東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014.1.15 沢股山(宮城・二口山塊)

<<   作成日時 : 2014/01/17 21:14   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

父をデイケアに送り出し、その後施設の相談員と浣腸の効きと父の体調を何度か確認した。
同時にケアマネさんと電話にて打ち合わせ。
今週の土曜日も父に通所させることに決める。
短期入所は現在空きがなく、空きをまっている状態。最優先で入所させてくれるそうで、それまではデイケアと在宅介護で頑張るしかなさそうである。

【 1/15 沢股山(645m) 宮城・二口山塊 】
仙台ハイランド芋煮会駐車場〜スキー場跡地中間部〜東尾根〜沢股山〜リフト跡最上部〜廃ゲレンデ〜570m峰〜仙台ハイランド芋煮会駐車場

たまりにたまった父の乾かない洗濯物を午前中干して何とか乾かした。
同時に父の部屋と汚れたトイレを掃除。

自分の会社の経理事務をしなければならないのだが、そんな家事をしていると時間がどんどん過ぎていく。
今回の介護負担の増加でかなりストレスが増しているので、息抜きにお昼前だが簡単な山に登ってくる事にした。
晴れて蔵王も見えているが、午後4時半には帰宅して父の部屋を暖めておかねばならないので遠くに行けない。

今回は前から気になっていた沢股山を目指す。(三角点名:大岫山)
この山は仙台ハイランドの私有地内にある山で、10年以上前には山頂付近までスキー場が開設されていた。
スキーバブル期には冬場の集客を当て込んで、仙山線に西仙台ハイランド駅が作られたが、現在は列車が全く停車しない寂れた駅になっている。
作並駅の西側にも大昔あった八ツ森スキー場用に八ツ森仮停車場と称する駅があるのも面白い。


仙台ハイランドは現在東北最大規模の遊園地があり、パブリックコース的な仙台ハイランドゴルフ場、そしてレース場も併設されているレジャー施設だ。
画像


ゴルフ場の中を通る車道から目指す沢股山が見えている。
画像


冬場は全ての施設が閉園中なので車が何処まで入れるか懸念していたが、途中ですれ違った施設管理の方に伺うと、芋煮会用の駐車場に車を止めても大丈夫と言われた。
最初はスキーに来たと思われたらしい。登山と言ったら怪訝な顔をされた。

沢股山は関山街道からはほとんど見えない山だが、二口峠に至る県道の森安付近からは北側に独立峰的に大きく見える山である。
東側の戸神山の山頂から大東岳を望んだとき、手前にスキー場跡地が見える山がそれだ。

しばらく本格的な雪が降っていないので、スキー場のゲレンデ跡の登りはスパイク長靴でも楽々登れた。
画像


南側の山稜から時計回りに旧ゲレンデを登るのは遠回りになるので、東尾根への取り付き点を探しながら登っていく。
振り返ると遊園地の施設が見えていた。
画像


大型のモーターが置かれた小屋の右手を横切り、左手に池を見下ろして雑木林に入っていく。
雪は締っていてキックステップが良く効く。
画像


下から見て快適に思えた東尾根は低木藪が繁茂して歩き難い。
一か所だけ北側の展望が少し開け、船形連峰が大きく望めた。
画像


稜線通しはほとんど藪漕ぎになったので、左手の斜面を巻きながら登っていった。

沢股山の山頂はブナとナラの混生林。
しかしブナは二次林らしく、太い木は一本もなかった。
画像


山頂は樹林に囲まれて期待した西側の展望は一切なかった。
そこから南に少し下ると旧スキー場の最上部に出る。
ここからの東側の展望は素晴らしい。
戸神山、そして奥に西風蕃山、太白山が一望できる。
画像


戸神山のアップ
沢股山から比べるとかなり標高が低い。
画像


その右手には秋保の大倉山
画像


帰路は藪の東尾根を歩きたくないので、廃スキーゲレンデの中を下っていく。
途中で風を避けて遅い昼食をとった。
気温が低いのでカップ麺を食べても体が冷えてくる。

低木とススキの藪が出ている旧ゲレンデの下りは、最初は雪が締って快適であったが、北斜面に回り込むと倒木などで雪穴が多くなり、ツボ足で下るのは苦労する。
ワカンは持っていたが、装着している時間に踏み抜き地域は抜け出してしまうであろう。

最後は廃タイヤが積み重なった場所を抜けると、雪が締り楽になった。
そこから登ってきた沢股山を振り返る。
人工物が多くて、何とも冴えない山容である。
画像


時間があるので東側の建物が建っている570m峰に立ち寄った。
その登りの途中で南側に鷹ノ巣山が見えている。
午前中は全貌が見えていた蔵王連峰は、この時間には雲がかかっていた。
画像


570m峰の真下にはオフロードコースがあるみたいだ。
殺伐とした光景が広がっている。

しかしここから見る泉ヶ岳は、右手に尖がった鎌倉山を従えて新鮮な景色に見える。
画像


船形山は山頂の避難小屋まで確認できた。
画像


クラストしたスキーゲレンデの下りは早い。
短時間で車に戻ってしまった。
この山は大雪が降った日に山スキーで登ったら面白そうな感じがした。

車で遊園地に登り返す途中、山頂では梢越しにしか見えなかった大笠山の全貌が見えていた。
画像


そして2回チャレンジして、2回敗退した新川岳
今年は登頂したいものである。
画像


GPS軌跡です。

画像


動画です。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ここを狙ってましたよ。
先日の蒲沢山の帰りに、偵察兼ねて練田峠方面に進んでみましたが積雪で途中ストップ。
展望は良いようですね。(^o^)
マロ7
2014/01/17 21:36
マロ7さん今晩は。
やはり狙っておりましたか
練田峠方面からだと積雪が多いでしょうね。
北側や西側斜面は股まで沈み込むほどの積雪がありました。
スキー場跡地からの展望は絶景でしたよ。
SONE
2014/01/17 22:24
お父様の介護、お疲れ様です。冬場は施設もショートも埋まってしまうから苦労しますね。
煮詰まらない様に、山に行く時間はしっかり確保して下され〜。
みいら
2014/01/18 10:12
みいらさん励ましのお言葉ありがとうございます。
いざと言うときに施設の空きってないものですね。
訪問看護も考えてみようと思っています。
今は父の調子を見ながら簡単な山に登るのが限界のようです。
SONE
2014/01/18 17:44
昔〜し、スキーを始めた頃に時々練習に行っていました。
入場料だけでリフトやベルトコンベアー式のエスカレーター乗り放題でした。
人口芝がついているゲレンデもあって、雪が少ないとソールに傷がついた思い出があります。
懐かしいなー。(^^)
morino
2014/01/18 19:40
morinoさん今晩は。
このスキー場では滑ったことがないんですよ。
リフト券じゃなく入場料ですかぁ。
雪が多くない山なので、あまり流行らなかったのでしょうかね。
SONE
2014/01/18 19:59
鷹ノ巣山は、なだらかなヤセ尾根が続くので、スノーシューで歩いたら楽しそうです。今度、レポートお願いします。機会があったら、自分で行きたいところです。
NYAA
2014/02/08 19:43
NYAAさん今晩は。
写真で見えているのは東尾根なんですが、かなり藪っぽい山なので快適じゃないです。
西尾根コースの方が大雪が降ったときならスノーシューで楽しめそうですね。
SONE
2014/02/09 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014.1.15 沢股山(宮城・二口山塊) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる