東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013.11.24 翁倉山(宮城・北上山地)

<<   作成日時 : 2013/11/27 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

東日本大震災以降では初めて翁倉山を訪ねた。
東北一の大河:北上川が山裾を流れるこの地は、大津波で壊滅的な被害を受けた地域である。

【 11/24 翁倉山(532m) 宮城・北上山地 】
飯田屋敷跡奥の林道終点〜尾根取り付き〜鞍部〜翁倉山〜最高点〜伐採地〜飯田屋敷跡奥の林道終点

朝方の雨で当初予定していた二口山塊の山行を諦め、ネットで天気予報を眺めながら決めた山が翁倉山だった。
石巻市北上町と南三陸市の境にある標高532mの山であるが、過去に5回以上は登っているお気に入りの山だ。
しかしマスさんが未登の山なので、4年ぶりに登ってもいいかと出かけた。

今回は北上川の左岸堤防道路を走行してアプローチする。
堤防がかさ上げ工事の最中で、多くの重機が置かれていた。

新北上大橋がかかる場所の対岸に東日本大震災の大津波で全校児童108人の7割に当たる74人が死亡、行方不明となった大川小学校の廃墟が見えている。
その当時の模様を撮影した動画を見つけた。
児童たちは撮影された裏山に逃れず、写っている新北上大橋に避難して津波に飲まれた。



その東側に位置する長面地区や対岸の大須地区など、民家のほとんどが流失して、現在は茫漠とした更地になっている。過去を知るものとして心が痛む風景である。

写真は新北上大橋そばの堤防上から撮った翁倉山
手前の田んぼは津波が押し寄せた場所であるが、塩害対策によりやっと稲作ができるようになった。
画像


飯田屋敷跡に右折するところは新道ができて分かりにくくなっている。
林道終点には2台の車が駐車していた。

付近は紅葉が残り一面に黄色い世界になっている。
画像


ロープが張られた急坂を登りきると穏やかな尾根にでる。
一部でブナの木が生えていた。
画像


尾根の東側を巻く地点の紅葉が一番見応えがあった。
画像


アカマツが倒れた場所では西側の展望が得られた。
石仏峰が間近に見えている。
画像


休憩時にマスさんお手製のパン『富士山』をいただく。
中にカルピス味のカスタードクリームが入っていて美味しい。
画像


西側の442m峰の鞍部に乗り上げてから、道は右折して急坂を登る
画像


三つめのピークが二等三角点のある翁倉山山頂である。
画像


この山頂は景色が良い山頂であったが、今回は周囲の木々が伸びてしまってほとんど展望が得られなかった。
藪を漕いでやっと志津川方面の海の写真を撮れた。
画像


津波で壊滅的な被害を受けたところの復興事業に忙しくて、余り人気のない翁倉山の整備に回る予算や、作業をできる人もいないのであろう。

山頂の野芝に腰をおろして、頂もののはらこ飯を美味しくいただいた。
画像


帰路は東側の最高峰を経由して時計回りに登山口まで周回する。
荒く刈り払われた作業道を歩いて行くと標高380mの平坦なピークに着く。
画像


作業道は更に東側の393m三角点峰方面に続いているようだが、登山口に戻るためには右折して僅かな踏み跡を辿らねばならない。
以前はうるさいくらいに赤布が付けられていたが、今は全く無くなっていて、自分の目と地形図で踏み跡を辿るしか方法がない。
急坂を下ると再び紅葉ラインまで標高が下がった。
画像


笹薮を上手く避けて下って行くと伐採地にでる。
下のブル道まで下るが、この道は既に棘藪が繁茂し始めていて、あと2年足らずで通行不能になってしまう感じだ。

途中で翁倉山を振り返る。
画像


真っ赤な実がたわわに実っていた。
帰宅後に調べたらウメモドキの実と判明。庭木にも用いられる低木だとか。
画像


南側には北上川と硯上山が見えていた。
画像


棘植物に辟易しながら下っていくと登山口に戻れた。
山頂からの展望がなくなって味気ない山になってしまった感じである。

GPS軌跡です。

画像



動画です。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おばんです。
あっ!、残念!。前日に同じコースで歩いてしまいました。(笑)

山頂で梢越しに垣間見えた長面地区には胸が痛みました。
たーぼ
2013/11/28 19:45
動画で見ると自分が歩いた時を鮮明に思い出します。
ブル道は随分と荒れてしまったのですね。
あまり歩かれていないのは残念です。
morino
2013/11/28 21:30
たーぼさん今晩は。
前日に行かれましたか。帰路の行程で足跡が残っていましたね。
長面地区や釜谷地区は荒野になってしまいましたね。見ていて悲しくなります。
SONE
2013/11/28 21:46
morinoさん今晩は。
面白味に欠ける動画ですが編集に苦労しました。
ブル道はモミジイチゴが繁茂して、歩いていると棘が刺さって痛かったです。
SONE
2013/11/28 21:48
この山はピストンだけでした。
ブル道があるというからそのうちと思っていましたが…。
追分温泉、萱の木の風呂がいいですねぇ。
しばらく前ですが、日帰りで海鮮料理も楽しみましたよ。(^^)
マロ7
2013/11/29 07:27
マロ7さん今晩は。
ブル道はあと数年経ったら通行不能になる感じですよ。
追分温泉の風呂は最高でしたが、日帰りで料理を楽しむ手がありましたか。
SONE
2013/11/29 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013.11.24 翁倉山(宮城・北上山地) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる