東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年の登山を振り返って

<<   作成日時 : 2013/12/27 22:20   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 22

今年は夏場には天候不順でからっと晴れた日に登山できる機会が少ない年でした。
今月は風邪と腰痛で体調を崩してしまい、母の三回忌もあって尻切れトンボに一年が終わりそうな感じです。
それでも現在まで72日も登山が出来たので上出来な一年だったと思います。

今年は岩っぽい山に多く登った印象がありました。
全ては10月に遠征した表妙義縦走に向けてのトレーニングも兼ねていましたが、同行したマスさんも岩場への対応が格段に向上した感じです。
オールマイティな登山を志す場合に登攀技術は避けて通れないので、来年は更に安全登山の意味においても岩場への対応を確かなものにしたいと思っています。


===============================================

先ず最初に(1)拙ブログ記事の閲覧数(’13 12/27現在)トップ10  をご紹介します。簡単に言えばMyブログ記事の’13人気ランクです。


第10位 5/19 葉山(山形・上山) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1207

*マイナーな山形の里山ですので、この山がランクインしたのは意外でした。
上山市の市街地の東側にある目立つ山なので、地元の岳人にはメジャーな山なのでしょうね。

氷河期の痕跡と言われる岩海
画像



第9位 3/17 品倉山(山形・月山) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1217

*湯殿山スキー場からピストンできる割に、豪快な雪稜登りが楽しめる山です。
豪雪地帯の月山にあって雪山入門編の位置付けの山となっています。

険しい山容の月山西面が間近に見える。
画像



第8位 2/1 山形神室(山形・二口山塊) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1231

*厳冬期に関わらず快晴の雪山を堪能しました。
夏場は人気の山ですが、冬場に山頂に立つ登山者は少ないようです。

一面のシュカブラ帯となっているトンガリ山〜山形神室の稜線。
画像



第7位 5/12 薬莱山(宮城・船形連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1333

*宮城では里山の扱いですが、山麓に温泉施設などがあり一大リゾート空間になっています。
それ故に登山者も多い山なのでしょうか。

やくらいガーデンから眺めた薬莱山
画像



第6位 5/18 五葉山(岩手・北上山地) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1375

*今回で三回目の登山となる山でしたが、初めて展望が開けた時に登れました。
大津波で壊滅的な被害を受けた大船渡市が見えていました。

山頂付近から見た黒岩に続く稜線
画像



第5位 6/23 西朝日岳(山形・朝日連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1394

*残雪が多い年でしたのでヒメサユリの開花は遅れていました。
晴れの予報も外れ、ガスの稜線歩きになって大朝日岳は割愛して西朝日岳から竜門山を周回しました。

ゴロビツ上部の雪堤が6月下旬なのに残っている。
画像



第4位 7/20 月山(山形・月山) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1581

*毎年上位にランクインする百名山の月山です。
この日は姥沢から山頂を経て本道寺口を抜ける長大なルートを日帰りで歩きました。

本道寺コースの途中から月山を振り返る
画像



第3位 6/9 神室山から小又山(山形・神室連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1616

*ブナの森に咲くオサバグサを見に神室連峰の主稜線を歩いてきました。
延々と続くシラネアオイの群落に魅了される山でした。

越途に降りる途中でやっと神室山の全貌が拝めた。
画像



第2位 6/16 屏風岳から不忘山(宮城・蔵王連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1648

*宮城県で花の一番多い縦走路がこの南蔵王です。
毎回上位にランクインしていて、閲覧される皆さまは花の開花情報を欲しているのでしょうね。

芝草平のチングルマ群落
画像



そして今年2013年度の第1位は


第1位 6/30 秋田駒ヶ岳・男岳(秋田・秋田駒ヶ岳) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 2910

*今年のダントツ1位は秋田駒ヶ岳でした。
毎回登る度に登山者の多さに驚きますが、それが反映された閲覧数となったようです。

水沢温泉分岐の手前から男岳を振り返る
画像



==============================================


次に閲覧数は一切関係なく (2)私自身が今年一番記憶に残った山行トップ10 を発表します。


第10位 11/16 鉤掛森と竜馬山(山形・神室連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 416

*長い間、何時か登りたいと思っていながら叶わなかった山が竜馬山でした。
途中で道を失ったりして藪漕ぎしたのが逆に思い出に残りました。

竜馬山の壮絶な東面岩壁と杢蔵山。
画像



第9位 8/4 笙ヶ岳(山形・鳥海山) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 937

鳥海山で一番ハードを言われている長坂道を登山口の山の神から登り、万助道を周回する初めてのコース採りでした。花の名山にふさわしい花の競演に酔いしれました。

鳥海湖の分岐付近から笙ヶ岳を振り返る。
画像



第8位 7/9 吾妻小富士(福島・吾妻連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1099 

*8年ぶりに栂平園地に咲くコバイケイソウが大当たりと聞いて出かけました。
そこには長い登山人生の中で見たこともない凄い密度のコバイケイソウが咲いていました。

湿原にでた途端に夢のようなコバイケイソウの大群落が広がっていて驚いた。
画像



第7位 6/13 神室山から小又山(山形・神室連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1616

*マスさんと一緒に歩きたかったコースでしたので、とても充実した縦走となりました。
越途の下のオサバグサは咲きはじめだったけど、しばらくぶりに見て感激しました。

小又山の登りにかかると、越えてきた縦走路のガスが飛んできた。
画像



第6位 9/22 源太ヶ岳から三ツ石山(岩手・裏岩手縦走路) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 626

*ここも大分前に歩いたコースでしたが、今回は天候にも恵まれ、一足早い紅葉も拝めて最高の山でした。

三ツ石山から源太ヶ岳の方向を眺める
画像



第5位 2/1 山形神室(山形・二口山塊) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 1231

*ほとんど無風快晴で厳冬期なのに腕まくりして登った雪山でした。
こんな条件の良い時に雪山に登れる日は数えるほどしかありません。

トンガリ山を越えて右手の山形神室を目指す。
画像



第4位 10/14 摩耶山(山形・摩耶山塊) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 833

*山形随一の難易度を誇る倉沢コースを周回してきました。
久々に歩きましたが、以前より難易度が高くなっている印象があります。

鉾ヶ峰と鑓ヶ峰がまるで猫の耳のように見えている。
画像



第3位 4/14 赤見堂岳(山形・朝日連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 818

*自身3回目となる赤見堂岳であるが、マスさんが今年一番登りたかった山との事です。
思いもかけず稜線は重い新雪が積もっていてワカンのラッセルを強いられました。

灌木帯を抜けた西側の雪原から遮るもののない赤見堂岳の全貌が拝める。
画像



第2位 5/5 猿倉山から高安山(山形・朝日連峰) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 599

*朝日軍道を歩くシリーズの一つとして今回は高安山を選びました。
前回登った時より藪が出ていて苦労したが、同行した皆さんは長い行程をよく頑張ったとおもいます。

兜岩と高安山。午後の斜光を受けて、陰影のある景色に見えている。
画像



そして2013年、私自身の選ぶ第1位は


第1位 10/19 表妙義縦走(群馬・妙義山) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・閲覧数 985

*長年温めていた縦走コースですが、登攀ガイドさんを頼んで、安全第一で完踏できたのには感激しました。
自分を含めて山仲間の登山スキルが上がった感じがしました。

東岳の岩場を鎖を使って下り、中ノ岳へのヤセた岩稜を登る
画像




【総括】
自己ベストは岩場や残雪期の山が上位を占めましたが、既登の山であってもマスさんと一緒で思い出深い山となりました。
父親の身体がどんどん弱っていて介護度が上がりそうな点は心配ですが、来年はどんな山が待っていてくれるか楽しみです。

今年も拙ブログを見に来ていただいてありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、
すばらしいブログ時々拝見させてもらっています。
写真も文章もすべて特級です。

山行は低山ばかりの初心者ですが、人生経験はなが〜い者です。
つまり高齢者です。ヤマレコというサイトもよく見ています。

soneさんが風邪と腰痛で大変だったと知りましたが、私も
12月は腰痛と風邪で治めの山行ができなくてがっかりでした。
コメントするのはなんとなく羞恥心があるのですが、腰痛と
風邪につい反応してしまいました。

お父上様の介護もますます大変になると思いますが
くれぐれもご自身の健康第一で頑張ってください。
これからもブログ大いに楽しみにしています。
どうぞ良いお年をお迎えください。
kazu
2013/12/28 12:46
ハイセンスな写真・センテンスそして動画、感動をありがとう。
小生、昨年に脚を骨折し、リハビリに始めたウオーキングを機に県内(山形)の山を中心に歩き廻っております。毎回ブログを拝見するのがとても楽しみで、山行きの参考にさせていただいております。
来年も楽しみにしております。
ogu
2013/12/28 15:32
はじめまして、
約3年前より山歩きをスタートし、昨年よりsoneさんのブログを拝見させてもらっております。毎回とても参考になり、楽しく拝見させてもらっております!

今年はもしかするとお会いする機会があるかも、と思っておりましたが、品倉山の日に自分は大頭森山にいたりと、別の山だったり別の日にだったりと、ニアミス(笑)でした。来年、もしお会いすることがあれば、とてもうれしいです!

お体にお気をつけて、来年お会いできる日を楽しみにしております(^J^)
モンキィ
2013/12/28 17:38
kazuさんコメントありがとうございます。
写真も文章も自分としてはまだまだだと思っておりますが、お褒めいただき恐縮です。
低山が山登りの原点ですから、一山一山大切に登れば思い出が広がると思いますよ。
風邪は治るまで10日、腰痛はやっと山を歩ける状態まで治りました。
寒さが増す時期には体調を崩しやすいですね。
今後も拙ブログをよろしくご愛顧お願いします。
SONE
2013/12/28 19:12
oguさんコメントありがとうございます。
写真と動画をお褒めいただきありがとうございます。
骨折されてのリハビリが登山でしたか。筋力と心肺機能が増す運動ですのでリハビリには最適でしょうね。
コースタイムを入れないブログですので、余り参考にはならないかもしれませんが、今後も少しだけマニアックな山登りを実践していきたいと思います。来年もよろしくお願いします。
SONE
2013/12/28 19:16
モンキィさん初めまして、コメントありがとうございます。
毎回拙ブログを閲覧いただき恐縮です。
3年目で大頭森山に登られていたとは精力的な登山を実践されておりますね。
もし山でお会いできた時はお気軽にお声掛けください。
頭に巻いたタオルと三脚を持って歩いているのが目印ですよ(笑)
SONE
2013/12/28 19:20
SONEさん1年間楽しく拝見させていただきました。
若い頃に経験はあると言っても、数年前から数十年ぶりに山行きを再開した者にとっては大変参考になりました。
そして、若いときに先輩から言われた「難易度は山の高低とは関係ない」と言う言葉を思い出した1年でもありましたね。
また来年も楽しみにしております。

そういえば週刊○○○○でも似たような方の似たような記事を読んでいたと最近気づきました・・・
Georgey
2013/12/29 15:05
Georgeyさんコメントありがとうございます。
あまり詳しくないブログですがご贔屓いただき恐縮です。
昔とは特に装備が格段に良くなって登山の敷居が低くなっていますね。
おっしゃる通り低山の方が伐採などにより登山道の改変が多く、しかも道標が少ないのもあって難しいですね。
来年もよろしくお願いします。
週刊○○○○見つかってしまいましたか(笑)
SONE
2013/12/29 16:59
SONEさん今晩は!ブログが更新されないので心配しておりましたが腰痛でしたか。寒いので尚更お大事にして下さい。SONEさんのブログを楽しみにしているファンとしては毎週登山して頂きたい位ですf^_^;)私は今、家族と年末まで安比でスキーです。ようやく東北に戻ったと実感してます。来年もよろしくお願いします。
翔パパ
2013/12/29 18:30
翔パパさん今晩は。
腰痛はほぼ回復しましたが、23日の連休は仕事で山に行けませんでした。
毎週登山はやろうとしても難しいですね(笑)
今の安比は寒いでしょうね。パウダースキーが楽しめそうです。
私も20代の頃は安比通いをしましたよ。
来年も拙ブログをよろしくお願いします。
SONE
2013/12/29 19:27
SONEさん、今年もたいへんお世話になりました。
ご一緒させていただいた山は
どれも素晴らしくて、楽しかったです。
ありがとうございました。
腰痛、いかがでしょうか。無理なさらないでね。
来年もどうぞよろしくお願いします(^_^)
ナカシィ
2013/12/29 20:22
今年もお世話になりました。
おかげさまで、めったに行けないところを楽しませていただきました。
それにしてもSONEさんのベスト10に5回も同行させていただいたとは何たる幸せ。
来年もよろしくお願いいたします。
morino
2013/12/29 20:56
おっ、新鮮な方々のコメントに拍手(^o^)
ベスト10はなかなかのお山ですね。
morinoさん、ベスト10に5回も…5割打者ですね。(^o^)
私は、鬼首の山王、ツクシ森も良かったですよ。
来年もよろしくお願いします(^_^)
マロ7
2013/12/29 22:26
ナカシィさん、今年はいろいろありがとうございました。
ちょっとだけ多くの山にご一緒できた一年でしたね。
腰痛はほぼ回復しましたが、家の大掃除やら正月の準備やらで忙しい毎日です。
来年もよろしくお願いします。
SONE
2013/12/29 23:26
morinoさん今年もいろいろお世話になりました。
ベスト10に5回もご一緒できましたか。
なかなか行けない山に行けましたね。
来年もよろしくお願いします。
SONE
2013/12/29 23:27
マロ7さん今晩は。
今年はなかなかご一緒する機会が少なかったですね。
鬼首の山王森からツクシ森も楽しかった山の一つです。
来年もよろしくお願いします。
SONE
2013/12/29 23:29
昨年は、キノコ狩り登山の1度しかご一緒できなかったのですが、豊作?で楽しかったです。
来年は、もっとご一緒できるように頑張りますので、よろしくお願いします。
みどぽん
2013/12/30 08:42
みどぽんさんおはようございます。
たった1回しかご一緒できませんでしたが思い出深い山になりました。
今年はまずBCからご一緒したいですね。来年もよろしくお願いします。
SONE
2013/12/30 09:09
初めまして。いつも楽しく拝見しております。今年はソネさんとマスさんの後を追いかけて、ほとんど毎週登ってました!山形の雪の瀧山と沢渡黒伏は強烈でしたね・・・昨日は薬莱山に登りましたが、スノーシューでも腰まで沈む厄介なラッセルで泣きながら登頂しました。3時間もかかりましたよ・・何度かニアミスしてお会い出来てませんがいつかお目にかかりたいです!来年もご指導宜しくお願いします!  ひさ
hisa
2013/12/31 01:57
hisaさんコメントありがとうございます。
私の後を追ってくれているとは感激しました。
沢渡黒伏は骨のある山だったでしょう。
薬莱山の積雪は腰までありましたか。
元旦の日の出登山に入山する方が多い山ですが今回は大変でしょうね。
お会いできたときはお気軽にお声掛けください。
来年もよろしくお願いします。
SONE
2013/12/31 12:43
あけましておめでとうございます。年末年始は、忙しくて、今コメントを書いております。

やはり、初級の岩、沢、雪の技術がないと、登山は成り立たないと思います。また、自然を楽しむという意味で、いろいろな選択肢があっていいと思います。

NYAA
2014/01/06 21:29
NYAAさん明けましておめでとうございます。
コメントをいただきありがとうございます。
一つのジャンルだけ突出するのも奥を極める点では良いでしょうが、私の場合は山を広く追求したい方ですので、ご覧のような登り方になっていますよ。
岩場はスキー以上に敷居と危険性が高いので技術の鍛錬は必要ですね。
SONE
2014/01/06 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年の登山を振り返って 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる