東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014.5.31 鏡山(福島・飯豊連峰)

<<   作成日時 : 2014/06/03 23:12   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

鏡山は飯豊連峰の大展望が得られる山として有名である。
前に一度だけ四ツ沢コースを登り、祓川に周回するルートで歩いた経験があるが、飯豊の主稜線の頭が雲に隠れていて、この山からの展望の良さを一部しか体験できなかった。
もう一度再訪したいと願っていながら、足が遠のいていた山に再び登る機会を得た。

【 5/31 鏡山(1339m) 福島・飯豊連峰 】
極入林道の広い路肩〜林道終点〜四ツ沢コース分岐〜水場〜マナツボ〜七森峰〜鏡山(往復)

米沢から大峠を越えて山都〜宮古を経由して作兵衛沢に沿った最奥の集落:弥生に着く。
弥生の地名は弥平四郎から生まれたと聞いたことがある。

ここから極入林道を奥につめるが、集落から少し入った地点で登山者用の駐車場があった。
ここに駐車しようとしたら自転車で下山してきた男性が、『この車ならもっと奥まで入れる。』と教えてくれた。

林道は最低地上高の低い乗用車では厳しいがRV車ならかなり奥まで入れた模様。
しかし無理せずに広い路肩のあるところに駐車して、そこから沢に沿った林道を歩いていった。
画像


前週に山開きが行われたために林道は一部整備されていたが、傾斜がきつくなるころから荒れた路面になってくる。
簡易舗装のところが崩落した部分は軽トラしか走行できないであろう。

右手の斜面から小規模な土砂崩れが発生している場所が実質の車止め。
ここまで入ってしまうと延々バックしてUターン場所を探す羽目になってしまう。

林道の最奥の場所は残雪が残っていた。
画像


今回弥生コースを選んだのは、林道歩きは長いながらも緩斜面が多く、体力的に楽なコースだからである。
弥平四郎からの四ツ沢コースはこの時期には沢筋に雪渓が残り、危険な場合が多い。

林道終点に何らの表示もなく、小沢を丸太橋で渡るのが目印。
小沢の対岸の急斜面にはサンカヨウの花が沢山さいている。

登山道に入った途端に急坂を登るが、気温が高いので意外に疲れる。
画像


この日の下界は5月にも関わらず気温30度を越えた夏日になっていた。
木々の新緑は一気に進み、夏山らしいく緑が濃くなっている。
画像


日差しが差し込む場所はうだるような暑さだ。
画像


振り返ると高陽山が見えている。
画像


やがて四ツ沢コースが合流する三叉路に着く。
画像


ブナの原生林を登ると、足元にミヤマスミレが沢山咲いていた。
画像


マスさんが、この花なに?と指さす先にはユキザサの花。
画像


コミヤマカタバミの群生地の一角に、薄いピンクのコミヤマカタバミが数多く咲いている場所があった。
画像


地元でマナツボと呼ばれる1050m峰の手前で休憩。チーズケーキを食べた。
ここから県境稜線になる。

七森峰の下りで初めて鏡山が姿を現す。
画像


雪堤の上を歩くと思ったら、登山道は尾根の左手斜面を歩いていく。
タムシバが花盛りであった。
画像


画像


ブナの森の切れ目から牛首山が見えてきた。
画像


この残雪がある小鞍部から急坂を登ると山頂である。
画像


前回登った時には沢山の登山者がいて休憩する場もなかった山頂であるが、この日は好天にも関わらず、一組のご夫婦が山頂にいただけであった。
そのお二人も私が写真を撮影している間に下山し、完全に貸切状態の山頂になってしまった。

この大展望を独り占めとは何という贅沢であろう。
画像


飯豊連峰の大日岳から御西岳、飯豊本山、種蒔山、そして疣岩山までほぼ180度の視野に大観が広がる。
この大パノラマの迫力は写真では到底表現できない。
実際に鏡山の山頂に立った者だけが享受できる展望である。

御西岳(右)、大日岳から牛首山、櫛ヶ峰に至る実川右岸の稜線。
画像


大日岳のアップ。
画像


飯豊本山から草履塚、種蒔山、そして一番右のピークが疣岩山。
画像


なだらかな飯豊本山と草履塚(右)。
画像


奥川を挟んで東側にある代塚山
霞んでいなければこの方向に磐梯山が見えたはずである。
画像


山頂の砂礫地はノウゴウイチゴの群落になっていた。
画像


山形の倉手山を想像して混雑する山を予想していたが、結局この日出会った登山者は4組6名だけ。
予想が外れて静かな山旅を楽しめた。
しかし暑さとブユの攻撃には閉口してしまった。

GPS軌跡です。
画像



動画です。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014.5.31 鏡山(福島・飯豊連峰) 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる