東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.8.15 三階滝沢(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2013/08/17 10:48   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

連日32度を越える気温で閉口しているので、真夏に涼を求めて近場の蔵王に沢登りに行ってきた。
蔵王エコーラインの滝見台から三段の豪快な滝が望めるが、それが落差120mの三階滝。
今回は三階滝の大高巻きを嫌って、滝の落ち口から上部を遡行する楽々ルートである。

【 8/15 三階滝沢 宮城・蔵王連峰 】
みやぎ蔵王エボシスキー場〜石子遊歩道〜三階滝(上段)落ち口〜6m滝〜滑〜白龍の滝〜倉石ヒュッテ〜白龍の滝〜石子ゲレンデ〜みやぎ蔵王エボシスキー場

お盆の帰省ラッシュと行楽の渋滞により、みやぎ蔵王エボシスキー場に着くのに時間がかかってしまった。
駐車場の端で登山準備を整える。
ゴーカートを乗って遊んでいる家族ずれの姿を見ながら石子遊歩道に向かう。
天気が良く暑い。

後烏帽子岳が夏空にそびえていた。
画像


遊歩道に入ると直射日光が遮られて少しだけ涼しく感じる。
今の時期は花が少ないが、ヤマジノホトトギスだけが咲いていた。
画像


GPSで三階滝沢への下降点を確認し、木に掴まって沢床に降り立った。
そこは6m階段状滝の直ぐ上。
その滝を下ると三階滝:上段の落ち口に出る。

澄川対岸の滝見台が見えている。
向うからこちらの姿も見えているのであろうか?
画像


沢床がぬめって滑るので、ロープをフィックスして落ち口に近づいた。
滝の落差は25m。上から覗き込むとかなり高度感がある。
画像


直ぐ上部の6m滝は見た目と違って簡単に登れた。
画像


そこから先は滑の遡行が続く。ここが一番のハイライトであろう。
画像


画像


時折小さな滝状も現れて飽きさせない。この沢は登攀要素に欠ける癒し系の沢である。
画像


3m二条の滝。右側から簡単に登れた。
画像


しばらくすると二俣になり、その右俣に白龍の滝が落ち込んでいる。
落差12mの綺麗な滝だが、傾斜が緩いので登るのは楽。
画像


白龍の滝の上で登山道が横切っている。
しかし沢の右岸にスキー場の導水管が走っていて少し興ざめする。
画像


滝から先は沢が細くなるが、あまりボサが被らずに遡行しやすい。
最初は滑が続くが、途中からゴーロと小さな滝が連続する。

沢水が冷たいが、二か所の湧き水が流入してくる。

源流近くなってきて小さなゴルジュのところに5mの滝がかかっていた。
左の水流は湧き水の滝。
画像


さらに4mのほどんど水流のない滝を越えると岩盤の沢となる。
樋状の2m滝を越えて少し登ると登山道が横切っていた。
画像


ここから先は遡行価値のない沢なので、沢装備を解き、靴を履きかえて登山道を下る。
直ぐに倉石ヒュッテの前に出た。
ここは股窪に行く道への分岐となっている。
画像


帰路は石子遊歩道から離れてスキー場のゲレンデを歩く。
コバギボウシが咲いていた。
画像


ここまで暑い日が続くと、涼しい沢遊びがしたくなるが、沢から離れたときの暑さのギャップが酷い。
もっと標高の高い場所にいかないと駄目かな。

GPS軌跡です。

画像



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
涼しそう〜〜、羨ましく拝見しました。
暑い時期は涼を求めて沢歩き最高の遊びですね!
手を怪我してから沢への一人歩きは怖くなりました。
今日はカーテンを洗おうと朝から洗濯機を回す事5回も。
水と戯れるでも大分違います。笑
鯛金
2013/08/17 15:21
鯛金さんこんにちは。
沢を登っている最中は天国ですが、沢から離れた後の暑さの反動が厳しかったですよ。
この程度の沢なた単独で歩けますが、登攀的な要素が大きいと難しいですね。
カーテンの洗濯ご苦労様です。5回も洗濯されたとは一日がかりでしたね。
SONE
2013/08/17 16:30
一人で沢登り、しかもセルフ動画とはさらにすごいです。
涼しい画像に沢登りをした気分にさせていただきました。
みどぽん
2013/08/17 17:51
みどぽんさん今晩は。
この沢は単独でも危険性が少ない稀有な沢でしたよ。
沢の動画は滝登りに真骨頂があると思いますが、セルフ撮影だとその点が上手くいかなかったです。
夏場は沢の涼しさが一番ですね。
SONE
2013/08/17 20:05
ヒャー、滝の落ち口、おっかないー!
でも滑の歩きは涼しそうで楽しそう。
morino
2013/08/17 22:14
morinoさん今晩は。
落ち口は手を目いっぱい伸ばして撮影しましたよ(笑)
この沢は初心者でも充分歩けます。
SONE
2013/08/17 22:48
凄すぎます 僕もここまでのレベルになりたいです
うらやましいです

http://brandnew6.naturum.ne.jp/
s
2013/08/17 23:17
sさん今晩は。
この沢は沢登りの中でも初級のレベルでしたよ。
少しずつレベルアップすれば何れ歩けるようになると思いますよ。
SONE
2013/08/18 18:42
三階滝沢,下からねらっていました。
これならシングルでいけそうですね。
なかなか雰囲気が良い沢です。
マロ7
2013/08/20 11:39
マロ7さん今晩は。
最初は下から遡行することも考えましたが、猛暑で標高差180mの大高巻きはきつすぎるので止めにしました。
滝の上からは正しく癒しの沢でソロでも快適に遡行できますよ。
SONE
2013/08/20 16:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.8.15 三階滝沢(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる