東北の山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS しばらく当ブログを休止します。

<<   作成日時 : 2014/06/04 07:07   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

突然の休止連絡ですが、老健施設に入所している父の容体が急に悪化しました。

先週の土曜日から父の容体が悪くなり、熱が8度台から下がらず、食事を全く受け付けなくなったのです。

最近は徐々に食事の量が減っていて、体重が極端に減り、体力が落ちていましたが、
ここにきて老衰が一気に進んでしまったようです。
主治医とSTさんの説明では食べ物を飲み込む力が全く無くなってしまったとの事でした。

従来通院していた老年内科の医師には、3月の診断時に父の認知症は末期であると告げられていました。
近い将来に食べる事を拒否するようになると言われていましたが、どうも認知症の症状が進んで食べなくなる→体力が落ちて歩行困難になる→同時に全身の筋力が失われて嚥下が出来なくなる。
と言う悪化のサイクルになっていたと考えています。

ここ3週間の間は会話のキャッチボールが全く成立せず、何を言っているのか分からない感じでしたが、
現状は意識レベルが更に低くなり、私の呼びかけにも答えることができません。
医師の診断ではほとんど意識がもうろうとした状態だそうです。

この容体では点滴で命を繋ぐしか術がなく、他の病院で胃瘻を作って貰ったとしても、意識がないままに延命させておくだけの処置になると言われました。
あえて病院の治療を望んだとしても、認知症の進行度が酷く、この症状で引き取ってくれる病院を探すのは至難の業だそうです。


父は歩けなくなってから、死にたいと介護士の方々にもらしていたと聞いています。
下手な延命は父の希望するところでないのは分かっていたので、老健施設において最後までターミナルケア(終末期緩和ケア)をしていただくことになりました。

画像


一応、叔母と妹には連絡して納得してもらいました。

熱が下がり、再び食事を口から摂取できる可能性は僅かに残されていますが、点滴だけで生きられる時間は短いでしょう。長い人でも1ヶ月が限度を聞いています。
こんなに短期間に父が弱っていくとは思いませんでした。

と言う状況なので、何かあった場合のために常に携帯電話が通じる範囲、直ぐに施設に駆けつけられる距離にいなければならなくなりました。

従って当分の間、登山はお休みといたします。
最近は登山ブログに特化した当ブログもしばらく休止させていただきます。

但し、コメントに関しては受け付けておりますし、当面の間は返信も可能と思います。

ではまた登山再開の日まで・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お父上様心配ですね。どうかターミナルケアに心を尽くしてください。

山は逃げないといいますから、落ち着かれましたら再開してください。
ご自身も疲労困憊しませんようにくれぐれもご自愛くださいませ。
dera
2014/06/04 14:55
deraさんコメントありがとうございます。
実は今朝、施設から緊急の呼び出しがあり、駆け付けてみると父が亡くなっていました。
まだ現段階も突然の死を受け入れらない状況です。
葬儀やそれ以降の手続き等、今後は疲れる毎日になりますので、登山の再開は大分後になると思います。
SONE
2014/06/04 22:22
ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。

ご多忙となることと思われますので返信は不要です。
お父様は、ある意味立派な大往生でしたね。合掌。
              (deraことbunbun41)
dera
2014/06/05 09:51
deraさん、お悔やみのお言葉ありがとうございます。
電話連絡のひと段落し、父の居室だった仏間を整理し、あとは喪主挨拶の原稿を作るのみとなりました。
父は正しく大往生だったと感じています。
bunbun41さんのヤマレコHPを拝見いたしました。
今後もよろしくお願い申し上げます。
SONE
2014/06/05 19:39
長きに渡って両親の介護、本当にお疲れさまでした!面と向かっていう機会がなかなかないので、感謝の気持ちを伝えます。どうか、これからの人生は自分の幸せだけを考えてくださいね('ω')ノ
ようこ
2014/06/07 02:14
ようこへ、
自宅に20年ぶりに帰ってからは両親の面倒を見る日々が続いたけど、結果的に最後まで子供の責任を果たせて良かったと思っていますよ。
しばらくいろいろな手続きが大変そうで頭が痛いよ。
SONE
2014/06/07 09:31
お父様のご逝去謹んで悔やみ申し上げます、誰にでも必ず訪れる悲しい別れいざ我が身になると中々心の整理がつかないものです、でも後悔しないよう見届けたので現実を受け入れた事でしょう。暫くは山行きを休み、また復活することを楽しみにしています、私は秋田で身近な山の紹介をこれからも楽しみにしております。
タカ
2014/06/14 11:15
タカさん、お悔やみのお言葉ありがとうございます。
急に亡くなったので、まだ介護施設にいるような感じが抜けません。
やっと昨日から仕事を再開しましたが、やはり寂しさがつのりますよ。
7月中旬以降に再び山を目指す予定ですが、その折にはよろしくお願いいたします。
SONE
2014/06/14 19:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
しばらく当ブログを休止します。 東北の山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる