東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014.2.24 安達太良山(福島・安達太良山)

<<   作成日時 : 2014/02/27 22:55   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

快晴の天気で急に思い立って安達太良山に出かけた。
2週連続の大雪で雪山へのアプローチが酷い状況が続いたが、急に気温が上がってきて道路状況が好転した。

【 2/14 安達太良山(1700m) 福島・安達太良山 】
あだたら高原スキー場駐車場〜ゴールドラインリフト終点〜五葉松平〜薬師岳〜安達太良山〜牛ノ背〜峰の辻〜勢至平〜あだたら高原スキー場駐車場

東北道を南下すると、山頂部に少し雲がかかった安達太良山が見えてきた。
画像


スキー場の駐車場に着いたのが午前10時30分。
あだたらエキスプレスと言うゴンドラに乗ろうとチケット販売所に行くが、ゴンドラは諸般の事情により冬のシーズンは運休状態であった。
仕方なくリフト券大400円を払い、右手のゴールドラインリフト1本分だけ乗車する。
画像


ゲレンデトップの標高は1160m。
ここから山頂まで高差540m。
登りはじめの時間は少し遅いが天気も良く、軽く周回可能と判断してスノーシューを履いて登り始めた。

出だしは低木が密生した急斜面を登る。
登りのトレースがばっちり付いて早いピッチで登れる。

五葉松平に出るとホシガラスが沢山群れていた。

薬師岳で少し休憩。
安達太良山の連山が一望に見えている。
画像


仙女平の手前から左手に和尚山が見えてくる。
見る場所によって形が変わる山である。
画像


登りの途中から後ろを振り返る。
薬師岳の背景に阿武隈山地の山々が広がっている。
画像


山頂手前に広がる大雪原の斜面はクラストしていた。
先行する山スキーのパーティがスキーアイゼンを付けるか思案している。

そして雪が強風で飛ばされた山頂直下の広場に到着。
画像


山頂の岩塔はスノーシューで登るのは危険なのでアイゼンを履いて登った。

北側に連なる矢筈ヶ森と鉄山、そして箕輪山が見えているが、背後の吾妻連峰は雲に隠れてしまった。
画像


和尚山と前岳の左手に郡山市が霞んで見えている。
画像


山頂岩塔の急な雪面をトラバースして稜線を牛ノ背方面に北上する。
振り返ると山頂が迫力ある姿で見えている。
画像


牛ノ背について沼ノ平を俯瞰すると、平から強風が押し寄せてきた。
三脚を立てて動画を撮るが、保持していないと三脚が倒されるほどの風であった。
画像


時間的に鉄山を往復するのは無理なようだ。
画像


船底の形をしている船明神山
冬場にはよりアルペン的に見える。
画像


矢筈ヶ森の南側基部をトラバースして峰の辻に降りる。
峰の辻でアイゼンからスノーシューに履き替えた。

山頂を目指すパーティが見えている。
画像


勢至平に向かう道の途中で南面が岩場の鉄山が一望できる。
画像


振り返ると矢筈ヶ森の東面を滑り降りてくるテレマーカーとスキーヤーの姿が見えた。
画像


勢至平までの道の途中で遅い昼食をとった。
微風の中、福島市街地を遠望できる最高の休憩場所だった。

北側を見ると箕輪山の真っ白い山頂が印象的に見えていた。
画像


勢至平まで降りてからジャケットを脱いでフリースだけの服装になった。
風が弱いのでそれでも暑く感じる。

午後の日を受けた安達太良山の姿が優し気に感じられた。
画像


馬車道は通常のショートカットルートを更にショートカットするトレースがあり、それを忠実に辿ると短時間でスキー場まで下れた。

冬場の安達太良山は何度も登っているが、今回のように穏やかな日和は初めての経験であった。
山スキーの利用も考えたが、クラストとモナカの雪質が中心で、スキーを履いた場合はかなり苦戦したと思う。
その点、歩きに徹して正解だったと思う。


動画です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
お写真から察すると、下山の峰の辻通過は20分くらいの違いだったかもしれません。
SONEさんと同じ山、近い山へ行っていることはたびたびありますが(光栄です(^_^))
偶然お会いしたのは鳥海山1回だけですね。
ナカシィ
2014/02/28 15:18
ナカシィさん今晩は。
ナカシィさんのブログの写真と私の撮影した写真を見比べてみましたら、山頂手前の広場に置かれた3本のスキーが一致していました。
それに等倍で見ると山頂にナカシィさんらしい方が写っていましたよ。
ニアミスどころか山頂直下ですれ違っていますね。
気が付かなかったなぁ〜
SONE
2014/02/28 17:20
えーっ!それはそれは近かったですね〜。
今度は気づいてくださいね(笑)
ナカシィ
2014/02/28 20:01
ナカシィさん今晩は。
この時アイゼン履いたり、スノーシューをザックに付けたりしたいたと思います。
そっちに気を取られて山頂から登り降りする人たちを全然見ていなかったのですよ。
気が付いていたらお互いに驚いたでしょうね。
SONE
2014/02/28 20:11
いいなー。
二人とも(^^)
morino
2014/02/28 21:01
morinoさん今晩は。
春山から集中登山ですよ
SONE
2014/02/28 21:11
雪山での食事はどうしているのですか。特に山頂では。風が強く吹くときは下山後に摂るのですか。九州山地では風が吹かないちょっとした場所を探して摂ります。寒い中での食事は美味しくないものですが。こういう雪山は体の芯から冷えそうです。
ノンキーハイカーズ
2014/03/03 09:43
ノンキーハイカーズさん今晩は。
ブリザードや吹雪の時の雪山の食事は、座って食べるのは不可能なので、立ったまま行動食を食べるケースが多いです。
あとツェルトを頭から被って風を避けて食事をとることもあります。
今回は山頂付近は風が強かったので、お昼をかなり過ぎた時間に、風が避けられる地点まで下って食事をとりました。
SONE
2014/03/03 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014.2.24 安達太良山(福島・安達太良山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる