アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「山形県の山」のブログ記事

みんなの「山形県の山」ブログ

タイトル 日 時
2014.5.7 湯殿山(山形・月山)
2014.5.7 湯殿山(山形・月山) 今年は月山に山滑りに行っていなかったが、月山山頂までの道は既に地面が出てしまったらしい。 このところ高温が続いて一気に雪解けが進んでいるようだ。 月山山頂には花の時期に登ることにして、今回は山頂を踏むのがほとんど限界になっている湯殿山を目指した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/05/12 01:08
2014.4.26 高倉山(山形・月山前衛)
2014.4.26 高倉山(山形・月山前衛) 6年ぶりに肘折温泉の西側にそびえる高倉山に登ってきた。 ゴールデンウイークの初日にも関わらず誰にも会わない静かな山旅であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/04/30 20:11
2014.4.19 経ヶ蔵山(山形・弁慶山地)
2014.4.19  経ヶ蔵山(山形・弁慶山地) 山形県庄内地方の旧平田町にある経ヶ蔵山は、花の多い山として地元の登山者に知られている。 旧平田町の町花はミスミソウで、この山に沢山自生しているところから指定されたのであろう。 過去に何度も登っている山であるが、ミズミゾウの保護の立場から山名を記載しないで、詳しい情報は載せていなかった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/04/23 23:10
2014.4.13 荒倉山から高館山(山形・鶴岡市)
2014.4.13 荒倉山から高館山(山形・鶴岡市) 鶴岡市大山の西側に位置する高館山は早春の花の名所として有名であるが、そこから南西の荒倉山まで小連峰と言った感じの山々が連なっている事はあまり知られていない。 以前、大山在住で山仲間の光逸さんがこの区間を歩いている話をしていて、何時かは歩いてみたいルートと思っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 18

2014/04/17 19:40
2014.3.29 ヨウザ峰(山形・朝日連峰)
2014.3.29 ヨウザ峰(山形・朝日連峰) 以前、石見堂岳に登ったときにお会いした山形の岳人Gさんが言った『ヨウザ峰がお勧めですよ。』の一言がずっと心に残っていた。 大井沢川と大桧原川に挟まれた尾根の東の突端にあるこの山に、何時かは登って見たいと思いながら年月が経っていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/04/02 19:29
2014.3.28 大森山(山形・翁山塊)
2014.3.28 大森山(山形・翁山塊) 坂本さんの著書『山形百山』は愛読書の一冊であるが、この本の中で六座が未登になっている。 今回は未登の一座:最上町にある大森山を狙った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/04/02 00:51
2014.2.26 白髪山(山形・船形連峰)
2014.2.26 白髪山(山形・船形連峰) 週末には再び天気が悪くなりそうで、ここで登り貯めと思い、久しぶりに船形連峰の白髪山に登ってきた。 黒伏高原スノーパーク:ジャングルジャングルのクワットリフト1本を利用すると、数分で水無山まで登れてしまい、その後は水無尾根を忠実に辿ると白髪山まで比較的簡単に登れる冬季限定のルートである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 14

2014/02/28 20:23
2014.2.11 十分一山から高ツムジ山(山形・南陽市)
2014.2.11 十分一山から高ツムジ山(山形・南陽市) 一般的に登山対象となっていない高ツムジ山であるが、冬季は車道が雪で埋まり車の通行ができないので、スノーシューを履いて登ってきた。 広い山頂からの展望は絶景の一語。置賜盆地が一望できて登った甲斐がある山であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/02/13 18:16
2014.2.8 盃山と新年会(山形・山形市)
2014.2.8 盃山と新年会(山形・山形市) 発達した南岸低気圧の影響で大雪の予報がでている土曜日。 山形駅前で山仲間との新年会が夕方からあるので、その前段で山形県庁の北側にある盃山に登ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/02/12 19:39
2013.11.17 瀧山(山形・蔵王連峰)
2013.11.17 瀧山(山形・蔵王連峰) 好天に恵まれた日曜日、マスさんが蔵王の前衛峰である瀧山に登っていなかったので久々に登ってみた。 山形盆地は放射霧による雲海に覆われていたが、ほぼ無風快晴の登山日和であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/11/21 20:33
2013.11.16 鉤掛森と竜馬山(山形・神室連峰)
2013.11.16 鉤掛森と竜馬山(山形・神室連峰) 当初は庄内の山に登る予定だったが、事情があり車の往復に時間がかからない最上地方の竜馬山と大平山に登ることに変更。しかしこの日の山形県は放射冷却で冷え込んだ空気が霧になり、終日下界は霧に包まれていたために、より標高の高い鉤掛森に転進して霧の上に抜けた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/11/20 22:46
2013.10.24 今熊山(山形・月山前衛)
2013.10.24 今熊山(山形・月山前衛) 台風接近の間隙をぬって山形県最上地方の怪峰:今熊山を歩いてきた。 標高は600mに満たない低山であるが、奥深さを感じさせる点では山形有数の山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/10/28 23:46
2013.10.14 摩耶山(山形・摩耶山塊)
2013.10.14 摩耶山(山形・摩耶山塊) 昨年に引き続き今年も摩耶山を訪れた。 しかし登路は昨年の西面とは異なり難易度が高い東面の倉沢口からである。 次の週末に岩場の連続するハードな山を予定しているので、その予行演習を兼ねて臨んでみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 22

2013/10/16 22:26
2013.10.6 葉山(山形・村山)
2013.10.6 葉山(山形・村山) 寒河江市の最高峰:葉山に初めて登ったのは今から32年も前になる。 当時から何時登っても閑散としていて地味な印象の山であるが、静かな山を好む私にとっては大切に思っている山の一つである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/10/09 23:17
2013.9.23 沢渡黒伏(山形・船形連峰)
2013.9.23 沢渡黒伏(山形・船形連峰) 東北最大の岩壁を有する黒伏山は対岸にジャングル・ジャングルスキー場があって有名であるが、その北側にある沢渡黒伏が霊山として世の信仰を集めていたのは知られていない。修験道の山と言うと一番険しい道筋から山頂を極めようとするのが習わしであるが、この山の登山道は急峻の一語で、上級者の先達なしに山頂に立つのは難しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 22

2013/09/28 00:08
2013.9.13 水晶山(山形・二口山塊)
2013.9.13 水晶山(山形・二口山塊) 金曜日の午後から時間ができたので、山形県の里山:水晶山に登ってきた。 近年、天童市側の登山口と東根市側の登山口を結ぶ連絡道ができたので、そこを歩いてみたくなったのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/09/16 14:34
2013.8.4 笙ヶ岳(山形・鳥海山)
2013.8.4 笙ヶ岳(山形・鳥海山) 酒田の山仲間:鯛金さんの案内で長坂道を麓の山ノ神から笙ヶ岳に登り、鳥海湖から蛇石流分岐を経て、万助道を下った。 笙ヶ岳は鳥海山の前衛峰に過ぎないが、山ノ神からの標高差は1300mあって侮れない登山となる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/08/07 23:36
2013.7.20 月山(山形・月山)
2013.7.20 月山(山形・月山) 山形県が晴れの予報なので今年2度目となるが月山に登ってきた。 今回は車一台を本道寺口にデポして、姥沢から本道寺口に下るロングコースである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/07/23 18:58
2013.7.14 五郎岳(山形・蔵王連峰)
2013.7.14 五郎岳(山形・蔵王連峰) この3連休で唯一雨に降られずに登れる可能性が高かった日曜日。 あまり遠出をする気にもならず、近場の蔵王でコマクサ観賞でもしようと山形蔵王に出かけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/07/17 07:29
2013.6.23 西朝日岳(山形・朝日連峰)
2013.6.23 西朝日岳(山形・朝日連峰) 前日の天気予報では山形は快晴マーク。 咲き始めたヒナウスユキソウを見に朝日連峰に行くのは絶好のチャンスと出かけてみた。 しかし寒気が居座ったようで、主稜線では終始ガスに覆われ展望はほとんどなし。 結局下山時に晴れてきたが、3週連続同じような展開に呆れてしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 23

2013/06/27 20:14
2013.6.9 神室山から小又山(山形・神室連峰)
2013.6.9 神室山から小又山(山形・神室連峰) マスさんが神室山を未登なので、登る機会を伺っていたが、前日の天気予報では最上地方はまずまずの天気なので、神室山から小又山を周回するルートで歩いてきた。 しかし午前中はガスの山稜歩きになってしまい、小又山でやっと連峰の山々が顔を出してきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 24

2013/06/13 23:14
2013.5.26 槍ヶ先から火打岳(山形・神室連峰)
2013.5.26 槍ヶ先から火打岳(山形・神室連峰) 昨年の八森山に続き、今年も同時期に神室連峰の火打岳に登ってきた。 今回は親倉見登山口から槍ヶ先を経て火打岳に至る往復コースである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 18

2013/05/29 05:54
2013.5.19 葉山(山形・上山)
2013.5.19 葉山(山形・上山) 午後3時ごろから雨が降り出す天気予報のため、気軽に登れる上山の葉山に行ってきた。 蒸し暑さを感じる陽気であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/05/22 22:29
2013.5.10 月山(山形・月山)
2013.5.10 月山(山形・月山) 翌週から仕事が忙しくなるので、天気が良さそうなこの日に休みを取って月山に出かけた。 4月29日に父が怪我をしたと姥沢からトンボ帰りしているので、消化不良の気持ちを満たすためもある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/05/13 16:51
2013.5.5 猿倉山から高安山(山形・朝日連峰)
2013.5.5 猿倉山から高安山(山形・朝日連峰) 朝日連峰の高安山と聞いて、直ぐに何処に位置する山か分かる人は少ないであろう。 連峰北端の雄:以東岳に登る場合、荒沢ダムの奥にある大鳥集落から東大鳥川に沿った林道を泡滝に向かうが、その林道の入口付近の東側に位置する山である。 しかし急峻な前山に遮られて高安山の姿は里から見えない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/05/09 07:40
2013.5.3 大高根山(山形・大石田町)
2013.5.3 大高根山(山形・大石田町) 大高根山は大石田町のシンボル的な山である。 町のすぐ西側に屏風のような山容を見せ、その山麓をゆったりと最上川が流れる。 正に故郷の山をいう感じを抱かせる山だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/07 19:44
2013.4.20 高館山(山形・鶴岡市)
2013.4.20 高館山(山形・鶴岡市) 2年ぶりに高館山に行ってみた。 今年は3月に暖かい日が多かったので山野草の開花は早いと予想していたが、現地に行くとカタクリやイワウチワの花はほぼ終わりに近づき、2年前とは違った花の構成種になっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/04/23 00:00
2013.4.14 赤見堂岳(山形・朝日連峰)
2013.4.14 赤見堂岳(山形・朝日連峰) マスさんに4年前から連れていって欲しいと頼まれていた赤見堂岳。 最近やっと積雪期の山を歩くスキルも充実してきたので、満を持して晴れの予報がでている14日・日曜日に出撃することにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 20

2013/04/17 18:27
2013.4.2 金峯山(山形・摩耶山塊)
2013.4.2 金峯山(山形・摩耶山塊) 2日に鶴岡市に行く用事があり、空いた時間を利用して近隣にある金峯山に登ってきた。 この日の鶴岡市の気温は17度。初夏を感じさせるような天気であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/04/04 10:09
2013.3.17 品倉山(山形・月山)
2013.3.17 品倉山(山形・月山) 前日は午後から強風と雨の天気だったが、日曜日は穏やかな登山日和になるため、自分としてはお気に入りの月山前衛峰:品倉山に登ることにした。 過去3回訪れている山だが、豪雪地帯ゆえにアルペン的な景観に溢れた山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 21

2013/03/20 13:21
2013.3.6 面白山(山形・二口山塊)
2013.3.6 面白山(山形・二口山塊) 二口山塊の一番北側に位置する面白山。 何時も仙台市近郊の里山歩きでその姿を眺めているが、最近ご無沙汰しているので久しぶりに登って来た。 本当は中面白山方面もピストンするつもりであったが、天候が芳しくなく、時間もないので今回は山頂往復のみ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/03/08 09:04
2013.2.27 熊野岳(山形・蔵王連峰)
2013.2.27 熊野岳(山形・蔵王連峰) 樹氷が見たくなって蔵王坊平ライザワールードスキー場から熊野岳に登ってきた。 しかし余り天気に恵まれず、青空の下での樹氷は見ることができなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/02/28 22:22
2013.2.10 西吾妻山(山形・吾妻連峰)
2013.2.10 西吾妻山(山形・吾妻連峰) 山仲間のMt.Raccoさん企画のBCツアー行程の一部に参加して、天元台から西吾妻山を往復してきた。 厳冬期にも関わらず風も穏やかな日和で、樹氷も素晴らしかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/02/12 19:24
2013.2.3 Asahi自然観スノーパーク(山形・朝日町)
2013.2.3 Asahi自然観スノーパーク(山形・朝日町) 夜から続いている暴風が朝起きても収まらない。宮城県内には暴風警報が出ている。 この日は朝からスキー練習に行く予定であったが、いろいろ天気予報を見て、風が比較的穏やかな山形県内のスキー場に行くことにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/02/05 21:21
2013.2.2 千歳山&山形の小さな旅(山形・山形市)
2013.2.2 千歳山&山形の小さな旅(山形・山形市) この日の夕方から山形駅前で山仲間との新年会があったので、そのついでにあっちこっち寄り道してきた。 厳冬期にもかかわらず雪が少なく、あまり寒さを感じない山形路だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/02/05 20:18
2013.2.1 山形神室(山形・二口山塊)
2013.2.1 山形神室(山形・二口山塊) 快晴の金曜日、仕事を休みにして雪山を闊歩してきた。 目指すは笹谷峠を経て山形神室である。まるで春山を思わせる穏やかな一日であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/02/04 22:56
2012.11.4 大境山(山形・飯豊連峰)
2012.11.4 大境山(山形・飯豊連峰) 山形と新潟の県境、飯豊連峰の北側に位置する大境山は余り登る人もない寂峰である。 私が最初に登ったのは今から15年前。登山道には道標が一切なく、薮っぽい稜線を辿って山頂に至った。 目の前に朳差岳がドカーンと聳え、背後に重畳と連なる飯豊連峰の姿に息を飲んだ。 大境山に登るのは今回で3回目。山仲間のみどぽんさんと、マスさんと一緒に秋の飯豊を楽しんできた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 20

2012/11/06 22:37
2012.10.26 摩耶山(山形・摩耶山塊)
2012.10.26 摩耶山(山形・摩耶山塊) 平日に休みが取れたので、本当に久しぶりに山形県鶴岡市の名峰:摩耶山に登ってきた。 今回は今まで登ったことのない旧温海町側に越沢口から入山した。 東側の倉沢コースから比べると難易度は遥かに劣るが、ブナの黄葉が美しい山であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/10/30 23:26
2012.10.21 甑岳(山形・船形連峰)
2012.10.21 甑岳(山形・船形連峰) 好天の土曜日は仕事で錦秋に輝く泉ヶ岳を眺めていた。 翌日の日曜日は宮城県の平野部は晴れだが、奥羽脊稜山脈は間違いなく雨の空模様。 何処の山に行こうか悩んでいるとき、山仲間のみどぽんさんから宮城の山に行く予定とのメールが入った。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/10/23 23:36
2012.9.30 平野山&日光山、大頭森山(山形・寒河江市&大江町)
2012.9.30 平野山&日光山、大頭森山(山形・寒河江市&大江町) 台風が来ていて高い山は無理そうなので、比較的天候が良さそうな山形県内の低山にキノコ狩りに行った。 と言っても山形県のキノコ狩り場はほどんど分からず、偵察を兼ねての簡単な山歩きである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/10/02 17:25
2012.9.22 大平温泉から人形石(山形・吾妻連峰)
2012.9.22 大平温泉から人形石(山形・吾妻連峰) 吾妻連峰の藤十郎から大平集落までスキーで下る大平下りは一度滑ってみたいと思っていたが、夏道は一度も歩いていなかったので、下見を兼ねて大平温泉から天元台を経て周回してきた。メインルートから離れた静かな道であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/09/24 18:04
2012.9.16 御所山:道元峡から層雲峡(山形・船形連峰)
2012.9.16 御所山:道元峡から層雲峡(山形・船形連峰) 久しぶりに山形県側から御所山(船形山)に足を踏み入れた。 尾花沢の御所山荘を起点に道元峡から層雲峡を経て御所山に登るハードコースである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 20

2012/09/19 22:21
2012.9.8 六十里越街道(山形・月山)
2012.9.8 六十里越街道(山形・月山) 今も萱葺き屋根の多層民家が残る鶴岡市田麦俣から湯殿山南側を通り、西川町へと続く「六十里越街道」は、湯殿山詣の道と言われ、庄内藩主の参勤交代路としても利用されていた古道である。 今回は田麦俣から細越峠、そして大岫峠を越えて志津までの13kmの区間を歩いてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/10 16:00
2012.9.2 葉山(山形・葉山)
2012.9.2 葉山(山形・葉山) 村山市の西方にそびえる葉山は最上,村山郡の農業神として信仰されてきた。 そして昔の出羽三山は,月山,羽黒山と葉山だったといわれているが、室町時代になり西川町大井沢の道智上人が湯殿山を開いてから,現在の月山,羽黒山,湯殿山が出羽三山になったとされている。 今回は大蔵村の肘折から祓川沿いに登る道である三本橋沢を遡行して、葉山奥の院まで登ってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/09/03 18:19
2012.6.30 月山(山形・月山)
2012.6.30 月山(山形・月山) マスさんが少し体調を崩しているのでハードな山には行けない。 それならお気楽に花園を堪能できる姥沢〜月山ルートで、今が盛りのクロユリでも見に行こうという事になった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/07/02 00:35
2012.6.28 祝瓶山(山形・朝日連峰)
2012.6.28 祝瓶山(山形・朝日連峰) いろいろ忙しくて山に登れないでいたマスさんと休みを合わせて祝瓶山に登ってきた。 マスさんにとって祝瓶山は憧れの山だったそうだが、今まで何回か登ろうと計画しては悪天候で延期を繰り返していたのだ。何回目かの正直で、やっと梅雨の中休みの晴天が期待できる日が訪れた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/06/29 22:25
2012.6.10 虚空蔵山から経塚山(山形・白鷹丘陵)
2012.6.10 虚空蔵山から経塚山(山形・白鷹丘陵) 天気が良ければ神室連峰に行く予定であったが、土・日曜日連続で生憎の雨。 マスさんのお誕生日のお祝い登山も無理かな、と思ってネットで各地のライブカメラを見ていたら、山形方面の低山なら登れそうな雰囲気。 今の時期ならヒメサユリが咲いているだろうと、急遽遅い出発で山形の上山温泉界隈の低山に出かけた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/06/12 06:30
2012.5.27 倉手山(山形・飯豊連峰)
2012.5.27 倉手山(山形・飯豊連峰) 飯豊連峰の大パノラマが至近距離で見られるので大人気の山が倉手山である。 平成4年のベニバナ国体の時に、長者原起点で鍋倉山をピストンして泡ノ湯温泉に周回するルートが新規に伐られたが、民有地を通過していたために廃道になってしまった。 その後、玉川沿いの車道から支尾根を登る新規のルートが伐られ、それから多くの登山者が訪れる山に変貌した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 20

2012/05/30 06:20
2012.5.20 八森山から槍ヶ先(山形・神室連峰)
2012.5.20 八森山から槍ヶ先(山形・神室連峰) 東北一のヤセ尾根を有する神室連峰南部に八森山がある。その西面は山頂近くまで伐採が入り、杢蔵山側から眺めると痛々しい山容をしているが、東の最上町から眺めると雪蝕地形が顕著で迫力ある山容をしている。 何時行っても静かな山旅が味わえるのでお気に入りのこの山から、今回は槍ヶ先までミニ縦走してきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 18

2012/05/23 18:23
2012.5.13 小湯山・一念峰・岩部山(山形・置賜地方東部)
2012.5.13 小湯山・一念峰・岩部山(山形・置賜地方東部) 朝5時台に起きてみたら奥羽脊稜山脈に雲がかかっていて見えない。 ネットで天気予報やライブカメラを確認しても、行く予定だった残雪の山は曇っていて、天気の回復は昼過ぎと予想された。それならマスさんが以前から登りたいと言っていた一念峰の他に置賜地方東部の岩山数山に登ろうと予定を変えて出かけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/05/15 17:33
2012.5.9 文珠岳から千畳ヶ原(山形・鳥海山)
この冬のシーズンは昨年12月に母の死去もあり山滑りのモチベーションが全く上がらず、ほとんどBCをやらないシーズンであった。しかし未だ残雪が残る鳥海山が気になっていたので、晴れが期待できる9日に急遽板納めに出かけてみた。目標は文珠岳から千畳ヶ原へ滑り込むルートである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

2012/05/11 00:14
2012.4.28 湯ノ沢岳から母狩山(山形・摩耶山塊)
湯ノ沢岳は1000mにも満たない標高の山であるが、冬の偏西風をまともに受ける豪雪地帯のために、その東面は雪崩に磨かれた急峻なスラブを見せて迫力ある姿を見せてくれる。 この山から母狩山を越えて金峰山まで豪快な景色が楽しめる縦走コースが存在し、今回は湯ノ沢岳〜母狩山間をmorinoさんと二人で歩いた。この縦走路はお気に入りで3回目の再訪である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/29 22:10
2012.4.22 白太郎山(山形・朝日連峰)
山形県小国町の最奥の五味沢地区にある夏道のない山:白太郎山は、アプローチの良さと、朝日連峰の大展望が満喫できる山という事で、積雪期に人気の山となっている。 ネット上でもバックカントリーの記録が数多く見られるが、残雪の堅雪を利用してツボ足で速効登山してきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/04/25 00:13
2012.4.15 大頭森山から明手山(山形・朝日連峰)
大頭森山(だいずもりやま)は山形県西川町と大江町の町境にある標高984mの低山である。 夏場は町境の大駐車場から30分歩いただけで山頂に達してしまうハイキングの山だが、この山は知る人ぞ知る朝日連峰の大パノラマが見られる山なのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 18

2012/04/16 19:22
2012.4.8 キスカス(764m) 山形・弁慶山地
キスカスとは変わった名前の山であるが、地形図上では伐透山(きりすかしやま)と記載されている。 「きりすかしやま」が訛って→「きりすかすやま」、山を省略して地元ではキスカスと呼ばれたものと推論できる。 夏道がなく積雪期限定のこの山に、今年登る最後のチャンスと思いチャレンジしてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/04/09 17:15
2012.2.26 高取山(山形・白鷹丘陵)
山形県の中山町は果樹農家が多い地区だが、西側の丘陵地帯は標高が低くて登山の対象になる山はほとんどない。 しかし今回登った高取山は、唯一ハイキングコースが整備されていると情報を得たので、日曜日の午後にぶらっと登りに行った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2012/02/27 22:58
2012.2.11 仙山線・冬の小さな旅(山形・山寺)
夕方から山形駅前にて山仲間が集う新年会があるので、仙山線を利用して山形に向かった。 でも飲み会の前に冬の山寺見物をしようと、morinoさん、マロ7さんと共に午後0時45分仙台駅発の下り快速電車に乗り込んだ。仙山線に乗るのも、山寺に行くのも記憶がないほどしばらくぶり…… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 22

2012/02/13 17:16
2011.10.30 堂木沢山(山形・二口山塊)
国道48号線(関山街道)の関山トンネルを抜けて山形県に入ると、乱川の左岸にひと際高く聳えていて、山頂に通信反射板が設置されている山に気がつく。 大滝レストハウスの直ぐ南側に位置するこの山は、登山道が無い故に一般登山者からは見向きもされない山となっている。しかし南山麓の沼沢沼から通信反射板保守用の不確かな踏み跡が付いている事は余り知られていない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/10/31 22:06
2011.10.16 大岡山(山形・山形市近郊)
低気圧が通過し、午前11時ごろから急激に青空が広がってきた。 急いで山歩きの支度をして家を飛び出たが、東北道や山形道の一部のIC出口で1km程度渋滞しており、結局山形蔵王ICまで走行して高速を降りた。実は最初は蔵王の瀧山を登る予定だったのだが… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 20

2011/10/17 20:09
2011.10.9 東普陀落(山形・月山)
多くの登山者で賑わう月山・羽黒口8合目の弥陀ヶ原からさりげなく北東方面に細道が伸びている。 これが月山修験道の聖地と言われる東普陀落へ至る道で、古くは立谷沢から月山・湯殿山への参拝道でもあった。 かねてから行ってみたいと思っていた東普陀落に山形の岳友:みいらさんの案内で訪れた。 微風快晴の登山日和の中、人気の月山とは思えぬ静寂の異空間トリップを楽しんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 11

2011/10/12 20:59
2011.9.25 鉤掛森から黒森(山形・神室連峰)
岳人の9月号に最上山岳会の坂本さんが書かれた『戦国古道を訪ねる 鉤掛森〜黒森』のミニガイドが掲載しており、兼ねてから興味があったこの古道を山仲間と歩いてきた。 展望は余り利かないが、所々に残るいにしえの古道の痕跡と深いブナの原生林に驚く山旅であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/09/27 19:31
2011.9.17 頭殿山(山形・朝日連峰)
平頂で何処が山頂か同定できない長井葉山の北側に、三角形の目立つ山容をした頭殿山がある。 大正から昭和初期の時代には、大朝日岳登山のメインルートとして頭殿山を越えて朝日鉱泉に入るのが常だったと言われているが、現在は地元の登山者以外は登る人も稀な山となっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/09/20 19:50
2011.9.11 観音岩(山形・高畠町)
朝起きると仙台は霧雨。山のモチベーションも全然上がらず、家でグダグダしていたら、どうも日本海側が良い天気だと知る。しかし午前10時を過ぎて高い山は無理なので、以前から気になっていた山形県高畠町の観音岩に行ってみることにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/09/14 20:28
2011.9.10 神通峡(山形・大江町)
2年ぶり2回目の神通峡ハイキングに行ってきた。 今回はマスさんのお友達:かなちょろさんの山デビューだ。でも山の装備を持っていないので、往復8.2kmと歩く距離は長いが、登りがほとんどなく整備された神通峡なら充分歩けると思った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/09/13 19:30
2011.9.3 雨呼山(山形・二口山塊)
台風12号が四国に上陸して日本海に抜ける進路を辿っている。こういう気圧配置の時は台風が通過途中の地域と太平洋側が大雨になると相場が決まっているので、山形県に行けば登山が可能な山があると思っていた。 朝ゆっくり起きて天気予報を確認すると予想通り山形は大丈夫そうなので、夏キノコ狩りを目的に出かけてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/03 23:28
2011.8.28 月山(山形・月山)
今年は月山山頂に登っていなかった事に気がついて、急に月山に行きたくなった。 しかし混雑する一般ルートを避けて今回は岩根沢口を周回してきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/08/29 19:44
2011.8.14 以東岳(山形・朝日連峰)
満開のタカネマツムシソウを見たくなって、5年ぶりに朝日連峰の以東岳に登ってきた。 山上は涼しい秋風が吹き抜け、お盆を境に東北の山は一気に秋モードに突入していた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 36

2011/08/16 15:08
2011.8.7 北股岳(山形・飯豊連峰)
猛暑の折、避暑を兼ねて飯豊の石転び雪渓を登ってきた。 天然クーラーを思わせる雪渓登りの末、たどり着いた山上ではイイデリンドウが見ごろを迎えていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/08/09 23:44
2011.7.16 笙ヶ岳(山形・鳥海山)
海の日の連休は土曜と日曜のみ仕事が休みで、18日の祝日は仕事である。 猛暑の中の仕事が続き、少しお疲れ気味なので、避暑を兼ねて簡単に登れる笙ヶ岳に行ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 20

2011/07/20 07:23
2011.7.10 姥ヶ岳(山形・月山)
何時もは7月1日の山開き前に訪れている月山。 しかし現在の酷暑の状態は異常で、残雪がある涼しい山を目指そう! と言う事で、ついでにキヌガサソウを見たくなり、玄海広場〜装束場経由で月山を目指した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/07/11 20:49
2011.7.2 障子ヶ岳(山形・朝日連峰)
7月初旬の朝日連峰はヒメサユリが見頃の時期を迎える。 花を求める登山者で混雑する大朝日岳など主稜線の山を嫌って、何時でも静かな山旅を楽しめる障子ヶ岳に4年ぶりに登ってきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/07/04 17:43
2011.6.8 中丸山から熊野岳(山形・蔵王連峰)
7日に引き続きマスさんとの山行。携帯電話の繋がる範囲と言うことで選択したのが中央蔵王の中丸山コースだった。今年は高山植物の開花が一週間ほど遅れているとの情報が多いが、坊平高原に咲くアズマギクを見たかったのも中丸山コースを選んだ理由である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/06/11 00:06
2011.6.7 東黒森山と西黒森山(山形・白鷹丘陵)
この日はマスさんのお誕生日。マスさんちょっと事情があって携帯電話が繋がらない深山には登れないので、お祝い山行はお気軽な県民の森の東黒森山と、未登の西黒森山にした。 おまけに大江町の大山自然公園にて盛りのヒメサユリを見てきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/10 19:05
2011.6.5 毎年恒例のイベント:ワラビ採り
二週連続で週末は雨で登山はお休みであったが、晴れの予報の今日は毎年の恒例行事となっているワラビ採りに出かけた。今年の山菜採りは震災の影響で行く場所が限られ、しかも天候が芳しくなかったため不本意な年となってしまったが、ワラビやタケノコ採りの時期が始まると、山菜は最終章を迎える。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/06/05 21:04
2011.5.28 長岡山(寒河江公園)
寒河江市の中心ある長岡山一帯が寒河江公園として整備されている。公園内にある東北一の規模のつつじ園が見ごろを迎えたので見に行ってきた。 公園からは眺望がよく山形盆地や月山、蔵王、朝日連峰の山々を一望できるが、この日の高山には梅雨を思わせる厚い雲がかかっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/29 13:25
2011.5.15 番城山(山形・蔵王連峰)
蔵王連峰の南西部の宮城・山形県境には舟引山、二ツ森、番城山などの不遇の山が連なっている。 大半の山に登山道は無く、山稜にはネマガリダケの密薮が待ちかまえて無雪期に登るのは難しい。 しかし唯一番城山には不確かな登山道が存在している。今回は10年以上前に辿った参拝道を辿ってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/17 18:18
2011.5.5 姥ヶ岳から湯殿山(山形・月山)
がっちり山滑りをしたくなって月山に出かけた。地震の影響であちこちの斜面に大きなクラックが入っているとの報告が見られたが、現地に行ってみてから登山&滑降ルートを決める算段だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 11

2011/05/06 13:13
2011.4.15 高館山(山形・鶴岡市)
山形県鶴岡市大山にある高館山は、山形県を代表する早春の花の名山だと思う。 花芽の大きさと圧倒的なカタクリ群落では角田山に一歩劣るが、ブナやケヤキの原生林の林床に咲き乱れる花々は野趣に富み、しかも人が少なくのんびりと花を観賞できる点では高館山の方が優れている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/17 11:36
2010.12.30 ハマグリ山(山形・二口山塊)
大晦日には午前中だけスキーに行く予定だけど、今年の登山は今日30日で店じまいです。 今年も偏屈な山指向の拙ブログにお付き合いいただき誠にありがとうございます。最近では日別のページビューも1000件を超え、少しは評価させ始めたブログになったんだなぁ〜と気を引き締めております。 来年も少しでもお役に立てる山情報を発信していきたいと考えています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 18

2010/12/30 22:01
2010.12.20 戸神山から千歳山周回(山形・蔵王連峰)
山形市街地の東側に位置するピラミッド形の千歳山は、山形盆地の西側に対峙する富神山と並んで山形市民に親しまれる里山である。 数千本のアカマツに覆われていて今年は登山中にマツタケを採った方がいる、というお話も伝え聞いている山だ。 今回は長らく温めていた東の戸神山から千歳山までの周回ルートを歩いてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 21

2010/12/22 00:33
2010.11.23 白鷹山(山形・白鷹丘陵)
最近年老いた両親の体調が悪く、私が二人の簡単な介護をする様になってしまい、早朝から夕方まで一日工程の登山は難しくなっている。母親は現在入院中なので、在宅の父親と一緒に遅い朝食を食べてから山に出かけた。 帰りに母親の入院先に立ち寄り、帰宅後に夕食の支度もあるので、行動時間が短い白鷹山にマスさんと登ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/11/28 10:28
2010.11.20 与蔵峠(山形・弁慶山地)
晩秋の冬枯れの時期には古の峠路を逍遥するのが似合う。 新雪の高山をハードに攻めるのもいいが、根雪となる前の季節には落ち葉をサクサクと踏みしめながらブナの森を彷徨する山旅が楽しい。今回は山形県の最上と庄内を結ぶ与蔵峠を訪ねた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/11/21 20:48
2010.11.14 幻の道:小山田新道(山形・二口山塊)
昨年秋、山仲間のみいらさんから「小山田新道に行きませんか?」 とお誘いのメールが入ったが、山行の日は生憎の雨で中止となった。しかし小山田新道踏破の野望の火は燻っていて、今回の再チャレンジに至った。 小山田新道とは聞き慣れない道だが、明治時代に完成した今の山形県東根市猪野沢と宮城県仙台市青葉区を結ぶ馬車も通行できたルートを言う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/11/15 19:58
2010.10.3 紅葉の月山
低気圧が日本海を東進していて午後から天気が悪くなりそうなので、行動時間の長い山は選択から外し、お気楽に紅葉が楽しめそうな月山に出かけた。姥沢を起点に登ったり下ったりする変則的な周回ルートを取ったおかげで、歩きたい欲求も満足できた一日であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/10/04 15:25
2010.9.26 柴倉山から黒伏山(山形・船形連峰)
船形連峰の西側(山形県側)の山々はごつごつとした岩山が連なり、船形山のなだらかな山容とは対照的に険しい山塊となっている。 今回はマスさんと車2台を利用して、粟畑から柴倉山、銭山、白森、黒伏山と連なる8kmの稜線を一気に縦走した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/09/27 21:49
2010.8.1 葉山(山形・村山)
週末の日曜日に天候が芳しくない状態が続いている。何処の山に登るか本当に悩んでしまうが、混雑する人気の山や花の名山は避けて、13年ぶりに村山葉山の山の内コースを歩いてきた。 下界の猛暑から離れて山稜は涼しげな風が吹いていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/08/01 23:08
2010.7.19 長坂道から笙ヶ岳(山形・鳥海山)
鳥海山を代表する見通しの良い尾根コースが長坂道である。急登の連続だが一歩毎に高度を上げていく豪快な胸のすく登りは、他のコースでは味わえないものがある。そして登りついたところが百花繚乱の笙ヶ岳という点でもポイントが高い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/07/21 15:20
2010.7.4 大朝日岳(山形・朝日連峰)
朝日連峰では毎年7月初旬にヒメサユリが見ごろを迎える。しかしちょうど梅雨時と重なっており、天気に恵まれてヒメサユリの花見を楽しめる週末は少ない。 この日はにわか雨の懸念はあったが、これ日を逃すと今年はヒメサユリを見る機会を逸してしまうと思い、天気は期待しないで出かけてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 18

2010/07/05 18:22
2010.06.25 月山(山形・月山)
7月1日の山開き直前の月山は比較的静かで、しかも多くの花々が咲き競う時期である。 この日の山形市の最高気温は31度。真夏を思わせる天気の中、玄海広場から山頂を目指して登ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/06/26 16:55
2010.6.13 熊野岳から瀧山(山形・蔵王連峰)
ウィンターリゾート地として有名な蔵王スキー場を有する蔵王温泉を起点として、熊野岳から瀧山まで縦走する計画を温めていたが、観光地であるが故に、混雑を避けて歩くタイミングをなかなか掴めないでいた。 日本百名山の一座でもある蔵王は7月から8月にかけてが登山のピークを迎えるが、その時期より少し前倒しして今回歩いてきた。花は少なかったが落ち着いた雰囲気の山歩きができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/06/14 18:34
2010.6.6 今熊山(山形・月山前衛山群)
山形県ではもっともメジャーな山のひとつが月山であるが、その東側から北側にかけての前衛山群は登山道がない未開の山域となっており、標高が低い割りに急峻で原始的な山々がひしめいている。 今回訪れた今熊山は標高500m台の低山にかかわらず、険しい岩山で決して簡単に登れる山ではない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/06/07 21:48
2010.5.16 芝倉山(山形・朝日連峰)
今年は例年より残雪が多く、しかも16日の日曜日は好天が予想されたため、朝日連峰:以東岳北方稜線にある夏道のない芝倉山に残雪を利用して登ってきた。自身で永年の懸案となっている朝日軍道の未踏部分を少しだけ消化できて大満足の一日だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/05/17 22:47
2010.5.4 月山:姥沢界隈滑りまくり(山形・月山)
朝の天気予報は最悪。庄内地方は午前中は雨らしい。何やら祓川は晴れているという怪情報はあるが、とても信じられる天気ではないので酒田港の「海鮮どんや:とびしま」で魚定食を食べようと朝6時には出発した。 何でも7時オープンで先着50名様にどんがら汁がサービスででるとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/05/04 23:48
2010.5.3 鳥海山:御浜神社(山形・鳥海山)
八幡平から長躯下道だけを走行して道の駅:鳥海に入ったのは前日の午後7時過ぎであった。 少しあとに到着したTakeちゃんとビールを飲みながら山談義に花が咲く。 その内に別のメンバーも続々と到着した。空は満天の星空である。 明日に二年連続で滑る予定の文珠岳〜千畳ヶ原が楽しみだが・・・・・・・・・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/05/03 23:37
2010.4.25 湯殿山(山形・月山)
山滑りの超人気スポット:湯殿山には足が遠のいていたが、山仲間のマスさんが「湯殿山にBC行きたい!」とお願いされていたので、天気の良い日曜日に登ってきた。以前にも増してシュプールだらけのオープンバーンを見て驚いた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/04/26 11:12
2010.4.11 高館山(山形・庄内)
新潟県の弥彦三山は花の名山として全国区の人気を誇るが、山形県の庄内地方にも立派な花の山が存在する。 それが鶴岡市大山地区の西側に聳える高館山である。午前中は雨の天気予報だったので遅い時間に仙台を出発して、雨上がりに花巡りの山旅をしてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/04/12 23:21
2010.4.9 月山:柴灯森北西尾根1479m峰(山形・月山)
急に休みが取れたので久しぶりに月山界隈へ山滑りに出かけた。 明日10日から月山スキー場がオープンするが、厳冬期でも訪れる人が多い姥ヶ岳、湯殿山周辺は避けて、湯殿山スキー場から柴灯森へ伸びる尾根の一高点を目指した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/04/09 23:51
2010.4.4 葉山(山形・村山)
東北地方どの山域を見ても晴れ・晴れ・晴れの天気予報。一年を通して数える程しかない晴天を利用して、兼ねてから懸案であった葉山(村山)に単独スキーツアーに行ってきた。コースは過去に山形県で一番標高が高い集落と言われた寒河江市畑地区からの往復である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

2010/04/05 13:40
2010.3.7 熊ノ返山(山形・翁山塊)
山形県の尾花沢市、最上町、舟形町の三市町境に熊ノ返山がある。 もう少し分かり易く言うと、瀬見温泉から山刀伐峠の間にある標高700m前後の連山の最高峰である。 夏道は存在せず、一般的には無名に近い山だが、現地の方に伺ってみると大勢の登山者が登っている事が判明した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/03/07 22:11
2010.2.21 八ッ楯山(山形・月山前衛峰)
北泉ヶ岳で左膝を痛めて以来、約一ヶ月ぶりの軽めなBC復帰である。 最初は葉山に行こうと思っていたが、天気がイマイチのため、急に気が変わって未登の八ッ楯山に変更した。 この月山前衛の八ッ楯山は一部の山スキーヤーが本道寺コースの別ルートとして利用する以外に、登山目的で登られる事が非常に少ない山である。勿論夏道は一切ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/21 19:44
2010.1.11 月山山麓スノーハイク
山友達のマスさんがMSRのスノーシューを買った。今まで夏山しか経験した事のない彼女の雪山初体験は、スノーシューの練習を兼ねて月山山麓にした。流石に月山の積雪は奥羽山脈とは比べ物にならない程多かった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/01/11 21:23
2009.12.9 富神山(山形・山形市近郊)
富神山は山形市の西側に位置する山で、白鷹丘陵の東の端に聳えている。 標高は402mと里山の域を出ないが、尖り(トンガリ)から来たといわれる三角錐の美しい山容は、山形市街地を挟んで東側に相対する千歳山並んで山形市民に親しまれている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/12/11 12:15
2009.10.25 小又山(山形・神室連峰)
私が神室連峰に初めて足を踏み入れたのは今から30年前、西の又口から小又山を往復した時である。 近年「東北一のヤセ尾根」に魅了された登山者で盛況を博している神室連峰であるが、当時は一日中歩いても、誰一人会わない静寂の山旅が楽しめた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/10/26 10:30
2009.10.18 遊仙峡から山王岳(山形・二口山塊)
2005年9月に、二口山塊で唯一歩いていない遊仙峡から石橋峠の道にチャレンジした事がある。 このコースはその時点で廃道になっていて、途中で完全に道を失い、結果的に山王岳西尾根に逃げて、猛烈な薮漕ぎの末に山王岳山頂へ至った。 廃道とは言え以前の道形はあるはずだが、何処で道を失ったか?それ以来気になってしょうがなかった。 今回はその答えを見つけるために、再び遊仙峡から石橋峠を目指したのである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/10/20 19:04
2009.10.11 豪士山から駒ケ岳(山形・置賜東部)
昨晩の豪士山山麓:元宮キャンプ場では、断続的に降る雨音とドングリの落ちる音で何回も目が覚めてしまった。 寝不足で冴えない身体に鞭打って朝6時に無理やり起きる。今日は昨年に引き続き(山形)駒ケ岳を周回する登山だが、豪士山もセットにしたのがミソ・・・ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 22

2009/10/14 22:28
2009.10.4 東大巓(山形・吾妻連峰)
山形と福島の県境に、広大かつ穏やかな峰々を連ねる吾妻連峰は人気の高い山である。 この連峰は大まかに東・中・西吾妻と分けられていて、山岳道路やスキー場施設を利用して楽々登れる東・西吾妻に登山者が集中している。しかし本当の吾妻連峰の良さは、東大巓を中心とした中吾妻一帯にあると思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/10/05 17:46
2009.9.25 層雲峡から御所山(山形・船形連峰)
タイトルに「御所山」という山名がでているが、これは船形連峰の最高峰:船形山の山形県側の呼び名である。 その山名は、第84代順徳天皇が承久の変で佐渡島に流されたが、島を逃れて御所山の麓:新乳沢にお住まいになった、と言う伝説からきている。その他に五箇所の修験道の聖地があったため「五所山」になったと言う説もある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/09/26 23:42
2009.9.17 紅葉が始まった月山 (山形・月山)
私自身、月山で唯一歩いていないコースが本道寺口である。ネット上での踏査記録も少ない。 登山口の口之宮・湯殿山神社からは往復28km、累積標高差2100m、月山では肘折コースに次ぐロングルートだ。 今回は以前から気になっていたこのコースの日帰り往復にチャレンジしてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/18 22:36
2009.9.9 御影森山から長井葉山(山形・朝日連峰)
大河ドラマ「天地人」もいよいよ佳境に入ってきている。徳川家康が会津討伐に向かう間に、石田光成が西で兵を挙げ挟み撃ちにする共同作戦を目論んだ、「直江状」を直江兼続が家康に叩きつけるシーンが間近だ。 さて小生の今年の登山テーマ『直江兼続が開削した朝日軍道を歩く』(但し登山道のある区間)は、過去からのつなぎ登山ながらも御影森山から長井葉山の区間が残されていた。 そして今回、その未踏の区間を一気に歩いて、やっと目標を完結できたのである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/09/11 00:16
2009.8.24 小枕山と祝瓶山(山形・朝日連峰)
仕事の実地研修が予定よりも早く終わったので、山に登ってから帰宅する事にした。 しかし当日は夜半に降った雨の影響で生憎の曇り空。予定していた未登の山は必然的に却下となる。 それなら長躯、山形県の山にでも行ってしまおう! と車を走らせ、辿り着いたのが小枕山であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/08/25 22:49
2009.8.16 寒江山(山形・朝日連峰)
東北地方の全域がマークの天気予報は本当に暫くぶりだ。しかしもうお盆も終わり、夏に咲く花々を愛でる山旅は、今年のラストチャンスであろう。 という事で久しぶりに朝日連峰の寒江山を訪ねた。今の時期に満開になるタカネマツムシソウの大群落を期待して・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/08/17 13:04
2009.8.14 村山葉山:シャムコース(山形・村山)
有名な月山の東側に位置する葉山は通称:村山葉山と呼ばれていて、山形の岳人に愛されている山である。 登山コースは四通八達しており、寒河江市からは岩野、畑、十部一峠コース。大蔵村:肘折からは三本橋コース。村山市からは山の内、シャムコースの6つの登山コースが拓かれている。 今回は私自身唯一歩いていなかったシャムコースを岩野コースと合流する地点の「お田沼」まで行ってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 15

2009/08/15 16:42
2009.7.25 神通峡ハイク(山形・朝日連峰)
神通峡は朝日連峰の古寺鉱泉下流、月布川の流れが長い年月をかけて刻み込んだ渓谷である。 昭和初期に田ノ沢〜古寺間を走っていた森林軌道が廃線になり、その軌道跡に10年以上の歳月をかけて完成した片道4.1kmの遊歩道がある。本日は余り芳しくない天気予報だったため、敢えて高山は避け、歩いたことがなかった神通峡に出かけてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/07/25 21:34
2009.6.20 長井葉山(山形・朝日連峰)
今年の大河ドラマ「天地人」にあやかり、マイブームになっている直江兼続が開削した朝日軍道巡り。 本日はその南側の始点、長井市草岡口から長井葉山・奥の院までの道を歩いてきた。 開削当時の雰囲気が残る朝日軍道に驚き、尾根を大きく削りとったオケサ堀に目を見張り、昭和初期に建設された昭和堰の遺構に驚嘆した歴史の山歩きであった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/06/21 14:04
2009.6.2 初夏の月山(山形・月山)
唐突ながら映画の話から...SF物の映画が大好きなオイラ。土曜日からロードショーとなった「スタートレック」、早速観に行きましたねぇ。その内容は明かせないが、昔からのファンは大納得のストーリー展開であった。 と、観たあとに突発的に閃いたのがスキー板の「フリートレック(フリーベンチャーとも言う)」。 良く考えてみると、可哀想な事に今シーズンは一回も出番がなかった。 99cmの長さは携帯性&取り回し抜群であるが、滑りの不安定さもこれまた抜群。 今年最初で最後の出番を与えるべく、微風快晴の本日、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/06/02 23:51
2009.5.30 文殊山と笹野山(山形・置賜)
2週連続で山菜採りが続いたため、本日は山に登りたい気分になっていた。 しかし宮城県など東北の太平洋側は、停滞した南岸低気圧の影響で雨降りの一日である。 そこで雨の確立が少ない山形県置賜地方の、未登の低山にターゲットを絞り出かけてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/31 11:42
2009.5.6 注連石と鬼のカケハシ(山形・弁慶山地)
3月に登った弁慶山地(出羽丘陵)の最高峰:弁慶山。その登山ルートを検討して地形図を読んでいると北部に「注連石」という地名が目に飛び込んできた。急に興味が沸きネット検索で調べてみると「碧落の彼方blog」と言うサイトにたどり着く。このブログを開設されている方は、庄内地方の秘境探訪をライフワークにされていて、その一編で現在は道がなく、かつ何らの資料もない注連石の所在地を踏査していたのである。 「凄いところみたいだ?これは早速行かねば!」 そこで薮山や秘境に目が無い面々を誘って出かけてみた。 薮山... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/05/09 17:33
2009.5.5 鳥海山・文珠岳肩から千畳ヶ原(山形・鳥海山)
GWの5/5は鳥海山のスキーツアー。Mt.Raccoさんの東北遠征企画に一日限りで乱入する事になった。 前夜に携帯で連絡すると、この日は文珠岳から千畳ヶ原に滑り込むコースを予定しているらしい。 しめしめ.....このコース是非ともやっつけてみたかったので正に渡りに船であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/08 11:53
2009.5.3 葛城山(山形・朝日連峰)
葛城山と言うと奈良の山を思い浮かべるが、今回登った葛城山は朝日連峰の北鎮:以東岳北方稜線の一座である。この山は天地人:直江兼続が抜開した朝日軍道が通過する場所に当っているが、三角峰以北から鱒渕までの区間は道が消失しており、残雪期限定で登れる山である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/05/04 19:45
2009.4.5 雪割り草の競演(山形・庄内)
3年連続で山形・庄内地方に咲く雪割り草(ミスミソウ)のお花見に出かけた。 早朝まで降っていた雨の影響が残り、天候は曇りベース&強風のため半開きの花びらのものが多かったが、様ざまな色合いの可憐な雪割り草は、庄内地方の春の訪れを感じさせてくれた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/04/05 22:21
2009.3.8 弁慶山(山形・弁慶山地)
鳥海山の南側に位置する弁慶山地(別名:出羽丘陵)は、登山界において空白地帯と言える地域である。 胎蔵山や与蔵峠などごく一部の山に登山道があるのみで、人口に膾炙されていない秘境的雰囲気を残している。 この山域の最高峰が標高887mの弁慶山。30年以上前にあったと言われている登山道は既に廃道となり、ネット上で登った記録も見出せない超マイナーな寂峰である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/03/09 18:11
2009.1.18ハマグリ山(山形・二口山塊)
昨日登った黒鼻山は、比較的距離が長い新雪ラッセルが予想されたため、タッシーの愛犬:サクラは家でお留守番であった。でも彼が帰宅するとサクラはしょげ返っていたらしい。そんな山大好きのアウトドア犬なのである。 そんな訳で本日はサクラでも比較的簡単に登れる雪山:ハマグリ山にスノーシュー登山に行ってきた。 予想通り、トレールはバッチリついており、天候も春山を思わせる陽気で、のんびりムードの軽いツアーであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/18 23:50
2008.12.30 姥ヶ岳:潅木帯手前まで(山形・月山)
関東在住の山仲間:Mt.Raccoさんが、年末年始恒例にしている東北遠征テレマークツアー。 今回は30日の月山を皮切りに順次北上するらしい。でも大晦日の山が決まらずに苦慮しているとMLが入った。 「それなら新庄の杢蔵山がよいでしょう?」と僭越ながらアドバイスした関係で、今回ご一緒することになった。 先日来から年末寒波が襲来し、日本海側の山はどこも荒れ模様である。でも11月に登った時、全く滑りにならなかった雪質は、今回大幅に改善しているであろうと期待しながら早朝の仙台を出発した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/12/30 22:05
2008.11.26 姥ヶ岳:リフト上駅まで(山形・月山)
月山の雪便りが、いろいろな方々のHPやブログで公開されている。山形県内の積雪状態も気になっていたので、雪山をいち早く楽しもうと志津から姥ヶ岳(リフト上駅まで)を山スキーで往復してきた。 しかし堅いモナカと下部の激重湿雪に悩まされ、連休中にレポされていたフカフカのパウダースノーは望むべくもなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/27 19:56
2008.11.2 駒ケ岳(山形・栗子山塊)&小湯山(山形・置賜東部)
蔵王と吾妻の両連峰に挟まれた地味な山々を栗子山塊と呼ぶ。北から仙王岳・龍ヶ岳・豪士山・駒ケ岳・栗子山、そして福島側に最高峰:七ッ森など1000〜1200mの標高を持つ山々が連なり、人口に膾炙されていない静かな山旅が楽しめる。今回登った駒ケ岳は別名:高畠駒ケ岳とも呼ばれ、近年地元の有志によって新しく登山道が開削された山である。SONEは二度目の訪問であるが、懸念した雨にも会わずに晩秋の雰囲気を多いに楽しめた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/03 13:53
2008.10.26 徳網山(朝日連峰)&一念峯(置賜東部)
山形県小国町の奥に徳網山がある。この山は2年前から秋に登ろうと狙っていたが、降雪&大雨でその都度中止の憂き目にあってきた。そして本日、久恋の徳網山に登ることができた。低い山ではあるが、朝日連峰の末子らしく結構登り甲斐がある山だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/26 23:20
2008.10.19 八森山(山形・神室連峰)
キノコの採れる山に行きたい! と言うタッシーとkenちゃんのご要望にお答えして、滅多に人に会わない、神室連峰南部にある八森山に行ってきた。10数年ぶりに登った八森山はブナの黄葉が見事であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/10/19 22:12
2008.10.13 雨告山(山形・月山)
月山の歴史・民俗に精通され、常にこだわりを持った山登りを実践されている山形@ みいらさん のお誘いで思いもかけずに雨告山(あまもりやま)に登る機会を得た。 一般的には全く知られていない雨告山は月山の庄内側、笹川と田麦川を分ける尾根上に位置する一峰で、広義には月山西面:爆裂火口内の中央火口丘と解する事もできる。 その山頂に至る行程は片道9.5km。比較的平坦なブナの原生林が途中3時間も延々と続く、山形の自然遺産に指定したくなるような素晴らしい道であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/10/15 01:36
2008.9.28 鳥海山・檜ノ沢から二ノ滝口道周回
5年ほど前、山仲間である鶴岡大山在住の畳屋さん から届いた年賀状に「昨年の山行の白眉は鳥海の檜ノ沢でした。」とコメントがあった。 それ何処なの??? 気になって仕方がない。その後、彼から万助道の左側を流れる沢が檜ノ沢(ひのそ)である事を教えてもらった。 そして今回、憧憬の檜ノ沢を訪れるチャンスがやってきた。そこは鳥海山の懐の深さを感じ、そして笙ヶ岳東面の草紅葉に魅了される明るく楽しい沢であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/09/29 23:06
2008.9.20 鳥原山(山形・朝日連峰)
愛知の岳友sakaさんが仕事で来仙していたので、休みの日を利用して山に登る事になった。 しかし台風一過を期待して、黒伏山に行く目論見は山背の影響で厚い滝雲がかかり断念。 仕方なく未だ歩いたことがない、古寺鉱泉から鳥原山への登山に転進した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/20 22:21
2008.9.15 小東峠(山形・二口山塊)
宮城・山形県境に位置して蔵王連峰と船形連峰に挟まれた二口山塊は、標高が1100m〜1300m台と低いが、深い渓谷と多くの岩壁を内包する陰影の濃い山々が連なっている。 その内、大東岳や面白山、神室岳などは地元の岳人のホームゲレンデ的存在で、いつも多くの登山者で賑わっているが、他の全国的に無名とも言える山々は静かな山旅が味わえる貴重な存在である。 今回は登山地図の破線コースである奥山寺キャンプ場跡から小東峠に登ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/15 22:23
2008.9.14 火打岳(山形・神室連峰)
東北の小アルプス:神室連峰随一の鋭峰:火打岳に砂利押沢(銀次朗)ルートから登って火打新道を下山してきた。秋田組2名・酒田組2名とSONEの5人パーティで終始会話の絶えない楽しい山歩きであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/09/14 20:08
2008.9.5 龍山(山形・蔵王連峰)
山形市街地から南東を望むとアンテナの林立した平頂が見える。この一帯は西蔵王高原と呼ばれ、植物園などの施設もあり山形市民に親しまれている。 その奥に位置するのが龍山である。なだらかなイメージがある蔵王連峰にあって、連峰随一の急登を持つ前滝コースから、一般向けの乳母神コースを周回してきた。霧に包まれた静かな山歩きであった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/09/06 00:09
2008.8.27 再起の山:熊野岳(山形・蔵王連峰)
何時までもメソメソしていても始まらないので、気分転換を兼ねて仕事を休み、今年二度目の登頂となる中央蔵王の熊野岳に行ってきた。久々の好天に恵まれ沈んでいた気分もスッキリできた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/08/28 01:39
2008.8.17 葉山 (山形・村山)
朝起きたら雨・雨・雨〜〜〜。今日は駄目かな?何て思っていたら午後から山形方面の山がいけそう! という事で、タッシーを誘って速攻で登れる葉山(村山):十部一峠コースに行ってきた。 本当はお宝キノコが生えているかの様子見を兼ねてであるが・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/08/17 22:16
2008.7.27 杢蔵山(山形・神室連峰) 
Akeちゃんとさっちゃんから、夏の鳥海山に連れて行って!と言うリクエストを貰っていた。 しかし予定の27日の天候はイマイチである。そしてSONEの愛猫の体調が思わしくない。 そんな訳で近場でかつ行動時間の短い杢蔵山に行くことで折り合いを付けてもらった。 神室連峰南端にある杢蔵山は新庄市民に最も愛されている山である ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/27 20:50
2008.7.6 鎌沢を遡行して山形神室へ(山形・二口山塊)
梅雨末期みたいな気圧配置が続き、雷雨注意報がでている。高い山に登ることは危険性が高いと判断して、静かな沢ルートである高沢口から山形神室を周回してきた。廃道になっている鎌沢ルートは、滑床が続き涼しさ溢れる最高の登路であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/06 19:51
2008.7.2 熊野岳から五色岳 (山形・蔵王連峰)
高山植物の女王:コマクサの大群落。東北では岩手山と秋田駒ケ岳が有名であるが、中央蔵王・熊野岳とその周辺にある群落は意外と知られていない。 観光の山としての印象が強い中央蔵王であるが、中丸山を経て登る静かな蔵王を楽しんできた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/04 11:13
2008.7.2 熊野岳のコマクサ(蔵王連峰)
また平日に休みが取れた。何処か山に行かないと一日損したようになる、山貧乏性の私としては、朝日のヒメサユリか、蔵王のコマクサかでおおいに悩んだ。結局ガソリンの値段もまた上がってしまったので、本当の貧乏性が出てしまい(苦笑)、近場の蔵王で”コマクサにご挨拶”に決定し、いそいそと出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 00:44
2008.6.28 残雪の月山(山形・月山)
山スキーの聖地:月山は初夏多くの花々に埋め尽くされる。山開き直前・梅雨の晴れ間を狙って、簡単に登れる姥沢から往復するライトハイキングを楽しんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/29 19:32
2008.6.28 梅雨時の月山に咲く花々(山形・月山)
天候が優れない梅雨の季節であるが、東北の山々は雪が解け、高山植物が一気に咲き誇る季節でもある。 久しぶりに梅雨の晴れ間が期待できるこの日、花の山:月山を訪れた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/29 12:30
2008.6.15 家形山 (山形・吾妻連峰)
最近、吾妻連峰が好きになってきている。山スキーに向いたなだらかな地形や、樹氷の見事さもあるが、黒木に覆われた深山の趣きが、今の自分の心象に合致しているのかもしれない。齢を重ねた結果とも言えるが・・・ 吾妻と言うと湿原や山上湖の風景が思い浮かぶが、今回は一味違った吾妻の景観を楽しめる家形山に登った。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/15 22:17
2008.6.12 飯豊山 (山形・飯豊連峰)
ウィークデイにも関らず急に休みが取れたので、初夏の飯豊連峰に登りたくなってしまった。 飯豊山には3年もご無沙汰しているので、比較的楽な大日杉からの往復コースを日帰りしてきた。 穏やかな天候なのに、誰にも会わない静寂の飯豊を堪能した。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/13 23:24
2008.6.12 飯豊に咲く花 (山形・飯豊連峰)
久々に大日杉から飯豊本山を往復してきた。このコースは何時も盛夏にしか歩いていないため、今回はどんな花が咲いているのか非常に興味があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/13 19:30
2008.5.11 甑岳(御所山:船形連峰)
山形県:村山盆地の何処からでも、その台形状のどっしりとした山容を見せてくれる甑岳は村山・東根市民にこよなく愛されている山である。 山麓には東洋一のバラ園と評判が高い東沢公園があり、開花の季節には見事な花園となる。 太平洋側が余り良い天気でなかったため、奥羽脊梁山脈から西に離れた位置にあるこの山を訪れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/11 19:50
2008.5.4 鳥海山(鶴間池と南物見:清吉新道偵察)
秋田の登山家&テレマーカー:Nandoさんに誘われて、急遽参加することになった鶴間池と南物見の下見。 鳥海山に行くと何時も”ノゾキ”から覗き込んでいた鶴間池に初めて訪れる機会が来た そこは登山者やスキーヤーが訪れるメインルートの雑踏とは隔絶した、静寂と陰影の濃い、鳥海山の新たなる一面を見せてくれた桃源郷であった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/05/05 16:37
2008.5.3 高倉山(月山前衛峰:肘折)
バックカントリーブームで月山・鳥海山は共に全国区の人気を誇る。 しかし、その周辺の山々は訪れる人も少なく、静かな山登りを楽しめるエリアとなっている。 今回の高倉山は月山の東側に佇む寂峰で、残雪を利用して夏道のない肘折側から訪れた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/03 19:43
2008.4.13 庄内のミスミソウ
新潟の弥彦三山はオオミスミソウやカタクリの大群落が鑑賞できる山として多くのハイカーが訪れているが、山形・庄内地方にも同様の名所がある。 この場所の特徴は花色の多さ。株は小さいが、それに余りある色の七変化が楽しめる。 昨年に引き続き、花の山旅を堪能した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/14 10:13
2008.3.22 中大巓〜大沢下り(吾妻連峰)
山スキーヤー憧れの吾妻連峰最長のツアーコース:大沢下り。 今まで車の回収方法が判らずに躊躇していたコースであったが、このほどRACCOさんリーダーのツアーにSEIさんを通じてお邪魔させていただいた。 総勢11名の賑やかなツアーは、微風快晴・大展望の中で実に楽しいものであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 21:21
2008.3.16 離森山(朝日連峰)
5年前に月山第一トンネル北口から大越を経て町境尾根を歩いた事がある。 その時は時間切れで手前の鍋森までしか行きつかなかったが、過去に経験がない程広い稜線がどこまでも続くことに驚いた。だがそこは同時にスノーモービルの遊び場と化していて、トラックベルトに粉砕された潅木や油に黒く汚れた雪面に怒りを禁じ得なかった。当時話題になっていた朝日連峰の入山禁止論議はなんだったのか?と考えさせられる出来事だった。 しかし近年、地元のモビラーと県の話し合いがつき”当該山域に入山を自粛する”との情報を得て、今回の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/17 00:48
2007.10.28 神室山から小又山(山形・神室連峰)
東北のアルプスと言われ人気を博す飯豊や朝日連峰に高さでは比べようもないが、東北一のヤセ尾根が25kmも続く神室連峰のアルペン的景観は、その訪れる人の少なさからも玄人受けする山々である。 今回は主峰の神室山から最高峰の小又山を周回する贅沢な登山を日帰りで行った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/28 11:43
2007.10.7 大朝日岳(山形・朝日連峰)
秋の朝日連峰の紅葉を見たくなって深夜仙台を出発した。村山盆地は霧が深く、運転は大変であったが、今日一日の好天を約束する霧でもあった。 朝日鉱泉付近の駐車スペースは連休が災いして無く、鉱泉から500m以上手前の林道が少し広くなった路肩に駐車する。夜が明ける前の暗い山道を一人ライトを点灯させて歩き出した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/07 13:40
2007.9.29 男加無山(山形・丁山地)
男加無山は山形県北部・真室川町に位置する寂峰である。この山域は丁山地と言われ、ダンディな鳥海山が隣にあるためか、訪れる登山者も少なく、随所に岩場が露出した原始性溢れる山歩きが楽しめる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/29 00:00
2007.8.18 大鳥池(山形・朝日連峰)
昨年偶然に見つけたトンビマイタケを、今年も採りたいと、Hashiさんご夫婦を連れて大鳥池に行った。 結果はキノコのキの字も見つからず、晩夏の花見ハイキングとなってしまった。 でも初めて三角池に立ち寄り、ブナ原生林にポッカリ開いた静寂空間に出会えたのは最高であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 00:00
2007.8.10 月山(山形・庄内)
相変わらず猛暑が続いてる。こんな時は高い山に涼みに行った方が良い!!という事になって山形のHashiさんご夫婦と庄内:羽黒口から月山に登ってきた。天気予報では晴天のはずが、現地はガスって寒いほどの気温。避暑のつもりが、早くも初秋を感じさせる山歩きとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 00:00
2007.8.1 花満開の鳥海山 (山形・鳥海山)
高山植物の種類・量ともに東北でトップクラスの山:鳥海山。特に盛夏の時期には全山、花・花・花・・・・の驚く状態になる。日本のパタゴニアと言われる冬季の強風が創り出す風衝草原と、真夏でも豊富な残雪による雪田植物の多さが、他に類を見ないほどの多くの花を育てているのであろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/01 00:00
2007.7.27 北股岳(山形・飯豊連峰)
急に飯豊に登りたくなって、深夜1時30分仙台を出発する。一人旅のいい加減なところである。 早朝、飯豊山荘の駐車場に到着。午前5時に歩き出すと、登山届けを出す小屋の係員が「どこ登るの?」と聞いてくる。「石転び、日帰りです。」と答えると驚かれた。雪渓の状況を確認し、温身平に向かって歩き出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/27 00:00
2007.7.22 笙ヶ岳(山形・西鳥海)
あまりにも有名で人口に膾炙された感がある鳥海山であるが、メインルートから少し離れると昔のままの静かな山旅が味わえる。 笙ヶ岳は西鳥海:御浜の南に位置する山であるが、多くの高山植物が咲き誇り静寂が支配する楽園となっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/22 10:44
2007.7.1 障子ヶ岳(山形・朝日連峰)
仙台は梅雨の影響で弱い雨が降り続いているが、この日山形方面は晴れの予報だったため、久しぶりに朝日連峰北部の障子ヶ岳を訪れた。しかし結果的に山はガスが去来し、展望がない山旅であった。 唯一、稜線に限りなく続くヒメサユリの花が強く印象に残った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/01 00:00
2007.4.8 湯殿山(山形・月山)
月山スキー場のオープン前の、静かな湯殿山に登ってきた。 しかし期待した滑降は、気温が高く腐れ雪と化し楽しめるものではなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 00:00
2007.4.6 庄内地方に咲くミスミソウ
太平洋側に咲くミスミソウの大半は白花であるが、日本海側のそれは千差万別の色合いが楽しめる。 山形・庄内地方にも自生地があり、早春の花々の競演を楽しんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/06 20:53
2007.3.10 二ッ森山(山形・蔵王連峰)
広義に蔵王連峰を規定すると、北の笹谷峠から南の二井宿峠の間を言う。二井宿峠と吾妻連峰の間には栗子山塊と言われる人口に膾炙されていないマイナーな山々があるが、その栗子山塊と刈田峠の間に位置する県境上に冷水山、舟引山、二ッ森山、番城山、蓬沢山など登山道が無い、超マイナー渋山が存在しているのである。 (この内、番城山だけ麓から不確かな山頂の祠に行く参拝用の道があるが・・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/10 00:00
2007.3.4 品倉山(山形・月山)
湯殿山スキー場から手軽に登れる品倉山は地元の山スキーヤーに人気が高い。 昨年厳冬期の2月にタッシーと登った時は、最後の急斜面がカリカリのクラストで敢え無く撤退した。 今年は雪が少し緩む3月に再び訪れた。雪質が気になるところだが・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/04 00:00
2007.2.25 石見堂岳(山形・朝日連峰)
東北一広大な面積を有する朝日連峰。夏道のある障子ヶ岳から北方に月山に至る長大な支尾根が派生する。 その主峰が赤見堂岳であるが、その東側にある一峰が石見堂岳である。 1300m未満の低い標高ながら、冬場の膨大な積雪量は目を見張るものがあり、山スキーの好ルートが数多く存在する。残雪期も含めもっと登られて良い山だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/25 00:00
2007.2.18 姥ヶ岳:リフト上駅まで(山形・月山)
本日は山スキー仲間のTake&ピロコ夫婦と、郡山のSEIさん&GONちゃんと小生の5人パーティで月山の姥ヶ岳に行ってきた。高曇りの天候で暗い山肌しか拝めなかったが、姥沢からのツリーランは快適の一語であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/18 21:45
2007.2.17 カケスガ峰から前山(山形・蔵王連峰・北蔵王)
北蔵王の鋭鋒:雁戸山の前衛にカケスガ峰と前山がある。雁戸山は”蟻の戸渡り”の難所の通過があるため、冬季の登山はエキスパート限定となるが、この前衛峰であれば比較的簡単に登れる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/17 20:39
2007.1.28 面白山:三沢山まで(山形・二口山塊)
郡山の岳友:SEIさん&Gonちゃんと待ち合わせて、二口山塊北端にある面白山に山スキーに行って来た。 しかし登りだしの時間が遅く、手前に位置する三沢山で時間切れ。積雪量も少なく、雪質も腐れた新雪であり、山スキーには向かない状況であった。でも天気が良く周辺の山々の展望は抜群で、その点は多いに楽しめた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/28 20:36
2006.10.9 豪士山(山形・栗子山塊)
蔵王連峰と吾妻連峰に挟まれた地域に標高1000m〜1200mの山が連なっている。この山域は栗子山塊と言われ、地元の岳人以外には見向きもされない静かな山旅が楽しめる。 しかし広い山域ながら登山道のある山は少ない。今回は江戸時代から脇街道となっていた茂庭街道を経て豪士山を訪れてみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/09 22:09
2006.8.20 以東岳(山形・朝日連峰)
5年ぶりに日帰りで朝日連峰の北鎮:以東岳に登ってきた。湿気が多く猛烈に暑い一日だったが、少しだけ秋の気配を感じた山であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/20 00:00
2006.7.23 鳥海山:笙ヶ岳(山形・西鳥海)
東北は梅雨前線の北上で太平洋側の天候は芳しくない。でも山形:庄内地方の天候は曇りベースで推移する様である。 こんな時は鳥海山に行って、高山植物を愛でながらの山歩きが楽しい。 今回はオジさん達のアイドル:Mikiちゃんを連れ出して、楽ちんな花の山旅と洒落込んでみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/23 22:38
2006.7.16 葉山(山形・村山)
例年7月中旬頃の東北地方は、梅雨前線の北上により一年で最も雨の多い季節となる。 この日も例外ではなく、早朝からしとしとと雨が降っていた。これでは山は無理かな??? 仕方なくPCを立ち上げてネットの天気予報を何気に見ていると・・・・・・・・・・・・・・・・・・ おおっと! 山形県:村山地方のごく一部で雨の確立が低いではないの!!! 速攻で登山用具を準備し、慌てて車で向かったのは葉山(村山)であった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/16 22:01
2006.6.29 面白山(山形・二口山塊)
宮城・山形県境に連なる二口山塊。その一番北側に位置する山が面白山(おもしろやまと呼ぶ)である。 本来は「つらが白い山」と言う意味で名づけられたらしいが、冬場に東西の山麓から仰ぎ見る限り、何処が真っ白く見えるのかは不明である。かつては紅葉川の源流に聖地:面白山権現があり、水の神様として地元民の信仰の対象になっていたと言われているが、現在その痕跡を見つけることは難しい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/06/29 23:51
2006.6.10 翁山(山形・船形連峰)
愛知の山仲間:Sakaさんが出張で来仙したので、仕事明けの日曜日に彼が未登の翁山に登る計画を立てた。 尾花沢市付近の国道13号線を走行する時、東方になだらかな山容を持った翁山を望むことが出来る。 標高1100mにも満たない低山と言っても差し支えない山であるが、翁山〜黒倉山〜吹越山と連なる穏やかな稜線は、笹原と草原が広がる開放的な高原の逍遥を楽しめる山である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/10 21:04
2006.6.3 栂峰(山形・飯森山)
吾妻連峰と飯豊連峰に挟まれた静かな山のひとつに栂峰がある。 栂峰の「栂」は針葉樹のツガを差すが、山頂一帯はツガではなくオオシラビソに覆われている。 オオシラビソは吾妻連峰など奥羽山脈を特徴付ける樹木であるが、飯豊連峰には自生しない。 その意味でこの栂峰は、太平洋側と日本海側の植生を繋ぐ貴重な山域となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/03 22:35
2006.4.29 月山:北月山荘へ滑降(山形・月山)
例年GWの頃は月山〜北月山荘のスキーツアーコースは下部で雪が消えてしまうらしい。 でもこの年は残雪量が非常に多く、今でも雪が繋がっていると言う情報を得た。これは行かねば・・・ そこでタッシー&タケちゃんを誘って滑ってきた。登り返しの少ない最高のツアーコースであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 23:59
2006.4.23 姥ヶ岳から湯殿山(山形・月山)
山スキーの聖地:月山には数多くのツアーコースがあるが、近年のバックカントリーブームで美味しいオープンバーンは一応に喰いまくられている状態である。今回は絶対滑る人がいないと目される湯殿山南西尾根を目標とした。 タケちゃん&ピロコちゃん夫婦の車を、月山新道・月山第一トンネル南口にデポしてから、SONE車にて姥沢に行く。 リフト乗り場では元SAJデモンストレーターの渡辺三郎さんに出会ったりして(凄いオーラが出ていた!)、今日はいい日になりそうな予感がする。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/04/23 21:45
2006.3.26 品倉山(山形・月山前衛峰)
月山の紫灯森から北側に端整な山容の1619m峰がある。そのピークから北西には山滑りで有名な三角大斜面があるが、西側に延々と小ピークを連ねて伸びる尾根が品倉尾根である。品倉山はその尾根の末端に位置し、湯殿山スキー場から比較的簡単に登れる山である。余り良い天気予報ではなかったが、山スキー目的で訪れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/26 20:23
2006.3.5 熊野岳(山形・蔵王連峰)
IgaさんとSatoさんのリクエストにお答えして、積雪期の中央蔵王をスノーシューで案内した。 終日天候に恵まれて、かつ蔵王名物の樹氷見物も堪能した楽しい一日であった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/05 19:46
2006.2.18 西吾妻山(山形・吾妻連峰)
西吾妻山から若女平に下るスキーツアーコースは歴史あるコースである。夏場には歩いた事があったが、各所に古いツアー標識が見られ、何時かは滑ってみたい感を強く持っていた。 ただ何故か一人で突入すのは躊躇われたため、タッシーを誘って訪れてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/18 19:39

トップへ | みんなの「山形県の山」ブログ

山行記録一覧表

掲示板BBS

Picasa 山のアルバム集

東北の山遊び 山形県の山のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる