪が酷かったが、ここも刈払いが万全で楽に下れた。

林道が近づいたところで沢音が聞こえてくる。
そこには豊富な湧き水が沢のように湧き出していた。
美味しい水をたっぷり飲んで一息つけた。
画像


林道でても安心できない。
約40分程度の舗装された林道歩きが待っている。
足が痛くなるころ、下山口である口之宮湯殿山神社に付いた。
画像


後は西川ICまで大迂回して姥沢にデポした車を取りにいかねばならない。
姥沢駐車場に着くと、ほとんどの車が帰ったあとであった。

あまり展望に恵まれない一日であったが、晴れていないので逆に涼しく、体力的に疲れない山であった。


動画です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
長丁場でしたね。
ギョウジャニンニクの花、初めて見ました。
残雪が豊富な月山、来月にでも行ってみようと考えています。
yuji
2013/07/23 20:51
yujiさん今晩は。
下りベースなので長い距離でも余裕で歩けました。
ギョウジャニンニクの花は私は今回で2度目の対面です。希少な花ですね。
大雪城界隈は8月が花の時期に当たっていますので、是非訪れてみてください。
SONE
2013/07/23 22:18
お世話様でした。
岩根沢コースと共にいつか歩きたいと思っていたところを歩けて満足です。
大雪城、本道寺コースと沢山の花でタップリ楽しめました。
今度は清川行人小屋へ行きたいものです。
また、よろしくお願いします。
しかし、下りとは言えロング。2日間筋肉痛でした。(T.T)
morino
2013/07/24 07:37
morinoさんおはようございます。
筋肉痛になってしまいましたか
車2台じゃないと効率的に歩けないコースでしたので、お車を出していただきありがとうございました。
今年は残雪が多いので名前通りの大雪城になっていましたね。
清川行人小屋から登る東沢コースは素晴らしいですよ。ゆっくり泊りで行ってみてくださいね。
SONE
2013/07/24 07:58
蔵王のコメントに続いて。山形市内に居るとどこで豪雨被害があったの?って感じですが。ちょっと行った所はかなりひどいようです。
月山は羽黒・湯殿・姥沢の登山口しか無いと思ってましたが他にもあることを最近知りました。本道寺・岩根沢や肘折は私の脚力での日帰りは無理(笑い)なので。それ以外で歯ごたえのある月光坂を登りたいと思っておりますが、下りはちょっと躊躇(笑い)。なんとか湯殿山口から姥沢に下りられないか画策中ですが、バスの便が悪く、車2台行きでないと無理そうです。
ただ、玄海口から石跳川沿いに装束場に向かうルートもあるとか、ここなら姥沢口も絡めた周回ルートも取れそうです。なんとか機会を見つけて行きたいものだと思ってます。
Georgey
2013/07/24 12:56
月山も朝日も豪雨被害でしばらくは近づきにくいようですね。情報を有難うございました。
写真もどれも素敵ですが、ハクサンフウロの写真がとくに気に入りました。

月山には16日(火)に行って来ました。姥ヶ岳経由の最もポピュラーなコースです。牛首からのくだりは残雪が多かったですが、ロープがあったので助かりました。

本道寺コースは雪渓が大きくて、見通しが利いていても難しそうですね。
ですが、花が豊富で、静かで、憧れのコースです。
大雪渓にロープがあれば、山頂泊まりで私にも行けるかなと考えています。。

16日に山頂小屋に立ち寄ってみましたが、清潔感にあふれ、ナメコ汁も美味しかったです。
飾ってあった写真もとても参考になりました。

momo
2013/07/24 17:12
Georgeyさん今晩は。
現在村山地方の各都市では断水が続いておりますが、寒河江ダムの濁りが原因だそうですね。
下りの途中から見えたダム湖、そして寒河江川はまっ茶色に濁っておりました。
湯殿山から月光坂を登るコースはピストンすると大変ですね。
車2台で姥沢に下山するのが一番ベストだと思います。
ネイチャーセンターから石跳川〜装束場のルートは素晴らしいですよ。
姥沢から玄海広場に下る道もあって、月山を丸一日楽しめるコースです。
SONE
2013/07/24 17:44
momoさん今晩は。
月山は山形道から行けますが、朝日連峰は酷いことになっていますね。
ハクサンフウロは八合目から登ると仏生小屋周辺に大きな群落がありますね。
16日の火曜日なら天気が良かったですよね。
今回の豪雨で雪解けが一気に進んだそうですよ。
本道寺コースは8月がお勧めです。雪田の周辺に沢山花が咲き乱れますよ。
山頂から清川行人小屋に下って宿泊。
翌日は東沢コースを山頂まで登り返すと充実した山旅ができると思います。
今回は山頂小屋は人でごった返していました。未だに建物の中に入ったことがないのですよ(笑)
SONE
2013/07/24 17:50
この日曜は月山にいらしてましたか。私は野暮用で仙台に行っておりました。(^^;

朝日連峰の林道の崩壊が意外なところに影響を及ぼしています。寒河江川から水をとっている、私が住んでいる上山市を含めた6市町が断水になっております。土砂の流入で濁って取水できないそうな。雨が降り過ぎて断水って初めて聞きました。(^^;;;
みいら
2013/07/24 19:14
みいらさん今晩は。
お互いに各々の県に行っていましたね。
西川町ではこのところの豪雨で例年の5倍の雨量を記録しているそうですね。
朝日連峰においては林道だけじゃなく、急斜面の山腹にも大きな崖崩れが発生している感じです。
寒河江川の濁り方は酷かったですが、雨が上がっても断水状態がつづくとは驚きました。
もう1週間も経っていますので市民生活にも大きな支障がでているでしょうね。
早く梅雨が明けて欲しいものです。
SONE
2013/07/24 19:37
断水は寒河江ダムの濁りが原因でしたか。
倅がポリタンクに水を詰め込んで山形に行きました。
このコースは、もう羨望になりましたね。(^o^)
マロ7
2013/07/24 20:11
マロ7さん今晩は。
ダム湖はかつて見たこともないほど茶色く濁っていましたよ。
余程上流域で崖崩れが発生したのでしょうね。
また行く機会があったらお誘いしますよ。
SONE
2013/07/24 22:32
なるほどね〜
こうゆう事が出来たんですね〜
まったく頭になかったコースです。
大変参考になりました。
トシヒコ
2013/07/30 14:19
トシヒコさん今晩は。
車2台を使うと効率よく縦走できますよ。
秋の紅葉期が綺麗ですから是非行ってみてくださいね。
SONE
2013/07/30 19:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.7.20 月山(山形・月山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる