東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.10.4 後烏帽子岳(宮城・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2013/10/07 17:43   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 14

午前中限定で南蔵王の後烏帽子岳に登ってきた。
標高1400mから1700m付近の紅葉が最盛期を迎えていた。

【 10/4 後烏帽子岳(1681m) 宮城・蔵王連峰 
聖山平〜澄川渡渉点〜見晴台〜股窪〜ろうづめ平〜後烏帽子岳(往復)

今回は短時間で登山が楽しめる聖山平から後烏帽子岳の往復。

蔵王エコーラインを走行していくと、こまくさ平付近から黄色い紅葉が途切れなく見渡せるようになった。
大黒天からダートの観光道路を下り、登山口の上にある広い路側帯に駐車する。

登山口から少し下って水が涸れた井戸沢を渡る。
その先二手に道が分かれるが左の旧道は通行禁止になっていた。
新道は右に尾根上を歩いて行く。

途中で目指す後烏帽子岳が見えてくる。
画像


急な階段を下って澄川の渡渉点に至る。
旧道は滝のすぐ上を渡渉したが、ここの渡渉点は穏やかな流れで、アルミ製の橋がかかっていた。
画像


急坂を登るとヒメコマツの群生した尾根上に出る。ここで旧道と合流。
少し登ると東側の展望が開けた見晴台に出る。

雲が湧き上がる澄川の光景は正に雲湧谷の別名通りである。
画像


ここから先が紅葉ラインに入る。
鮮烈な黄色や艶やかな赤を見ながら歩くと、何度も足が止まって見入ってしまう。
画像


画像


股窪沢を渡ってオオシラビソの森を登る。
股窪手前にあるかもしか湿原に着いた。
こじんまりとした可愛い湿原であるが、開けた場所に出ると開放的な気分になる。
画像


屏風の壁の末端部が見えてきた。
画像


オオシラビソ帯を抜けて、樹高が低くなってくるとより紅葉の美しさが引き立ってくる。
ミネカエデの紅色が素晴らしい。
画像


蔵王山岳会の小屋を右手に見る。
鍵がかかっている小屋なので緊急時には使えない。
画像


栗駒や船形で見れなかったサラサドウダンの紅葉
ここにきてやっと見ることができた。
画像


ハイマツと赤い紅葉のコントラストが美しい後烏帽子岳が近づいてきた。
画像


ろうづめ平は正に紅葉の最前線。
画像


分岐に到着。
ろうづめ平はダケカンバの黄葉が素晴らしい場所だが、今年の黄葉は葉っぱがチリチリに枯れていて全然ダメ。
画像


ドウダンの紅葉と屏風の壁の北端。
画像


露地前から名前が転化したろうづめ平のガレた裸地に着く。
ここは南蔵王の別天地。登山者が少なく何時もひっそりとしている。
そして屏風岳の展望地として写真の被写体としては最高の場所。
画像


裸地から標高差200m登って山頂に着くが、ハイマツ帯に入るので展望抜群である。
中腹の岩場からろうづめ平を見下ろす
多色のクレヨンをぶちまけたような紅葉の世界が広がっていた。
画像


山頂直下から熊野岳を見る。
紅葉真っ盛りなので平日にも関わらずエコーラインには沢山の車が往来していた。
画像


刈田岳のアップ
この日も取材ヘリであろうか? 何度も上空を行き来していた。
画像


そして後烏帽子岳の山頂に到着。
前後して2パーティ4名の登山者が山頂に集まった。
画像


山頂の大岩の上から眺めた屏風岳
何度見ても見飽きない雄大な風景である。
画像


雲海の上に馬ノ神岳、水引入道、不忘山が並んで見えている。
画像


時間がないので山頂での休憩はなし。
踵を返してそのまま往路を戻った。

しかし太陽光線の向きが変わり、紅葉が映える場所では何度も立ち止まって写真を撮った。
画像


帰路に見たオオカメノキとツリバナの実
何気ない景色の中にも面白い被写体が沢山ある。
画像


画像


見晴台の手前から登ってきた後烏帽子岳を振り返る。
今年一番の紅葉に当たった山行であった。
画像



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
刈田峠から金吹沢を下り股窪までに至るルートを辿った時にこのあたりは凄い紅葉だなと思いました。
紅葉は1週間待ってくれないのが残念…(^o^)
山頂の大岩の上から眺めた屏風岳がいいですね。
マロ7
2013/10/07 18:20
マロ7さん今晩は。
時間があれば屏風岳に登って刈田峠〜股窪を経由したのですが、午前中限定でしたので引き返しました。
紅葉前線は桜前線より見ごろの時が短いですよね。
北屏風の壁を見るのは山頂の大岩に勝る場所はありませんね。
SONE
2013/10/07 19:22
こちらも一気に紅葉が進みましたね〜!。代表的な紅葉名所が大賑わいそうな今週末、どこへ出かけるか?迷います。・・・マイナールート探そうかな?。
テントミータカ
2013/10/08 09:49
白石に高校に行ってる頃よく登山しました。
峩々温泉かカモシカ温泉?に泊まりましたが今は廃業とか・・・
年中無給
2013/10/08 17:43
テントミータカさん今晩は。
今年の紅葉は例年と同じタイミングに戻りましたね。
今度の連休は天気も良さそうなので、何処の山も大入りでしょうね。
最近はマイナーな山と思ってもかなりな人数に会うこともあります
SONE
2013/10/08 17:54
年中無給さんコメントをいただきありがとうございます。
かもしか温泉は表層雪崩で全壊したため、現在は基礎だけが残っている状態です。
今でも営業してえいたら全国的から秘湯マニアが訪れていたことでしょうね。
その当時ですと後烏帽子岳にスキー場がなかったと思います。
今はゴンドラ利用で楽に登れる山になってしまいました。
SONE
2013/10/08 18:06
あーSONEさん、近かったですね〜。
私は水引入道にいました(^_^)
ナカシィ
2013/10/08 18:57
ナカシィさん今晩は。
お隣の山にいましたね。
刈田峠の駐車場は空きスペースが無かったですね。
SONE
2013/10/08 21:56
赤もきれい。黄色もきれい。緑もきれい。
素晴らしい紅葉ですね。
そして屏風の絶景!
手軽に行ける後烏帽子、来年行ってみます。
morino
2013/10/08 22:53
あっーなんと同じ日に中丸山にいました
南蔵王も考えたのですが

http://brandnew6.naturum.ne.jp/e1698615.html
s
2013/10/09 00:38
SONEさんは、いつもタイムリーな山歩きをしますね。なので、とても参考になります。
やはりろうずめ平は、4日が紅葉の見ごろでしたね。あそこの紅葉は、蔵王のなかでも
とくに綺麗だと思います。
昨日(8日)水引平に行きましたが、水引入道の山頂の紅葉は、一番良いときを過ぎていました。
来年は、もう少し早く行こうと思います。
momo
2013/10/09 16:50
morinoさん今晩は。
水引入道と大差ない素晴らしい紅葉が見られるところですね。
屏風岳の一番の展望台はこの山頂だと思います。
ろうづめ平から屏風〜杉ヶ峰〜刈田峠〜股窪〜聖山平を周回すると一日コースになりますよ。
SONE
2013/10/09 19:13
sさん今晩は。
刈田峠を挟んで反対側の山におられましたね。
ブログに遊びに行きますね。
SONE
2013/10/09 19:14
momoさん今晩は。
今年は紅葉の追っかけのようになっております。
概ね予想通りに見られましたよ。
ろうづめ平のダケカンバの黄葉も楽しみにしておりましたが、ちょっと期待外れに終わりました。
でも蔵王でも有数の紅葉の名所ですね。
昨日の稜線は天気が良くなかったでしょうね。
水引入道の紅葉最盛期も同じ4日だったようです。
SONE
2013/10/09 19:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.10.4 後烏帽子岳(宮城・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる