アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スノーシュー」のブログ記事

みんなの「スノーシュー」ブログ

タイトル 日 時
2014.3.29 ヨウザ峰(山形・朝日連峰)
2014.3.29 ヨウザ峰(山形・朝日連峰) 以前、石見堂岳に登ったときにお会いした山形の岳人Gさんが言った『ヨウザ峰がお勧めですよ。』の一言がずっと心に残っていた。 大井沢川と大桧原川に挟まれた尾根の東の突端にあるこの山に、何時かは登って見たいと思いながら年月が経っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/04/02 19:29
2014.3.28 大森山(山形・翁山塊)
2014.3.28 大森山(山形・翁山塊) 坂本さんの著書『山形百山』は愛読書の一冊であるが、この本の中で六座が未登になっている。 今回は未登の一座:最上町にある大森山を狙った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/04/02 00:51
2014.2.24 安達太良山(福島・安達太良山)
2014.2.24 安達太良山(福島・安達太良山) 快晴の天気で急に思い立って安達太良山に出かけた。 2週連続の大雪で雪山へのアプローチが酷い状況が続いたが、急に気温が上がってきて道路状況が好転した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/02/27 22:55
2014.2.11 十分一山から高ツムジ山(山形・南陽市)
2014.2.11 十分一山から高ツムジ山(山形・南陽市) 一般的に登山対象となっていない高ツムジ山であるが、冬季は車道が雪で埋まり車の通行ができないので、スノーシューを履いて登ってきた。 広い山頂からの展望は絶景の一語。置賜盆地が一望できて登った甲斐がある山であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/02/13 18:16
2014.2.1 不忘山(宮城・蔵王連峰)
2014.2.1 不忘山(宮城・蔵王連峰) 父をデイケアに送り出してから、小便で汚れてしまった下着やパジャマを洗う。 天気が良いので不忘山にでも登ろうと家を出た時間が午前9時半。 父が帰ってくる午後5時まで帰宅しなければならないので、かなり忙しい登山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/02/04 16:34
2014.1.7 泉ヶ岳(宮城・船形連峰)
2014.1.7 泉ヶ岳(宮城・船形連峰) 冬場になると泉ヶ岳に登りたくなる。 毎日自宅の二階の窓から見ている山であるが、真っ白く雪化粧した泉ヶ岳は登高意欲を掻き立ててくれるのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/10 18:03
2013.4.14 赤見堂岳(山形・朝日連峰)
2013.4.14 赤見堂岳(山形・朝日連峰) マスさんに4年前から連れていって欲しいと頼まれていた赤見堂岳。 最近やっと積雪期の山を歩くスキルも充実してきたので、満を持して晴れの予報がでている14日・日曜日に出撃することにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 20

2013/04/17 18:27
2013.3.24 千本松山から花染山(宮城・船形連峰)
2013.3.24 千本松山から花染山(宮城・船形連峰) またまた週末に好天のサイクルが巡ってきて、今回は2週間前に強風で登るのを中止した船形連峰の花染山に出かけた。 夏道のないこの山は積雪期にの登頂を許された山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 18

2013/03/26 23:42
2013.3.17 品倉山(山形・月山)
2013.3.17 品倉山(山形・月山) 前日は午後から強風と雨の天気だったが、日曜日は穏やかな登山日和になるため、自分としてはお気に入りの月山前衛峰:品倉山に登ることにした。 過去3回訪れている山だが、豪雪地帯ゆえにアルペン的な景観に溢れた山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 21

2013/03/20 13:21
2013.3.6 面白山(山形・二口山塊)
2013.3.6 面白山(山形・二口山塊) 二口山塊の一番北側に位置する面白山。 何時も仙台市近郊の里山歩きでその姿を眺めているが、最近ご無沙汰しているので久しぶりに登って来た。 本当は中面白山方面もピストンするつもりであったが、天候が芳しくなく、時間もないので今回は山頂往復のみ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/03/08 09:04
2013.2.14 的場山から北沢山、クラスミ山(宮城・蔵王連峰)
2013.2.14 的場山から北沢山、クラスミ山(宮城・蔵王連峰) 宮城県川崎町の西側にある「ししなご山」は、分県宮城県の山にも掲載されて登る人も多いが、その奥に位置する山々はほとんど登る人もいない寂しい山々が連なっている。 夏場は踏み跡程度の道しかない山なので、雪を利用した冬場の時期が登山適期となっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/02/15 20:01
2013.2.1 山形神室(山形・二口山塊)
2013.2.1 山形神室(山形・二口山塊) 快晴の金曜日、仕事を休みにして雪山を闊歩してきた。 目指すは笹谷峠を経て山形神室である。まるで春山を思わせる穏やかな一日であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/02/04 22:56
2013.1.23 泉ヶ岳(宮城・船形連峰)
2013.1.23 泉ヶ岳(宮城・船形連峰) 経理の仕事が溜まっているのだが、朝から晴天で気持が落ち着かない。 そんな訳で仕事を投げ出して近場の泉ヶ岳に出かけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/24 19:54
2012.4.21 高曽根山(福島・裏磐梯)
2012.4.21 高曽根山(福島・裏磐梯) 以前から登りたいと思っていて、なかなか登る機会がなかった『喜多方三山』の一座:高曽根山(こうぞねやま)に登ってきた。 夏道がない積雪期限定の山ながら、予想外に多くの登山者が登ってきて驚いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/04/24 20:29
2012.4.15 大頭森山から明手山(山形・朝日連峰)
2012.4.15 大頭森山から明手山(山形・朝日連峰) 大頭森山(だいずもりやま)は山形県西川町と大江町の町境にある標高984mの低山である。 夏場は町境の大駐車場から30分歩いただけで山頂に達してしまうハイキングの山だが、この山は知る人ぞ知る朝日連峰の大パノラマが見られる山なのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 18

2012/04/16 19:22
2012.4.8 キスカス(764m) 山形・弁慶山地
2012.4.8 キスカス(764m) 山形・弁慶山地 キスカスとは変わった名前の山であるが、地形図上では伐透山(きりすかしやま)と記載されている。 「きりすかしやま」が訛って→「きりすかすやま」、山を省略して地元ではキスカスと呼ばれたものと推論できる。 夏道がなく積雪期限定のこの山に、今年登る最後のチャンスと思いチャレンジしてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/04/09 17:15
2012.3.25 黒鼻山(宮城・船形連峰)
2012.3.25 黒鼻山(宮城・船形連峰) 宮城県西部はあまり芳しくない天気予報にため、午前中はモチベーションが上がらず、家でうだうだしていたが、運動不足になってしまうので近場の泉ヶ岳と峰続きの黒鼻山に出かけた。 山仲間のmorinoさんが黒鼻山の新ルートを登っているので、それを安易にトレースする予定である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/03/26 22:59
2012.3.14 田代高原680m峰(宮城・田代高原)
2012.3.14 田代高原680m峰(宮城・田代高原) 宮城県北西部、加美町(旧宮崎町)の山形県境付近にある山々を田代高原と言う。 北部の田代峠では1968年(昭和43年)冬に、航空自衛隊松島基地(宮城県)から訓練の為飛び立った2機のF-86F戦闘機の内1機が謎の墜落事故を起こし、この「事故」をきっかけに田代峠はUFO目撃多発地帯としてワイドショーや雑誌等を賑わせることとなる。 県境には唯一翁峠という高原的な逍遥を楽しめる山があるが、その他の山には登山道はなく、一般登山者には全く顧みられない山域である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/03/15 22:20
2012.2.26 高取山(山形・白鷹丘陵)
2012.2.26 高取山(山形・白鷹丘陵) 山形県の中山町は果樹農家が多い地区だが、西側の丘陵地帯は標高が低くて登山の対象になる山はほとんどない。 しかし今回登った高取山は、唯一ハイキングコースが整備されていると情報を得たので、日曜日の午後にぶらっと登りに行った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2012/02/27 22:58
2011.3.5 舛沢大平山(宮城・船形連峰)
2011.3.5 舛沢大平山(宮城・船形連峰) 船形連峰の桑沼付近を水源とする吉田川と種沢川の分水尾根を歩いてきた。 最初は尾根の最高点である種沢倉を目指したが、積雪量が厳冬期並みに多く、ラッセルに苦労して手前の舛沢大平山まで登って引き返した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/03/06 10:54
2011.2.27 高倉山から大富山(宮城・船形連峰)
2011.2.27 高倉山から大富山(宮城・船形連峰) 今年2月11日に登った綱取山の北側に位置する高倉山と大富山に登ってきた。 十里平の奥から高倉山の南東尾根に乗り上げたが、山頂までの高差150mの急登を山スキーで登るのは苦労しそうなので今回はスノーシューを使った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/02/28 12:49
2011.2.19 難波森(宮城・船形連峰)
2011.2.19 難波森(宮城・船形連峰) 夕方から飲み会が入っているので、速攻で登れるであろう未登の山:難波森に出かけた。 難波森は泉ヶ岳の東側に屏風の様に聳える蘭山の、そのまた東に寄り添っている目立たない四等三角点峰である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/21 19:33
2011.2.6 六方山(宮城・蔵王連峰)
2011.2.6 六方山(宮城・蔵王連峰) 蔵王山麓の青根温泉の北西に位置する六方山(ろっぽうさん)は、夏道が存在しない静かな寂峰である。名号峰から紅葉台に至る登山道の中間から、北東側に派生した支尾根の最高峰でもあるこの山は、蔵王連峰でも数少ないブナの原生林が見られる山でもある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/02/08 18:48
2011.1.27 赤崩山(宮城・船形連峰)
2011.1.27 赤崩山(宮城・船形連峰) 最近NHKのローカルニュースで紹介された赤崩山に登ってきた。 この山は随分前に南側の崖をよじ登って山頂に至ったが、山頂のブナ林が綺麗だったことと、下りのルートを間違って際どいクライムダウンを強いられた思い出がある。 今回は午後から時間が開いたので、TVで放送されたルートと思われる東尾根を往復した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/01/28 17:04
2011.1.15 大畑山(宮城・船形連峰)
2011.1.15 大畑山(宮城・船形連峰) 宮城県大和町のシンボル:七ツ森の西側に南北に長い頂稜を持つ大畑山がある。 その山は特に船形連峰の宮城県側の玄関口・升沢コースに向かう県道を走行しているとき、沢渡地区の南側に大きな山体で幾つかのピークを連ねているのが印象的に見える。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/01/16 00:27
2010.3.20 馬ノ神岳(宮城・蔵王連峰)
2010.3.20 馬ノ神岳(宮城・蔵王連峰) 山と渓谷社の分県登山ガイド「宮城県の山」の改訂版において、新規に登場した山に馬ノ神岳がある。 「蔵王カラマツ」と名付けられた11本自生する、北限のニホンカラマツ観察用に開削された登山道をガイドしたものであるが、残念ながら山頂まで登山道は切られていない。3年ぶりに屏風岳の大展望を眺めたくなり積雪期の今、スノーシューを使って山頂を周回してきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/21 18:18
2010.3.14 安達太良山(福島・安達太良山)
2010.3.14 安達太良山(福島・安達太良山) 山仲間マスさんのスノーシュー練習の総決算として、雪山入門コースとして人気の高い安達太良山に登ってきた。 但しゴンドラを利用すると、登山の充実感は半減してしまうので、勢至平経由で半時計回りに周回するルートでゴンドラを一切使わずに歩いてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/03/15 20:56
2010.3.7 熊ノ返山(山形・翁山塊)
2010.3.7 熊ノ返山(山形・翁山塊) 山形県の尾花沢市、最上町、舟形町の三市町境に熊ノ返山がある。 もう少し分かり易く言うと、瀬見温泉から山刀伐峠の間にある標高700m前後の連山の最高峰である。 夏道は存在せず、一般的には無名に近い山だが、現地の方に伺ってみると大勢の登山者が登っている事が判明した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/03/07 22:11
2010.2.13 イエローフォール(福島・磐梯山)
2010.2.13 イエローフォール(福島・磐梯山) お恥ずかしながら今まで磐梯山のイエローフォールは見た事がなかった。 スノーシュートレッキングのガイドには必ず紹介され、厳冬期の裏磐梯観光の一つとして多くのハイカーが訪れる場所と聞いてしまっては、わざわざ仙台から出かける気がしなかったからである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/02/13 22:15
2010.1.11 月山山麓スノーハイク
2010.1.11 月山山麓スノーハイク 山友達のマスさんがMSRのスノーシューを買った。今まで夏山しか経験した事のない彼女の雪山初体験は、スノーシューの練習を兼ねて月山山麓にした。流石に月山の積雪は奥羽山脈とは比べ物にならない程多かった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/01/11 21:23
2010.1.10 八ッ森から大笠山(宮城・二口山塊)
2010.1.10 八ッ森から大笠山(宮城・二口山塊) 今シーズン初の本格的な雪山に登ろうと、マロ7さん、ebiyanさん、morinoさんを誘って二口山塊の大笠山を目指した。 不確かな踏み跡しかない大笠山は、一部の薮山愛好家に登られている山だが、マイナー山独特の静寂の山旅を味わえた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/01/10 22:44
2009.3.8 弁慶山(山形・弁慶山地)
2009.3.8 弁慶山(山形・弁慶山地) 鳥海山の南側に位置する弁慶山地(別名:出羽丘陵)は、登山界において空白地帯と言える地域である。 胎蔵山や与蔵峠などごく一部の山に登山道があるのみで、人口に膾炙されていない秘境的雰囲気を残している。 この山域の最高峰が標高887mの弁慶山。30年以上前にあったと言われている登山道は既に廃道となり、ネット上で登った記録も見出せない超マイナーな寂峰である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/03/09 18:11
2009.2.19 川音岳(宮城・蔵王連峰)
2009.2.19 川音岳(宮城・蔵王連峰) 川音岳と言ってどの山かを分かる人は少ないであろう。国土地理院の地形図に山名が載っていないのである。 その山の位置を説明すると、中央蔵王の名号峰から東に伸びる長い尾根の末端にある高みで、紅葉台〜猫鼻間にある夏道が無い1041m三角点峰がそれである。冬型の気圧配置が強く、強風吹き荒れる中を登ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/02/19 18:25
2009.2.11 清水倉森から鈴倉森(宮城・虎毛山塊)
2009.2.11 清水倉森から鈴倉森(宮城・虎毛山塊) 何か、最近眠っていた低山薮山熱に再び火が付いてしまった。「ネット検索や山岳雑誌に全く紹介されないマニアックな薮山に登って何が面白いの?」と言う疑問を山仲間に投げかけられるが、地形図を眺めて自分なりのルートを決め、そして一日歩いても誰にも会わない静寂の山歩きが堪らなく面白いのである。 今回は宮城県北西部:秋田県境に近い鬼首地区の山に登ってきた。深いブナの森を堪能できる山であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/02/11 20:50
2009.1.25 蛤山(宮城・蔵王連峰)
2009.1.25 蛤山(宮城・蔵王連峰) 過去に蝦夷倉沢沿いの林道から登った花房山に、今度は東側の小久保平側からアタックしようと意気込んで出かけたが、小原温泉手前で見た花房山の山腹には斑模様にしか積雪を認められない。これでは雪を利用して登る事など全く不可能な状態なので、仕方なく七ヶ宿方面の山を物色しながらR113を西進する。 しかし七ヶ宿ダムサイトに至っても、積雪量は通年の半分以下。「これは12月中旬頃の積雪量だ!」とビックリ。 そこで午後から天候が悪くなる天気予報も考慮して、簡単な蛤山に登ることにする。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/25 19:52
2009.1.21 高倉山(宮城・船形連峰)
2009.1.21 高倉山(宮城・船形連峰) 先週の土曜日(1/17)に歩いた黒鼻山の帰路、スプリングバレースキー場のゲレンデ下りの最中に真正面に見えていた高倉山。約10年前の春にIさんと登って以来、全くご無沙汰の状況であった。 積雪期の状態はよく解らないので、その確認を兼ねて急に登ってみたくなり、スノーシューを使って半日スノーハイクと洒落てみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/21 19:07
2009.1.18ハマグリ山(山形・二口山塊)
2009.1.18ハマグリ山(山形・二口山塊) 昨日登った黒鼻山は、比較的距離が長い新雪ラッセルが予想されたため、タッシーの愛犬:サクラは家でお留守番であった。でも彼が帰宅するとサクラはしょげ返っていたらしい。そんな山大好きのアウトドア犬なのである。 そんな訳で本日はサクラでも比較的簡単に登れる雪山:ハマグリ山にスノーシュー登山に行ってきた。 予想通り、トレールはバッチリついており、天候も春山を思わせる陽気で、のんびりムードの軽いツアーであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/18 23:50
2009.1.17黒鼻山(宮城・船形連峰)
2009.1.17黒鼻山(宮城・船形連峰) 宮城県の黒鼻山と聞いて、何処にある山か解る方は余程の山好きであると断言できる。まして登った事がある登山者は非常に少ないであろう。小生は一回登った経験があるが、その時の印象は、薮が繁茂した植林地が多く山スキーには向かない山であり、スノーシューならその性能を遺憾なく発揮できると思った。そこで今回は相棒のタッシーとebiyanさんを誘いトライしてみた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/17 20:29
2009.1.12 薬らい山(宮城・船形連峰)
2009.1.12 薬らい山(宮城・船形連峰) 最近は海の見える里山歩きばかりが続き、流石にその手の山は食傷気味になってきた。そこで本日は相棒タッシーの雪山再デビューに相応しいと思える山:薬萊山(やくらいさん)に天候が回復傾向にある午後から登ってきた。 薬萊山の標高はたったの553m。しかし加美富士の別称を持つコニーデ形の優美な山容は大崎平野からも目立つ存在であり、登山口からの比高は340m足らずだが、加美町は宮城県内でも豪雪地帯に位置しているため、厳冬期の今は決して簡単に登れる山ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/01/12 22:41
2006.3.5 熊野岳(山形・蔵王連峰)
2006.3.5 熊野岳(山形・蔵王連峰) IgaさんとSatoさんのリクエストにお答えして、積雪期の中央蔵王をスノーシューで案内した。 終日天候に恵まれて、かつ蔵王名物の樹氷見物も堪能した楽しい一日であった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/05 19:46

トップへ | みんなの「スノーシュー」ブログ

山行記録一覧表

掲示板BBS

Picasa 山のアルバム集

東北の山遊び スノーシューのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる