東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014.3.22 筑波山(茨城・筑波山)

<<   作成日時 : 2014/03/26 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 18

一週間前に登った宇都宮の古賀志山から双耳峰の筑波山がよく見えていた。
百名山で混雑しそうだと今まで敬遠していた山であるが、今の時期は中腹の梅林が満開であるらしい。
梅の花見がてらに日帰りで登ってみようと思い、未明に仙台を出発した。

【 3/22 筑波山(877m) 茨城・筑波山 】
筑波山市営第三駐車場〜梅林〜筑波山市営第三駐車場〜筑波山神社〜中ノ茶屋〜御幸ヶ原〜男体山〜御幸ヶ原〜女体山〜北斗岩〜弁慶の七戻り岩〜弁慶茶屋跡〜白蛇弁天〜筑波山神社〜筑波山市営第三駐車場

『雪の富士、紫の筑波』と古の頃から詩歌に読まれていた筑波山は、関東平野の北端に島のように浮かぶ独立峰的な存在である。
東北新幹線に乗った折に東に高い山が見えていたのが、今考えると筑波山であったのだろう。

標高は1000mにも満たず、低山の域を超えていないが、深田久弥が百名山に選んだのは、その歴史の古さによるものだと言う。
しかし現在は山頂直下までロープウェイやケーブルカーが架けられて観光地化し、しかも多くの人工的な電波塔が建つ姿は登山の興味をオミットするものであった。

だがそういった文明の利器を使わないで登降する昔ながらのルートは、まだまだ豊富な自然が残されているようで、たまにこんな山を歩くのも面白いかな、と思い長躯でかけてみた。

今回ご一緒するのはマスさんと、うめさんのお二人である。

未明の午前3時半に仙台を出発。東北道〜磐越道〜常磐道と乗り継ぎ、朝7時半に第三駐車場に乗り入れた。
往路の東北道ではところどころで小雪が舞っていたが、関東に入ると春本番の穏やかな天気になる。

混雑する前に駐車場より西側500mの地点にある梅林を手ぶらで見学。
朝の澄んだ空気の中、真っ白な富士山が眺められた。
画像


梅林は今が満開。
メジロが沢山群がっていて長閑な感じがする。
画像


標高250mの梅林から筑波山を仰ぎ見る。
画像


1時間ばかろ梅の花を観賞して駐車場に戻った。
この時点で駐車場は7割がた埋まっていた。

ザックを背負い門前町を歩く。
途中で左折して神社への近道を歩いた。

初めてみる筑波山神社
なかなか重厚感溢れる趣をしている。
画像


神社から社務所の前を通って右折するとケーブルカーの発着駅を見る。
登山口はその右手にあり、鬱蒼としたヒノキ林の中を登って行く。
流石に人気の山らしく、前後して沢山の登山者が登っていた。

ときどき現れる階段に閉口しながら登って行くと、中ノ茶屋と呼ばれる地点に出る。
ここはケーブルカーの中間地点で、目の前でケーブルカーが交差するのが見られて面白かった。
画像


中ノ茶屋から道は更に急登となりジグザグに登って行くと、道は急に左手にトラバースする。
下にケーブルカーのトンネルが確認できた。

樹齢数百年と思われる杉の巨木林が出てくると、男女川源流の水場に着く。
そこから急な階段道を登って、広葉樹の森になると男体山と女体山鞍部の御幸ヶ原は近い。

御幸ヶ原はケーブルカーの山頂駅や展望台、土産屋が立ち並び、多くの観光客が闊歩する観光地であった。
今までの登山道のイメージとは180度異なる風景のギャップに驚く。
北側の展望が開けていて、加波山に続く山並みが見えている。

そして古賀志山でも見た日光連山が一望できた。
画像


まず御幸ヶ原に西側にある男体山を往復する。
階段やちょっとした岩場が出る登りの後、筑波山神社の男祠が祀られた男体山に着く。
画像


測候所や通信施設のある男体山は南側から西側の展望に優れていて、富士山はもとより、秩父山地とその右手に八ヶ岳、薄く霞む浅間山、草津白根から岩菅山方面、そして赤城山まで一望できた。

東側には双耳峰の女体山が見えている。
画像


再び御幸ヶ原に戻って、そこのベンチに座って少し早い昼食とした。
マスさんお手製のサンドイッチが美味しい。
画像


折角遠路きたのだからお土産屋を覗いてみた。
一番目立つのは筑波山名物の四六のガマ関連商品。
ガマの油は400円で売っていたが、どんな時に使うのでろうか?

ガマの油の由来を調べてみた。
徳川家康と豊臣秀頼が最後に戦った大阪夏の陣の時、徳川方の光誉上人が怪我人の手当てをするときに使った、貝殻に詰めた膏薬が良く効いて評判になったと言う。
この上人の顔がガマのようだったためにガマ上人と呼ばれ、ガマ上人の油薬が省略されてガマの油になったと言われている。


画像


女体山への道は周辺にブナの森が広がって、もう少し遅い時期には林床にカタクリが咲くらしい。
途中にガマ石と呼ばれる奇岩がある。
画像


女体山に近づいてから各所で渋滞するようになった。
ロープウェイを利用して登ってくる人が多いようだ。

最高峰の女体山の山頂は大きな岩が積み重なったようになっており、筑波山神社の女祠が祀ってある。
画像


岩場の先端まで行ってみると広大な関東平野が一望できる大展望台であった。
足元は一気に切れ落ちていて、標高877mの高度差が体感できる。
背後に霞ヶ浦の全貌が見えていた
画像


西側には男体山が均整の取れた山容で望める。
画像


山頂にて記念撮影。傍らに一等三角点があった。
画像


帰路は一旦つつじヶ丘方面に下る。
最初は岩場が連続する細い道を下るが、登ってくる人が多く、あちこちで渋滞待ちが発生した。

一旦下りの傾斜が緩くなったところに大仏岩がある。
画像


その他にも北斗岩。写真の出船入船。
画像


母の胎内くぐり岩などが次々に出現して飽きさせない。
画像


高天原は割れた岩の道と階段が対になっていて、その上に神社が祀られている面白い場所であった。
画像


弁慶の七戻り岩はチョックストーンの下を潜って通過するところ。
震災の大地震でも落ちなかったので大丈夫であろう。
画像


気分的にかなり下ったと思われる地点に弁慶茶屋跡があり、右折すると筑波山神社に戻れる白雲橋コースになる。
樹林帯の展望が利かない単調な道が続くが、白蛇弁天の祠がある場所は唯一の見どころであった。
つつじヶ丘から下ってくる道が左から合流すると、登山口の鳥居は近い。
画像


民家のある場所を右折して橋を渡ると筑波山神社の境内に出る。
ちょうど折よくガマの油売り口上を披露していたので見学した。
画像


最後にガマの油の口上を聴けて遥々この地にきた甲斐があった。
観光地化された山であったが、いろいろな歴史の重みも同時に感じることができた。

それよりも関東平野の広大さを直に感じさせる山頂の大展望は、この山ならではの迫力であろう。

GPS軌跡です。

画像


動画です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
全てが懐かしい光景〜

関東の展望台ですね

なんど
2014/03/27 06:56
富士山丸見えですねぇ〜。
2週連続で遠距離、お疲れ様でした。
梅が綺麗、アッ、ウメさんとマスさんもです。(^_^;)
マロ7
2014/03/27 08:52
なんどさんこんにちは。
帰宅後にあらためてなんどさんのHPを拝見しました。
地元の人しか分からないような山道が沢山ある山なんですね。
カタクリの大群落は見たいものです。
ここまで絶景が見られる山とは想像していませんでした。
SONE
2014/03/27 09:45
マロ7さんこんにちは。
古賀志では見られなかった富士山が今回はばっちり見えました。
片道340kmあったので、古賀志より更に100kmも遠い山でしたよ。
梅はちょうど見ごろで最高でした。
SONE
2014/03/27 09:46
関東平野が一望とは凄いですね。
友人が茨城にいるうちに一度行ってみようかな。
ガマの油売りも楽しそう。
morino
2014/03/27 20:58
morinoさん今晩は。
遠望が利いた日だったので、より印象深い山になりました。
せっかく遠征して茨城に行くなら、この山と久慈男体山をセットにすると楽しいですよ。
ガマの油売りの口上は面白かったです。
SONE
2014/03/27 21:22
気持ち良さそうな天気と景色ですね。梅の香りを早くかいでみたいです。
しっかし、人多そうですね。
くまたか
2014/03/30 09:12
くまたかさんおはようございます。
この日の東北は高山は天気が悪かったようですが、関東は晴天域の真っただ中でした。
梅の香は花粉症のために分かりませんでしたよ(笑)
でも山頂直下は観光地そのものでした。
SONE
2014/03/30 09:50
筑波山は、まともに登山をしてからは、登っていません(笑)V字谷コースという有名なバリエーションがあるのですが、まだ行ってません。

茨城なら、湯沢源流、鷲ノ巣山、生瀬富士などお勧めです。これから、イワウチワの時期が一番の見どころでしょう。

NYAA
2014/03/30 12:54
今回は筑波山の巻ですね。
私は4回ほど登りましたがここ数十年はご無沙汰です。
確かにケーブルやロープウエイがかかり鉄塔が何本も立つ山は登山者にとって魅力に欠けますがそこはやはり百名山でどこから見てもそれと分かる山であり登っての眺望もこの山ならではのものです。
奇岩が多くお天気に恵まれ梅を楽しみ楽しいハイクが出来て良かったですね。
ミニミニ放送局
2014/03/30 14:36
春真っ盛りの山、そんでもって観光地ですね〜♪
なんと富士山クッキリで素晴らしい景色。
うめさんの偽サングラスアレンジもお似合いダワ〜^^
私も春用ボトム購入して来ました。早く山行きたいッス・・・・。
とむかの
2014/03/30 16:12
NYAAさん今晩は。
前日のびちょびちょな湿雪に東北の山は敬遠してえしまいまして、梅の花見たさに遠征しました。
岩場が多い山なのでバリエーションも多くありそうですね。
茨城はなかなか行く機会がないのですが秋の生瀬富士は良さそうですね。
SONE
2014/03/30 20:53
ミニミニ放送局さん今晩は。
観光地化された山なので山屋さんは敬遠する方が多いでしょうね。
でもあの山頂の大展望には魅了されてしまいました。
梅も満開で富士山まで見えて楽しいハイキングでしたよ。
SONE
2014/03/30 20:55
とむかのさん今晩は。
深夜発の遅い帰りなので流石にとむかのさんのお声掛けはできませんでした。
田舎っぺなので山に登って富士山が見えると嬉しくなってしまいますね。
うめさんも観光地の面を持った山を楽しんでおられましたよ。
もうすぐ花咲く季節の始まりですね。何処に登るか考えているだけでも楽しくなりますね。
SONE
2014/03/30 20:58
山男!山女!皆さんのびのびとやっていますすね。こうでなくちゃ。笑顔が実にいいです。
珍しい場所での撮影が多く見る楽しみ、訪問の楽しみがあります。
ノンキーハイカーズ
2014/03/31 22:20
ノンキーハイカーズさん今晩は。
仙台から片道340kmの山でしたが、日帰りで頑張って登ってきましたよ。
雪国から急に暖かい春の山になって朗らかな顔をしていますね。
これからの時期は花の山と残雪の山を行ったり来たりする季節になります。
SONE
2014/03/31 22:29
懐かしいお山です。千葉から柏経由で筑波山周遊券がありました。結構高くてその割りには標高が低いので勿体無いので筑波大から歩き始めました。本当に景色が最高でしたね。
翔パパ
2014/04/02 22:38
翔パパさん今晩は。
この山は登られましたか。筑波大からだとかなり距離がありますよね。
山頂の景色は想像以上に素晴らしかったです。
SONE
2014/04/02 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014.3.22 筑波山(茨城・筑波山) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる