東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014.2.8 盃山と新年会(山形・山形市)

<<   作成日時 : 2014/02/12 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

発達した南岸低気圧の影響で大雪の予報がでている土曜日。
山形駅前で山仲間との新年会が夕方からあるので、その前段で山形県庁の北側にある盃山に登ってきた。

【 2/8 盃山(256m) 山形・山形市 】
山形県庁〜愛宕橋〜馬見ヶ崎プール・ジャバ〜愛宕神社〜孝道山東北別院〜盃山(古峯神社)〜小ピーク〜展望台〜北登山口〜双月橋〜文翔館〜七日町〜山形駅前

午前11時ごろから仙台でも粉雪が降ってきて、短時間に歩道が白くなった。
仙台〜山形間の高速バスに乗車して山形県庁に移動。
雪が激しく降ってくる中を歩いて盃山に向かった。
画像


お昼を過ぎていたので県庁前のラーメン屋で食事をとる。
店内で雨具に着替え、雪の中での山登りは万全。

馬見ヶ崎川にかかる愛宕橋の背後に盃山が見えてきた。
画像


馬見ヶ崎プール・ジャバの前を通過し、愛宕神社の参道を登る。
左手に車道があるが、参道を歩いたほうが趣があった。
画像


車道は孝道山東北別院の前まで続いている。
東側には愛宕山へ登る登山道、北側には双月町方面に下る山道が分れる。
ここは整備された電線ルートを直進する。
画像


山道に入ってから呆気なく盃山の山頂にある古峯神社(こぶはらじんじゃ)に着いた。
この神社は火の神様で、日本武尊が祭神である。
毎日参拝に訪れる方が多いらしく、この日は3名の方に出会った。
画像


生憎の雪降りでほとんど展望が得られなかったが、屋根付きの神社前で休憩していると雪が小降りになって、馬見ヶ崎川の対岸にある千歳山がぼんやりと見えてきた。

晴れていれば月山や朝日連峰が山形市街地の上に見えるところだが、悪天候を見越して来ているのでしゃうがない。
画像


眼下には国道13号線を走る車も一望だ。
画像


下りは表参道と思われる北登山口に向かう
画像


この道は雑木林が続きようやく山歩きをしている感じがしてきた。
画像


緩やかな尾根を下って行くと小さなピークに登り返す。
ここが三角点ピークで地形図上では盃山の山頂となるが、樹林に囲まれた尾根の途中の単なる広場なので写真は撮らなかった。

少し下るとガレてロープが張られた場所がある。
この場所が唯一の難所で、雪で足場が見えず慎重に下った。

再び緩やかな下りになると突然展望台が現れた。
画像


展望台から雪で色彩のない山形市街地の光景が望めた。
画像


最後は階段を下って墓地の中にある北登山口に降り立つ。
画像


麓の双月町から登ってきた盃山が見えていた。
手前にゴルフ練習場があり、民家の裏山と言った感じの山であった。
画像


馬見ヶ崎川にかかる双月橋を渡ると緑町に出る。
本来はここからバスに乗り山形駅を目指すのが一般的であろうが、気楽な一人旅なので文翔館に立ち寄るべく、雪の市街地を歩き出した。
画像


文翔館(旧県庁舎及び県会議事堂)は、大正5年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの建物で、大正初期の洋風建築を代表する貴重な遺構として、昭和59年、国の重要文化財に指定された。現在は、山形県郷土館「文翔館」として一般に無料公開されている。

この日は『和菓子の魅力(春をとどける和菓子たち)』という企画展(3月7日まで)が開催されていて、和の匠たちが作った和菓子の魅力を堪能した。(入場無料)

画像


画像


館内で雨具を脱いで、ここから山形駅前まで再び歩いていく。
途中、繁華街である七日町に立ち寄り、気になる商店を見て歩いた。

降り続く雪の中を歩いて夕方、山形駅前に到着。
画像


そして新年会の会場である居酒屋 伝七に到着。
画像


参加者はみいらさんあかねずみさんmorinoさん、maronnさん、マロ7さん、おっ家内さん、shihoちゃん、マスさん。
毎年恒例の少し遅い新年会だったが、mironoさんの交通事故談義や山の話に盛り上がり、結局カラオケまで行ってしまって楽しい時間が過ごせた。
画像


でも大雪の影響で仙山線のダイヤが大幅に乱れ、最終の仙台行き登り列車が発車するかどうかも危うくなっていた。
そこで高速バスに切り替え、ほぼ満席のバスで深夜に何とか仙台に戻れた。
翌日の仙台は積雪35cm。78年ぶりの大雪で、日曜日は雪かきに4時間を要する大変な日になってしまった。

動画です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
愛宕神社と古峯神社はどちらも火伏せ・防火に霊験のある神社ですね。
この大雪のなか集まった山の仲間の絆は凄いもんだ。
山形宿泊を覚悟してたし、停電になってもとヘッデンを忍ばせていました。(^o^)
マロ7
2014/02/13 07:55
マロ7さんこんにちは。
古峯神社には千歳山と同じくらい毎日登っている方がいるそうですよ。
展望に関しては盃山の方に軍配が上がります。
しかしあの大雪では帰れなくなると思いましたよ。
皆さん無事に帰宅できて何よりでした。思い出に残る新年会になりましたね。
SONE
2014/02/13 12:10
お世話様でした。
今度は天候の安定した頃にいたしましょう。(^^;)
morino
2014/02/13 12:45
お疲れ様でした。
こうやってブログで拝見すると随分歩きましたねぇ。
よりによってあんなに荒れなくてもとぼやきたくなるようなお天気でしたね。
無事に戻られて何よりでした。
みいら
2014/02/13 14:49
morinoさん今晩は。
お疲れ様でした。
この時期は大雪になることが多いですね。もう少し遅い時期の方がいいかもしれません。
SONE
2014/02/13 17:30
みいらさん、幹事お疲れ様でした。
時間が余ってしまったので結局全て歩き通してしまいましたよ。
仙台では78年ぶりの大雪でしたが、ここまで降ったので逆に思い出深くなりました。
よく帰れたものだと感心してしまいました。
SONE
2014/02/13 17:33
こんにちは。
Biglobeのトップから、以前投稿している『亀の子石』についての蘭にもコメントしました。山に亀? 山亀? ですから。
ノンキーハイカーズ
2014/02/17 10:47
ノンキーハイカーズさん今晩は。
以前の記事を見つけていただけましたか。
戊辰戦争に出征された方が、戦勝祈願に掘られたものだそうですよ。
SONE
2014/02/17 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014.2.8 盃山と新年会(山形・山形市) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる