アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「薮山」のブログ記事

みんなの「薮山」ブログ

タイトル 日 時
2014.3.9 高山から光山(宮城・牡鹿半島)
2014.3.9 高山から光山(宮城・牡鹿半島) 山仲間のmorinoさんは1月下旬に横断歩道を渡っているときに車に跳ね飛ばされ大怪我を負った。 それ以降、山に登れる状態にはなかったが、今回は事故後に初のリハビリ山行に付き合って、4年ぶりに牡鹿半島の光山に登ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/03/11 00:11
2014.1.29 駒峰山(宮城・二口山塊)
2014.1.29 駒峰山(宮城・二口山塊) 午後から時間ができたので、国道48号線の作並温泉の南側に位置する駒峰山に登ってきた。 低山にも関わらず強風が吹き荒れていてとても寒かった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/03 19:23
2014.1.19 駒板山から五社山(宮城・高館丘陵)
2014.1.19 駒板山から五社山(宮城・高館丘陵) 夕方から里子に出した子猫のミミに会う予定だ。 そこで父に昼食を食べさせ、オムツの交換をして午後に名取市西部の駒板山に出かけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/23 19:06
2014.1.15 沢股山(宮城・二口山塊)
2014.1.15 沢股山(宮城・二口山塊) 父をデイケアに送り出し、その後施設の相談員と浣腸の効きと父の体調を何度か確認した。 同時にケアマネさんと電話にて打ち合わせ。 今週の土曜日も父に通所させることに決める。 短期入所は現在空きがなく、空きをまっている状態。最優先で入所させてくれるそうで、それまではデイケアと在宅介護で頑張るしかなさそうである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/01/17 21:14
2013.12.30 宮床ダム周辺の藪山(宮城・船形連峰)
2013.12.30 宮床ダム周辺の藪山(宮城・船形連峰) 腰痛もほぼ治り今年の登山の締めとして、近場の宮床ダム周辺の藪山に登ってきた。 どの山も山頂からの展望皆無で好事家向けの山と言える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/12/30 23:52
2013.5.5 猿倉山から高安山(山形・朝日連峰)
2013.5.5 猿倉山から高安山(山形・朝日連峰) 朝日連峰の高安山と聞いて、直ぐに何処に位置する山か分かる人は少ないであろう。 連峰北端の雄:以東岳に登る場合、荒沢ダムの奥にある大鳥集落から東大鳥川に沿った林道を泡滝に向かうが、その林道の入口付近の東側に位置する山である。 しかし急峻な前山に遮られて高安山の姿は里から見えない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/05/09 07:40
2013.5.4 鷹ノ巣山(宮城・二口山塊)
2013.5.4 鷹ノ巣山(宮城・二口山塊) この日は雁戸山に登るつもりで家を出たが、風が強く寒そうな天気で、しかも中央蔵王に雲がかかっていたので河岸を変えて鷹ノ巣山に登ることに変更した。 昨年の5月6日にも登った山であるが、その時は雷雲の襲来で途中で往路を逃げ帰ってきたので、今回はきちんと周回ルートを完結させたく思っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/05/08 07:41
2013.4.27 山王森からツクシ森(宮城・鬼首)
2013.4.27 山王森からツクシ森(宮城・鬼首) 鬼首カルデラの中央火口丘で一般的に登山者に認知されているのは荒雄岳であるが、その最高峰がツクシ森であることは知られていない。 夏道が存在しないこの山には積雪期しかアプローチが難しく、近寄りがたい山となっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/04/28 19:40
2013.4.23 船形神社から八森山(宮城・船形連峰)
2013.4.23 船形神社から八森山(宮城・船形連峰) 仕事の狭間で時間が取れたので、登山記録を見たことないマニアックな山を歩いてきた。 場所は宮城県色麻町小栗山の奥にある八森山である。 この山だけでは物足りないので船形神社から町境を辿って八森山まで周回してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/04/25 18:33
2013.3.9 神行堂山から惣内山(宮城・南三陸)
2013.3.9 神行堂山から惣内山(宮城・南三陸) この日は船形連峰の花染山に登る予定で大和町で待ち合わせたが、折からの強風と雪が舞う天気のため、予定を変更して南三陸の神行堂山に鞍替えした。 地形図は持参していなかったが、私は何度も登っている山なので急な変更でも全く問題ない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 15

2013/03/12 00:16
2013.3.3 浜井場山から大久保山(宮城・中青葉丘陵)
2013.3.3 浜井場山から大久保山(宮城・中青葉丘陵) マスさんを車で送り迎えする用事があったので、この日は3時間ぐらいしか開いている時間がない。 故に近場で今まで登っていない山を徘徊してみることにした。 場所は県道仙台山寺線の秋保温泉の西側に位置する大久保山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/05 17:28
2013.2.22 萱ヶ崎山から大館山(宮城・仙台市近郊)
2013.2.22 萱ヶ崎山から大館山(宮城・仙台市近郊) 風は強いけど天気が良かったので近場の萱ヶ崎山に登ってきた。 この山、送電線の鉄塔があるが故に展望が良いので毎年必ず登っている山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/02/25 22:56
2012.6.8 五色岳周回(宮城・蔵王連峰)
2012.6.8 五色岳周回(宮城・蔵王連峰) 午後から時間ができたので中央蔵王の五色岳周回を試みた。 大黒天に車を止め、五色岳東面→振子沢〜御釜〜濁川とほとんど道のないところを歩いた。 コイワカガミが丁度見ごろで、短時間で遊べる面白いルートであった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/06/11 17:28
2012.4.30 大地森(宮城・栗駒山)
2012.4.30 大地森(宮城・栗駒山) 栗駒山の寄生火山の一つに大地森(おおじもり)がある。 このピークは栗駒山山頂の真南に位置し、半円に弧を描いて広がる、栗駒山の主稜線を目の前に眺められる大展望の山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/05/01 19:55
2012.4.1 高柵山から大平山(宮城・船形連峰)
2012.4.1 高柵山から大平山(宮城・船形連峰) 仙台市の水がめ:大倉ダムの東側にぽこぽこした形の低山が集まっている。 大倉ダムを支えている岩壁を有するのが高柵山。その奥には私が未踏の小さな山があるので、今回はその全てを一気に歩いてきた。(尚このコースはマロ7さんの山行記録を参考にさせていただきました。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/04/02 23:59
2012.3.18 鹿ノ上山から中ノ森周回(宮城・仙台市西部丘陵)
2012.3.18 鹿ノ上山から中ノ森周回(宮城・仙台市西部丘陵) 午後から天気が良くなるらしいので、仙台市近郊の薮山の散策に出かけた。 秋保温泉の北東にある鹿ノ上山から赤石山、そして中ノ森へ周回する未踏のルートだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/03/19 16:59
2011.5.15 番城山(山形・蔵王連峰)
2011.5.15 番城山(山形・蔵王連峰) 蔵王連峰の南西部の宮城・山形県境には舟引山、二ツ森、番城山などの不遇の山が連なっている。 大半の山に登山道は無く、山稜にはネマガリダケの密薮が待ちかまえて無雪期に登るのは難しい。 しかし唯一番城山には不確かな登山道が存在している。今回は10年以上前に辿った参拝道を辿ってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/17 18:18
2011.2.3 ヒグリ山(宮城・船形連峰)
2011.2.3 ヒグリ山(宮城・船形連峰) 国道48号線の熊ヶ根を過ぎた辺りから北西側に小高い山が見えてくる。JR仙山線・西仙台ハイランド駅の丁度北側に位置するその山は三角点名:ヒグリ山で、地元では松峰山とも呼ばれている。 午後から時間が開いたのでマスさんと一緒に夏道のないこの山を歩いてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/02/04 22:06
2011.1.30 愛宕山から猪倉山(宮城・柴田町)
2011.1.30 愛宕山から猪倉山(宮城・柴田町) 山仲間のebiyanさんから歩いたことのない愛宕山〜猪倉山縦走ルートのお誘いがあった。この二山は過去に個別に登っているが、縦走した事はなく、そう言う美味しいお話には直ぐに飛びついてしまう性分なので参加したことは言うまでもない(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/02/01 01:19
2010.12.20 戸神山から千歳山周回(山形・蔵王連峰)
2010.12.20 戸神山から千歳山周回(山形・蔵王連峰) 山形市街地の東側に位置するピラミッド形の千歳山は、山形盆地の西側に対峙する富神山と並んで山形市民に親しまれる里山である。 数千本のアカマツに覆われていて今年は登山中にマツタケを採った方がいる、というお話も伝え聞いている山だ。 今回は長らく温めていた東の戸神山から千歳山までの周回ルートを歩いてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 21

2010/12/22 00:33
2010.12.11 ウド森から神掛山(宮城・船形連峰)
2010.12.11 ウド森から神掛山(宮城・船形連峰) 藪山を歩きたくなって定義如来の北東に位置する未登のウド森を目指した。 横川林道入口より約3km入った横川と神掛川の中間尾根の末端に、三角形の山容をしたウド森がある。 今回は更に藪尾根を1.5km北西に辿り、ネット上でも登山記録の無い神掛山まで行ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/13 16:56
2010.12.5 三方倉山(宮城・二口山塊)
2010.12.5 三方倉山(宮城・二口山塊) 気持ち良く晴れた日曜日。自宅の窓から泉ヶ岳が雪をかぶって真っ白く見えていた。 一年ぶりにマスさんと泉ヶ岳に登ろうかと考えたが、混雑しそうな予感がして、車の走行中に急遽二口山塊の三方倉山へ登る山を変更した。まあ何時ものことであるが・・・(苦笑) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/12/07 16:21
2010.11.27 鹿増山(宮城・二口山塊)
2010.11.27 鹿増山(宮城・二口山塊) 宮城の岳人でも名前を知っている人がほとんどいない山で、もちろん地形図に山名は載っていない。 山形自動車道を西進して笹谷トンネルに入る手前の北側に、送電線が中腹を通過する目立たない山がある。 それが三等三角点峰:鹿増山で、仙台神室から南東に派生した尾根の山の鼻に当たる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2010/11/29 00:55
2010.11.14 幻の道:小山田新道(山形・二口山塊)
2010.11.14 幻の道:小山田新道(山形・二口山塊) 昨年秋、山仲間のみいらさんから「小山田新道に行きませんか?」 とお誘いのメールが入ったが、山行の日は生憎の雨で中止となった。しかし小山田新道踏破の野望の火は燻っていて、今回の再チャレンジに至った。 小山田新道とは聞き慣れない道だが、明治時代に完成した今の山形県東根市猪野沢と宮城県仙台市青葉区を結ぶ馬車も通行できたルートを言う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/11/15 19:58
2010.5.16 芝倉山(山形・朝日連峰)
2010.5.16 芝倉山(山形・朝日連峰) 今年は例年より残雪が多く、しかも16日の日曜日は好天が予想されたため、朝日連峰:以東岳北方稜線にある夏道のない芝倉山に残雪を利用して登ってきた。自身で永年の懸案となっている朝日軍道の未踏部分を少しだけ消化できて大満足の一日だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/05/17 22:47
2010.4.3 亀ヶ沢山(宮城・二口山塊)
2010.4.3 亀ヶ沢山(宮城・二口山塊) 亀ヶ沢山は桐ノ目山の北西にある登山道のない寂峰である。桐ノ目山から送電線巡視路に周回するルートは過去に何回か歩いたが、鉄塔のある鞍部からさり気なく左側に分岐する踏み跡が以前から気になっていた。 それを辿ると亀ヶ沢山まで行けるのだろうか? その答えを探すために歩いてみた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/03 21:44
2010.3.28 鎌倉山(宮城・船形連峰)と北山(宮城・安達丘陵)
2010.3.28 鎌倉山(宮城・船形連峰)と北山(宮城・安達丘陵) 脊梁山脈は雪の予報なので、雪山はお休みして久しぶりに鎌倉山を訪ねた。 宮城県には作並、七ツ森、小原、丸森の四箇所に鎌倉山が存在するが、今回登ったのは一番険しい山容を持つ作並の鎌倉山である。そして時間があったので釜房ダムの近くにある北山もついでの一山で登ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

2010/03/30 20:00
2010.3.27 新川岳:途中撤退(宮城・二口山塊)
2010.3.27 新川岳:途中撤退(宮城・二口山塊) 宮城の岳人の中で新川岳に登った記録は見た事ない。それどころか山名自体を知っている人も稀な山である。 新川岳の位置は中面白山から東に派生する尾根の一高点で、標高は1013.6mの三角点峰である。 奥新川で合流する北沢と南沢の合尾根と言った方が分かり易いかもしれない。この未踏&未知の山に挑戦してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2010/03/27 20:50
2010.3.22 二岩山〜岩元山〜親ノ倉山(宮城・仙台市近郊)
2010.3.22 二岩山〜岩元山〜親ノ倉山(宮城・仙台市近郊) 山仲間ebiyanさんのブログで何回も紹介されたサイカチ沼周辺の山々。 余りにも近郊にある里山のため、逆に訪れる機会を逸していたが、昨日から荒れ狂った強風が午後になって弱くなってきたので、この時に登ってしまおうと出かけてみた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/03/23 20:33
2010.1.31 青麻山から遠森山(宮城・蔵王連峰)
2010.1.31 青麻山から遠森山(宮城・蔵王連峰) 昨日から未明までしとしと雨が降り、山へのモチベーションも急降下。北泉ヶ岳で痛めた左膝の養生もあり、そんなにハードな山に出撃できる訳もなく、午前中はどんより曇った空を眺めていた。 でも昼近くなって薄日も差してきたので、以前から狙っていた薮漕ぎルートに挑戦である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/31 21:57
2010.1.23 高山から光山(宮城・牡鹿半島)
2010.1.23 高山から光山(宮城・牡鹿半島) 北は岩手県から続く広大な北上山地の最南端に、太平洋に突き出た牡鹿半島があり、リアス海岸を縁取る入り江には多くの漁港が存在している。この半島には釣りやドライブ目的で訪れる人が大半であるが、幾つかある山々に着目する登山家は少ない。そこは海と山がしのぎを削る他にはない景観を見せてくれる。 今回は牡鹿半島の最高峰:光山を高山方面からピストンしてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/23 21:44
2010.1.17 黒森山から上野山(宮城・二口山塊)
2010.1.17 黒森山から上野山(宮城・二口山塊) 朝早く起きてバックカントリーに行こうと思ったが、雲って小雪がちらついていたため中止。 その後昨日登った山のブログ記事を作成していると、昼過ぎから晴れ間も見えたので急遽、秋保界隈の里山に出かける。今回登るのは『秋保里山トレッキングマップ』で未登であった黒森山と上野山である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/17 19:23
2009.12.30 大平山-新城山-戸森山-東石神山-石神山を周回(宮城・西部丘陵)
2009.12.30 大平山-新城山-戸森山-東石神山-石神山を周回(宮城・西部丘陵) 2009年の山行を総括した後であるが、天気の良さに誘われて急に山を歩きたくなり、大平山以外は所在も分からない山々を周回してきた。現地に行ってから思いつきと山勘で歩いたが面白い周回ルートが取れたと自己満足している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/12/31 01:45
2009.5.10 山王森(宮城・虎毛山塊)
2009.5.10 山王森(宮城・虎毛山塊) 宮城県北西部・秋田との県境付近に鬼首地区がある。この地は鬼首環状盆地と呼ばれるカルデラの地形内にあり、その中央火口丘:主峰が標高984mの荒雄岳であるが、ツクシ森(989m)、山王森(938m)など幾つかのコブの集合体となっている。地形図を見ると深い谷の切れ込みが多く、意外と急峻で複雑な地形をしているのが特徴である。今回は北西部の山王森から荒雄岳をピストンする予定で出かけたが、山王森より先の道は刈払いが一切行われておらず、ほぼ廃道と言える状態であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/11 00:52
2009.5.6 注連石と鬼のカケハシ(山形・弁慶山地)
2009.5.6 注連石と鬼のカケハシ(山形・弁慶山地) 3月に登った弁慶山地(出羽丘陵)の最高峰:弁慶山。その登山ルートを検討して地形図を読んでいると北部に「注連石」という地名が目に飛び込んできた。急に興味が沸きネット検索で調べてみると「碧落の彼方blog」と言うサイトにたどり着く。このブログを開設されている方は、庄内地方の秘境探訪をライフワークにされていて、その一編で現在は道がなく、かつ何らの資料もない注連石の所在地を踏査していたのである。 「凄いところみたいだ?これは早速行かねば!」 そこで薮山や秘境に目が無い面々を誘って出かけてみた。 薮山... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/05/09 17:33
2009.5.3 葛城山(山形・朝日連峰)
2009.5.3 葛城山(山形・朝日連峰) 葛城山と言うと奈良の山を思い浮かべるが、今回登った葛城山は朝日連峰の北鎮:以東岳北方稜線の一座である。この山は天地人:直江兼続が抜開した朝日軍道が通過する場所に当っているが、三角峰以北から鱒渕までの区間は道が消失しており、残雪期限定で登れる山である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/05/04 19:45
2009.4.19 家形山・相ノ峰から仙台神室(宮城・二口山塊)
2009.4.19 家形山・相ノ峰から仙台神室(宮城・二口山塊) 仙台神室(神室岳)から東に遠大な尾根が派生する。神室東稜と一般的に呼ばれているその尾根は、かつて三神歩道と称する登山道が開削されていた。(昭和30年代末に開かれた。) しかしどうした理由か、その後は道の整備が一切行われず、現在は廃道となっている。 私は25年以上前に二度この道を歩いているが、最近の記録は一部の山岳会が冬季に集中登山をしたものしか見出せなかった。”残雪期の今は歩けるのか?”この疑問の答えを探すべく、急遽歩いてみることにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/04/20 11:55
2009.3.5 高柵山と中崎山(宮城・西部)
2009.3.5 高柵山と中崎山(宮城・西部) 午後から時間が空いたので、2万5千図「熊ヶ根」で未登の里山二山に登ってきた。 高柵山と中崎山は東西から大倉ダムの本体を支えている山であるが、登った印象は全く異なるものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/05 22:08
2009.3.1 大鳥谷山(宮城・西部丘陵)
2009.3.1 大鳥谷山(宮城・西部丘陵) 宮城県西部:川崎町と蔵王町の町境にある大鳥谷山(おおとりたにやま)。一部の里山フリークには存在を知られているが、北の川崎町側からは送電線の巡視路が山頂東肩まで伸びており、比較的簡単に登れる山である。 本日は午後から雪の天気予報のため、午前中のみで気軽に登れるお散歩的山歩きをしてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/01 17:25
2009.2.28 フスベ山(宮城・蔵王連峰)
2009.2.28 フスベ山(宮城・蔵王連峰) フスベ山は宮城県南の七ヶ宿町にある寂峰である。夏道は存在せず、取り付きの林道からの標高差は760m。 宮城・山形県境から約3km南側に位置しているため、登ったと言う記録も少ない。 一般的には蛤山から(小深沢を取り巻くように)伸びる林道からアプローチする場合が多いと思われるが、今回は南尾根を辿るルートでチャレンジしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/28 21:25
2009.2.22 高梨山から大黒森(宮城・南三陸)
2009.2.22 高梨山から大黒森(宮城・南三陸) 高梨山と大黒森は女川町と石巻市雄勝町の市町境にある山で、管理された登山道が無く、一般登山者にはまったく顧みられていない山である。 しかし指ヶ浜から高梨山〜大黒森〜435m峰〜303m峰〜314m三角点峰〜御前浜に至る全長11kmのコースは里山とは思えない長大なルート取りが可能である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

2009/02/23 00:38
2009.2.7 石龍山から小塚山・次郎太郎山へ(宮城・阿武隈山地)
2009.2.7 石龍山から小塚山・次郎太郎山へ(宮城・阿武隈山地) 宮城県南部に位置する丸森町。その町の中心部より西側に、今回登った次郎太郎山(じろうたろうやま)がある。 地元では「じろたろやま」の名称で親しまれている山であるが、日光猿軍団の名前の様に可愛い山ではない。 東西に長い山頂部には何基もの通信施設が建ち、保守を目的とした車道が上がっているし、南側には大規模なバラスト採取場が山肌を削っている。さらに平成14年3月17日に起きた山火事被害で、南西部は広範囲に禿山と化してしまった。従ってとても登山対象となる山ではないが、地形図を読むと町内から石龍山〜小塚... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/07 23:27
2009.2.5 日登山から松沢山(宮城・船形連峰)
2009.2.5 日登山から松沢山(宮城・船形連峰) 船形連峰にある日登山と松沢山。 そんな山どこにあるの??? あるんですねぇ〜以外な場所に。 ここ数日天候が良すぎて最悪の雪質(クラスト&モナカ)が予想されるため山スキーはお預け、代わりに超マニアックな山歩きをしてきた。はっきり言ってこの二山、静かな渋山好きにはお勧めです  ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/02/05 22:34
2008.12.7 最登山と御幸山(福島・阿武隈山地)
2008.12.7 最登山と御幸山(福島・阿武隈山地) 朝の仙台は薄っすらと雪景色になっていた。こんな時は低山ハイクに限るので、24時間SEIYUで鍋セットを購入後、東北道を福島方面に向かった。月館町方面のどっかの山に登ろうという、あまり人にはお勧めできない無計画さであるが、結果的に最登山と御幸山のマイナー2山に登ってきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/12/07 21:18
2008.11.15 木地夜鷹山(福島・西会津)
2008.11.15 木地夜鷹山(福島・西会津) 今まで薮山だと思っていた会津の木地夜鷹山に立派(?)な登山ルートが存在するという事を、リンク先のテントミータカさんのブログ記事を拝見して初めて確認できた。 これは直ぐにでも行かねばならん!!! と山形の山仲間を誘って出かけた。 そこは素晴らしいブナの二次林と、雄大なキツネモドシの大スラブの景観を持つ、名山の資格充分な山であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/15 22:51
2008.11.6 磐司尾根から糸岳(宮城・二口山塊)
2008.11.6 磐司尾根から糸岳(宮城・二口山塊) 二口山塊の県境に位置する糸岳は東面に比較的長い尾根を伸ばしている。その尾根を磐司尾根と言い、南側には高さ約100m・延長3kmにわたる有名な磐司岩の大岩壁、北側には大行沢道から眺められる裏磐司の大岩壁を有している。しかし残念なことに糸岳〜1093m峰間を除いてこの尾根上に登山道は存在しない。かつてはマタギが跋渉し、現在は薮漕ぎでなければ登れない魅惑の尾根を薄い踏み跡を拾いながら歩いてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/06 23:13
2008.1.19 北山(宮城・南部丘陵)
2008.1.19 北山(宮城・南部丘陵) 北山は国道286号線を山形方面に西進し、釜房ダムに至る手前右側にある里山である。 ガイドブックに記載のないこの山は一部の好事家に親しまれているのみの寂峰となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/20 23:24
2007.11.4 笠倉山(福島・南会津)
2007.11.4 笠倉山(福島・南会津) 高名な登山家である上田哲農氏の名著”山とある日”の一編に記され、以来常に気になっていた山が笠倉山である。その後歴史春秋社の”会津百名山ガイダンス”にも紹介され、初めて登るルートが把握できた。 只見のマッターホルンと言われている程の急峻さから、上田氏が登った雪深い早春を嫌い、林道のアプローチを短くする魂胆で晩秋の11月初旬を狙った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/04 17:51
2007.9.29 男加無山(山形・丁山地)
2007.9.29 男加無山(山形・丁山地) 男加無山は山形県北部・真室川町に位置する寂峰である。この山域は丁山地と言われ、ダンディな鳥海山が隣にあるためか、訪れる登山者も少なく、随所に岩場が露出した原始性溢れる山歩きが楽しめる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/29 00:00
2007.4.29 男鹿岳(福島・男鹿山塊)
2007.4.29 男鹿岳(福島・男鹿山塊) 東北道を南下する時、那須連峰を過ぎると、その奥に平らな山々が目に入ってくる。大佐飛山を主峰とする男鹿山塊であることを知ったのは30年以上も前であった。 その後三倉山や七ツ岳、荒海山など会津の山に登ったおりには、その山々を何時も憧れの目で眺めていた。 その後、尊敬する会津の岳人:森澤賢次氏が編まれた「山を訪ねて(歴史春秋社刊)」に男鹿岳が紹介され、登るべきルートの詳細が判明した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/29 00:00

トップへ | みんなの「薮山」ブログ

山行記録一覧表

掲示板BBS

Picasa 山のアルバム集

東北の山遊び 薮山のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる