東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.11.17 瀧山(山形・蔵王連峰)

<<   作成日時 : 2013/11/21 20:33   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

好天に恵まれた日曜日、マスさんが蔵王の前衛峰である瀧山に登っていなかったので久々に登ってみた。
山形盆地は放射霧による雲海に覆われていたが、ほぼ無風快晴の登山日和であった。

【 11/17 瀧山(1362m) 山形・蔵王連峰 】
西蔵王放牧場登山口〜長峰コース分岐〜霊山神社分岐〜前滝〜ヘラハギ山〜瀧山〜乳母神地蔵〜うがい場〜牧場内車道を経由して:登山口

2008年に登った時 →コチラ  には前滝コースは土砂崩れのため通行禁止になっていた。
それ以降、前滝コースを歩いていなかったが、通行可能となっているのが分かっていたのでまた登りたくなった。

山形県において村山地方は比較的積雪の少ない地域なので、週の初めに降った雪は少ないとの予測である。

西蔵王放牧場の駐車場に車を止めて歩き出す。
周辺はカラマツの黄葉が見ごろであった。
画像


出発した時間が午前10時ごろなので、目指す瀧山の姿はちょうど逆光になっていた。
画像


放牧場内には何本かオオヤマザクラの巨木がある。
5月の花の盛りには大勢の花見客が訪れるスポットだ。
柵に囲まれた木がオオヤマザクラ。既に葉っぱも落ちて冬枯れの様相であった。
画像


コナラ中心の雑木林を歩く。
枯れ木にキノコを探したが全然見つからない。
画像


瀧山川源流と書かれた石碑をみたところで登山道は左折。
沢の大滝を巻いて、滝の上に出る。
この地点のトラバース道が足場が悪く危険個所となっている。

正面左の崖のように見えるところが前滝コースの取り付き
画像


ここから先は木の根、枝、岩角、そしてロープにつかまりながら攀じ登る難易度の高い登山道が続く。
このコースが下山禁止となっている理由が良く分かる。
画像


ヤセ尾根に突き出た露岩の上から山形市街地が俯瞰できた。
画像


東側の尾根を望む。北に長く伸びている尾根なので長峰と呼ばれているのであろうか。
画像


一歩ごとに高度がどんどん上がっていくのが実感できる急坂が続く。
登山口である西蔵王放牧場が凄い高度感で見えている。
画像


急な登りではあまり積雪はなかったが、斜度が緩んでくると10cm程度の雪が積もっていた。
画像


瀧山がかなり近づいてきた。
ここまで標高を上げるとヘラハギ山の南肩は近い。
画像


蔵王スキー場からの道と合流。
その先で一旦鞍部まで下り、少し登り返したところが瀧山山頂である。

ここから見る蔵王スキー場と熊野岳の姿は何度見ても飽きない景色である。
画像


三宝荒神山と熊野岳のアップ。
画像


雁戸山をバックに記念写真
画像


雁戸山のアップ。
画像


風のない全然寒くない山頂で食事をとって、瀧山神社にお参りしてから乳母神(姥神)コースを下山する。
画像


下山路は粘土質の道に薄く雪が乗って滑り易く難儀する。
途中で北側の展望が開けた地点があり、奥羽山脈の連なりが眺められた。
画像


前滝コースはたった一人しか先行者がいなかったが、乳母神コースはこの日はかなりな人数が登ったようである。
画像


このコースのシンボル:乳母神地蔵
画像


鉄製のアングルが岩場に埋められ梯子となった場所を過ぎると、ブナの森から雑木林に変わる。
登山道の幅も広くなり遊歩道を歩いている気分だ。
画像


放牧場まで下って、牧場の際を西に歩いて行くとうがい場と記載された水場に着く。
その先は放牧場内の舗装道路を歩く。

牧場の柵の内側にツルウメモドキの実を見つけた。
画像


駐車場近くから登ってきた瀧山を振り返る。
実に高原的な感じのする風景だと思う。
画像


帰路は下道を走行して仙台に戻ったが、渋滞にも会わず早めに帰宅できた。
瀧山は比較的短時間で登山の醍醐味を味わえるイイ山である。

GPS軌跡です。

画像



動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
瀧山の前滝コースは一気に高度を上げて、振り返って見える絶景が気持ちいいですね。
マスさんがまだ登っていなかったとは知りませんでした。
大滝コースは難しそうですね。
morino
2013/11/21 21:36
morinoさん今晩は。
前滝コースは何度登っても高度感があり面白いですね。
マスさんが未登だったのでちょうど良い機会に登れました。
大滝コースは今はどうなっているでしょう? 通行禁止になってから記録をみないですね。
SONE
2013/11/21 22:31
最近、大滝コースを登った方がおりましたよ。
いつかは辿ってみたいコースですね。
ツルウメモドキの鮮やかさがいいです。(^o^)
マロ7
2013/11/22 07:09
マロ7さんおはようございます。
大滝コースは最初に滝を巻く部分が崩れているだけなのですよ。
そこさえ過ぎれば急坂の登りで、途中に小さな石橋があります。
やはり登っている方がいるんですね。
ツルウメモドキは牧場の縁に沢山生えていましたが、高いところのものばかりでした。
SONE
2013/11/22 07:59
色彩がとても綺麗な写真ですね。龍山のアップはとても鮮明なのでビックリです。(当方の安デジカメでは無理なので)ところで山頂の神社ですが、ここが村山葉山といっても分からないなぁと思いましたよ。前滝側のコースは何時か行ってみたいですね。けれど熊の山なので足が向くかなぁ・・・。
くまたか
2013/11/23 22:40
くまたかさん今晩は。
コンデジでも画像補正で彩度を上げると似たような写真になりますよ。
確かに山頂の神社は村山葉山に少し似ていますね。少しだけ小さいですが・・・
前滝コースはお勧めです。危ないところにはロープが設置されているので慎重に登れば大丈夫です。
SONE
2013/11/24 00:02
どの写真も綺麗ですが最後の写真は立体感すら
ありますね
s
2013/11/28 16:02
sさん今晩は。
写真をお褒めいただきありがとうございます。
最後の写真は斜光になっていたので影がついて立体感がでたのでしょうね。
SONE
2013/11/28 21:41
マスさんは初めてでしたか。
そういえば大滝から羽竜沼も計画に出てましたね。来年こそ行きましょう。
みいら
2013/12/03 08:31
みいらさん今晩は。
意外と近場なのにマスさん初めてでした。
大滝から羽竜沼、来年よろしくお願いします。
石橋見るのにロープを持っていかねば。
SONE
2013/12/03 19:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.11.17 瀧山(山形・蔵王連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる